FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
----「不幸中の幸い的なうちの食卓 前編」の続き---


というのも、

「じゃぁ、パナッタレさんところは、フグさんがインド人だから、毎日チャパティ食べてるんでしょうね」って人は思うだろう。

だけど、これがまた違うのだよ。


さっき、肉の話の「ベジタリアンなんか稀」で登場した
ベンガル地方だけど、うちのフグはこれに属していまして。 フグはベンガル人。

だからフグは肉をよく食べるし、それに、主食は米なのである。

そう、ベンガル地方は日本と同じように、米食文化なのである。

もちろん、チャパティだってたまには食べるらしいけれど、「朝ごはんにたまに」程度だそうだ。

主食はあくまでも、炊いた米。


また、これもインド的には常識だけれど、
ベンガル人の第二の主食は魚。

一日のうちに一度も魚を食べないベンガル人はいない、と言われるほど、ベンガル地方では魚を食べる。

(魚といっても、淡水魚のみ。貝類やイカやタコも食べない。それから、魚といっても焼き魚とかではなく、やはりひたすらカレーにする。そこが日本とは大きな違いだけれど。ベンガル地方のお魚食については、また別途書きます)。


だから、うちの食卓には、チャパティなんてまず並ばず、「米と魚」が基本形。

といってもメルボルンでは、新鮮で活きがよくて清潔な魚が日本ほどうまく手に入らないので、魚は週1くらいだけれど、米は本当に毎日食べている。

インド食は、たいがい日本人の胃にとってヘビーだし、日本食はインド人にとっては「味がなさすぎる」。

そういった点で、
インド人×日本人カップルの食卓は、常に問題をはらんでおり(笑)、なかなかお互いが満足する食生活を送れないもの。うちも基本的にはそう。

フグは基本的に味的に慢性欲求不満気味で、私は基本的に慢性胃もたれ気味。


だけど、そんな中でも、うちのような「ベンガル系インド人&日本人のカップル」は
不幸中の幸い的に、比較的マシだと思う。


うち、昨日もサンマ3匹と米25キロ買いましたぞ。



補足:


※と、ここまで読んで、「ふーん、フグはインドでも珍しい地域の出身なんだね」って思われるかもしれません。でも、これまた違うのですよ。

ベンガル地方って、中心都市はコルカタ(カルカッタ)です。イギリス統治時代の前半は、インドの首都だったところ。大英帝国が最盛期だったころには、インド文化の中心だったのです。

だから第二次世界大戦前~戦中までは、日本でもインドといえばベンガルのことだった模様。中村屋にカレーを伝えたのもベンガル人のボース、スピーカーのブランドBOSEもベンガル人、ちょっと文学に興味ある人なら知ってるタゴール(ラビンドラナート・タゴール)もベンガル人。マザー・テレサが活躍したのも、コルカタ。

でも、その後コルカタは落ちぶれて、いまでは、インドの大都市の中で一番後れた感のある街となっていますが(笑)。


それに、現在は外国に出ているインド人の大半が、ビジネスならパンジャーブ人かグジャラート人、IT系なら南インド人です。
だから、ベンガル人は外国ではたしかに少数派インド人かもしれません。


でも、ベンガル人ってパンジャーブ人などに比べて国外に出ていないので、外国にいると珍しく聞こえるだけで、インドではドカっと存在してる大量にいるメジャー系です。


私はフグがたまたまベンガル人だっただけなので、ベンガル人の肩持つ気とか、特別な思い入れとか、ぜんっぜん、ぜんっぜんないんですがね(笑)。 説明すると、そういうこと。


自他共にベンガル人が認めているベンガル人の特徴は、「怠け者、あまりビジネスとかに熱心でない、南インド人などのように真面目にせっせと寺に通ったりとかしない、どっちかというと文芸&芸術肌」だそうです。



関連記事
スポンサーサイト
2012.06.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/96-97de4078
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。