FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

プ~ン・・・・(←匂いの音)


フフン・・・フフフン・・・フフフフフフン・・・(鼻の音)。

とうとう、とうとう、とうとう!

とうとーーーーーーーーう!(←しつこい)


香ってまいりました。

ビザが下りそうな気配が香ってまいりました。

ソウル方面から!

(日本から申請した豪ビザ、最近の管轄はソウルなのれす。日本人申請者は少ないからか、わざわざ日本には日本人専用の豪移民局は置いていないらしい。で、お隣ソウルの豪移民局が替わりにやっている模様・・・)。

ただでさえアホ遠いのに、日本→ソウル→オーストラリア という流れのおかげで、さらに時間かかるシステムなわけだ。


去年(2011年)10月に、私は日本から配偶者ビザ309を申請した。
(Spouse Visa Subclass 309)

配偶者ビザには、「豪国内から申請」と「豪国外から申請」の2種類あって、私のケースは後者のみ可能だった。

それまで持っていたビザとか、出身国とか、とにかく人によってケースバイケースなのだが(詳細説明省く)、残念なことに私の場合、豪国外からのみ申請可能なケースだったのだ。

豪国内からだと、ヘタすると数日で下りるらしい。

だけど、国外からの申請は本当にやっかい。

やっとこさ厚さ10センチくらいになったビザ申請書類を整え、10月に麻布の豪大使館で申請をした時に、


どんなにスムーズにいっても6ヶ月、今は平均10ヶ月かかっています。

と、むげに言われた。

だからジタバタせずに辛抱強く待つように、そこヨロシク。みたいな顔で言われた。



時間がかかるってウワサには聞いていたけど、大使館の人に直接そう言われて、かなりグワーンと来た。

でも、「とか言って、2ヶ月くらいで下りんじゃないの?」と心のどこかでは思ったりもしていたんだけれど、 あれは本当だったらしい(笑)。


ビザがないことには、何もできない。

働く権利、学校へ行く権利、医療の権利などなど・・・・なにも権利がない。(働く権利に関しては、そんな権利いただいたところで、働ける技能など何ももっていないんだけどさっ)

ビザが下りるまでは、とにかく大人しくしていたほうがいいということで、車の運転も最小限にしている。決まった場所数ヶ所以外は、車では「フラフラどこか行くな」とフグに禁止されている。

事故ったら、医療的にもたいへん困ることになるだろうし、事故の規模によっては、ビザの判断にひびきかねないんだろうから、私も大人しくしている。



申請してから8が月が経つ。

この8ヶ月、ただ待っていたわけではない。

3月にも一度、ビザ的事情で日本に帰ったし、「あれが足りてない」だのなんだのでソウルと何度もやりとりしてきた。

私の場合、いや~な予感通り、「インドな過去」に足を引っ張られて、そこでビザ手続きが停滞した。

インド時代のPCC(Police Clearance Certificate,無犯罪証明書)が必要だったのだ。

だけど、そんなもん入手不可能に近かった。私には、PCC発行申請にあたって必要な書類が用意できない事情があった。

そのためにいろいろ調べたし、何度も九段下のインド大使館に足を運んだけれど、「必要書類がないのならお手伝いしかねます」の一点張り。しかも、「お手伝いできません」というレターも発行しないと言う。

    (このインドPCCについては、あとで別の機会に詳しく書こうと思う)


だから、「インド時代のPCCが取得できなそうです」という旨と、「すべての手を尽くしました」という経緯を、正式なレターで宣誓し、麻布の豪大使館に行ってStatutory Declarationとして認めてもらい、それをソウルに送り・・・などしていた。

だけど今度は、そのStatutory Declarationの内容について、ソウルから不備を指摘され(これまた「あら捜ししてんですか?」っていうくらいの細かいこと)、

またもや、今度は「その内容の不備は決して故意のものではなかったこと、なぜその不備が生じたかについての詳しい説明、補足となる情報」を書いたStatutory Declarationを書き、また麻布の豪大使館に足を運び、認印をもらった。


それと同時に


3度目の正直で、また九段下のインド大使館に行ってねばりにねばって、「とにかく、私が用意できるだけの申請書類で、ダメもとでいいので、PCC発行の申請を受け付けてもらえませんかね?それでインドの警察のほうでダメだというなら、それでいいです。でも、申請はさせてください」とケンカばりに頼み倒した。

gussa.jpg 
 

(大使館の仕事はPCCの発行ではなく、その国のPCCが必要な人とその国の警察の間の橋渡しなのである)


そしてやっと「きっとダメだと思いますけど、わかりました。一ヶ月以内に警察から発行されなければNOということですので」と言わせた。

でも、いいのである。インド大使館の申請受付のレシートを手にさえすればすくなくとも「インドのPCCに関して、できることはすべてやった」という証明にはなるわけだから。


それで、先に述べた2度目のStatutory Declarationと、インド大使館のレシートをまたソウルに送った。 そして、私はまたメルボルンに戻った。


インドPCCの結果がでるまでの一ヶ月、ビザの進捗はさらに停滞。



そして、まもなく一ヶ月経つというころ、今度は「PCCが下りた」という。

ほらごらんよ、言わんこっちゃない。これがインドのお役所仕事。そんなことだと思ってた。

やたらめったらお役所的に融通が利かなくて大苦労するかと思えば、いきなりどこかでユルかったりする。


それで「すみまへんが」と実家に頼んで、その降りたというPCCをレジスターポストでこちらに送ってもらい、それをまた、ソウルに送った。


こんな感じで、この8ヶ月もほーんと、苦労した。


だけど、つい先日やっとソウルから

「インドのPCCが届きました。これで必要な書類は全部そろいました。ビザの受け取りは申請した場所(日本)のみですので、日本に帰らないとビザが下ろせません。日本に帰る予定をお知らせください」という連絡が来たのだ。

私は、今のビザの滞在期限が7月中旬で切れるので、もともと7月中旬に一度帰国の予定だった。

だから「7月中旬帰国予定です。チケットも買ってあります」と返信した。


どうやら、来月の帰国中にビザが下りるらしい。

yasu.jpg
待ったよ・・・・待ってたよ!



ビザを持って、メルボルンに戻ったら、とりあえず英語のクラスに通おうと検討中。

移民大国オーストラリア、AMES(Adult Migrant English Service 成人移住者英語プログラム) というのがあって、私の配偶者ビザもこれを受けられる。

520時間の英語教育が無料で受けられるのだ。

とにかくまずは英語をなんとかしないと、どうにもなんなそうなことが身にしみているので、これだな。

(フグよ、妻は引き続き稼がない様子なので、よろしく頼んだぞ。というか、引き続き私の節約生活にかかってんのね:泣。暖房費もケチって湯たんぽ抱く日々はつづく・・・)。


あー、やっと引きこもり すぎ 生活から抜け出せそうな、希望の光が差してきたわー。


関連記事
スポンサーサイト
2012.06.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/91-5750563a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。