FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
----- 「グランピアンズ4 や・ら・れ・たの巻」 のつづき------


2日目。

今日もできるだけ日が出ている間を有効に使わなければならない。そして夕方には、メルボルン向けて発たなければならない。

ということでがんばって早起きし、8時にはホテルを出た。

前夜の屈辱のディナーにおおいに反省。

だからホテルを出ると、すみやかにマックへ移動(ホテルからわずか2分・・・)。

おもしろいことに、偶然同じ時間にホテルを出たお隣の部屋のグループも、まったく同じようにすみやかにマック駐車場にとまった。 だよね、やっぱり結局マックになっちゃうよね。よね。

朝マックマフィンを食べ、ついでに、マックカフェでランチ用に「スピナッチ&フェタチーズ・マフィン」2個も購入。

さて、2日目行動開始じゃ。

またもや、あの25キロの一直線の道をひたすらHalls Gapへ向かう。
この道、ほんとにすがすがしくて、ガラガラでまっすぐ。

g16.jpg 
Halls Gap 入り口でカンガルーに触れ合ってみる。

今日は、まずピナクルというところへハイキングの予定。


<ピナクル The Pinnacle>

ここは、その名そのまんまに、「てっぺん」ぽい場所。
崖から岩が突き出ているような場所があり、そこにいけるらしい。

行きかたは2コースある。

・中級向け(Sundial Car Park から登る。往復4.2キロ、勾配差110メートル)
・中級~上級向け(Wonderland Car Park から登る。往復5.5キロ、勾配差280メートル)

私たちはWonderland Car Parkから登るほうを選んだ。

説明には「strenuous walk」とあったけれど、それほどなワケがないと思ったし(だって、岩山っていったって標高がぜんっぜん高くないというか平地レベルなんだもん。だから空気ふつうに濃いし。勾配がちょっとばかしキツくたって、それほどのハズがない。

それに、このコースは途中で「グランド・キャニオン」という名(笑)の岩場を見れるっていうから。

朝は晴れていたのに、さて登ろうかね、という段になってやっぱり曇ってきた。

しょうがないさ~、雨男と結婚したんだもん・・・。

g17.jpg
「グランド・キャニオン」エリアは、ワンダーランドカーパークの裏手、ハイキングが始まった途端に始まる。

言うまでもなく、あのホンモノのグランド・キャニオンに比べれば、比べ物にするなってくらいのささやかな岩場よ。

道が実によく整備されていて、まったく問題なし。

 
g18.jpg

オージーは「お二人の写真、撮りましょうか?」と、わざわざ向こうからすすんで言ってきてくれる人がすごく多くて助かる。

特に今回はいつもにまして多く、けっこうたくさんのツーショットが撮れた。

しばらく、この岩っぽい場所を登っていく。

g19.jpg 

晴れていて青空なら、ずいぶんいい写真も撮れただろうに、けだるい曇り空で・・・。
岩の色もなんだか、すごく鉛色・・・。ブーっ。

g11.jpg 

キャニオンエリアが終わったあたり。

どこもかしこも道が本当に整備されていて、思ったとおりに普通に平気。

冬だから暑くないっていうのもあるだろうけれど、汗もそれほどかかず、息もそれほどきれず、いつstrenuousになるのかわからないまま、スイスイとすすむ。

私たち、とくに普段すっごいアスリートってわけじゃなくてもですよ。

もちろん、それなりに2時間くらいかかったし、そこらへんの道歩くように、ってわけには行かないけれど、かなり拍子抜け。(例えば、高尾山なんかよりもかなり楽)。

オーストラリアって、肥満率世界3位以内に入るくらいの国でしょ?だから、パンフレットもかなりおおおげさに書いてるんじゃないのかなぁ?と思う。


g20.jpg 

着いた!

これがピナクル。

この先っちょの部分、高所恐怖症のフグは「オーマイガ」というつぶやきとともに、コンマ一秒行っただけ・・・。

せっかく来たのにもったえない。


でも実際けっこう、こわい。本当に崖から飛び出てて、私もさすがに一番先っちょでは、足がすくんだ。
 
でも見てるとさ、ガイジンは平気で手すりに後ろ向きに寄りかかったりしちゃうの。さすがガイジン。


ガケの真下のHalls Gapの街との標高差は686メートル。

浅草にできたスカイツリー(634メートル)がここにいきなり立ってても、それより高いんだねー。実感ないけど。

でも、ブルジュ・ドバイ(フルジュ・ハリファ。828メートル)はこれより高いんかと思うと、ますますいろいろな実感が涌かない。

g21.jpg 
「スカイツリーより高く、ブルジュ・ハリファよりは低い」。なかなかいい説明じゃないかね?これ。

鳥の眺め。鳥瞰図。すごい眺めだ。

この場所、手すりもなくてこわかった・・・。 

足がすくみながら写真撮った。

 
g25.jpg 

付近にいた日本人観光客に撮ってもらった写真。
彼らはおにぎりと、きゅうりのおしんこを食べていて、それが心底うらやましかった。
奪いそうになるのを、必死にこらえつつ、カメラに笑顔(笑)。

まさに、「おにぎりくれ!」っていうコンディションだったの。米と塩分。
山とか登ると、おにぎり欲しくなりません?

このピナクルでは、写真を撮ったり、なんやかんやで1時間くらいを過ごした。

下りは、あっという間だったけれど、私たち2人ともけっこう膝にきた(笑)。トシ?


<Mt. Williams マウント・ウィリアム>


ピナクル・ハイキングから戻ると、12時半になっていた。

とりあえず、買っておいたマックマフィンをほうばる。Halls Gapにあった小さなパン屋でアップルシナモンロールを買い、それも食べて腹ごしらえ。

そして、次の目的地、マウント・ウィリアムに向かった。

このグランピアンズ国立公園の中で一番高いという山である(それでもたったの1167メートル・・・)。

何も情報を得ずに車を走らすこと20分くらい、駐車場についた。

駐車場に着いたときには、既に車でかなり登っていたが、やはりここからは歩かなければならない。

頂上まで1.8キロ。

g23.jpg 
私のイヤマフをはめさせてみたフグ。

1.8キロといっても、↑ こういう道なので(つまり、一般客以外の車は走れる)たいしたことはないんだけれど、勾配は意外に急。

だんだん登っていったが、写真でも分かるとおり、曇りすぎてなーーーーんぬも見えない。

途中からは霧雨まで降り始め、景色はただの真っ白となってしまった。

「どうする?」
「せっかく来たんだしもうちょっと」

を3回くらい繰り返しながらトボトボ歩いたあげく、

「いくらなんでも、こんなに天気悪いんじゃ、無駄だね」ってことで、頂上200メートル手前で引き返すことにした。

mtwilliam.jpg 
↑ (晴れていたら、こういう景色が見れたらしい。どっかのサイトにあった写真です)


途中ですれ違ったおじさんも、「オレはまた明日くるんだ。きみたちも明日くれば?」と言いながら、肩をすくめて去っていった。

ま、今度は夏にでも来るかね~。


つづく

関連記事
スポンサーサイト
2012.06.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/87-9c86904f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。