FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日の夜。

夕食を食べ終わって、フグが皿を洗っているときだった。

急にフグが、皿を洗うのをやめて「めまいがする」とか言いながら、立ちすくんだ。

え?めまい?・・私、よく、めまいするよ。なんか、脳の一番真中の部分が突然グワーンとしびれて回る感じでしょ?」と言うと(私、本当にたまにこういうめまいがすることがあって、ちょっと心配・・)

「いや、こんなの初めて」と言う。

それからほんの2分か3分後・・・・、

グラグラグラっときた。


じ、じ、地震っ!

結果からいうと、この地震はヴィクトリア州(メルボルンがある州)でこの100年で一番大きかった模様(マグニチュード5.5)。

といっても、震源地はうちから150キロくらい離れた場所だったので、日本人としてみればろくでもない揺れだったのだけれど。

たぶん、うちのあたりではせいぜいM2とかM3だったんじゃなかろうか。

だから、日本にいれば「あ、揺れてんね。というか、醤油とって」くらいで済む揺れだったけれど、けっこう怖かった!


だって、ここはメルボルンだもん。


街を歩いていると「ちょっとした地震がくれば、イッパツじゃな」っていう古いレンガの建物に満ちている。

古い建物だけでなく、建設中のマンションなどを眺めても「え・・?それでいいんですか?」というくらい、地震に弱そうなものを作っている。(うちの父、趣味の範囲を超えた大工趣味があって、私は小さい頃から家を増築するところをよく見ていたし、何かと建物関係の知識を自然と身に着けた)。

それに・・・・去年のニュージーランドのクライストチャーチ地震(正式にはカンタベリー地震というらしい)で、日本みたいな地震頻発国じゃない国の都市が、いかに地震に弱いかが証明されたじゃないですか。

クライストチャーチという街の名前ゆえんのあのチャーチだって、壊滅したでしょ?(今となっては、あの教会なくしてただの田舎町だよね・・・。小さな町って、「シンボル」的存在がとても重要なのね)。

メルボルンって、あれ系の建物がいっぱいあるの。

ウィキペディアにも「今日ではヴィクトリア女王時代の建築物がロンドンを除く世界中の都市で最も多く残っている」と書いてあるくらい。

それに、クライストチャーチ地震では、ほら、古い建物だけじゃなくて、テレビ局のビルが見事なまでに倒壊して、日本人の語学留学していた犠牲者がたくさん出たでしょ。

あの記憶が新しいし、最近もイタリア北部で地震が起きては、いとも簡単に建物が崩れている。


だから怖かった。
うちの建物、レンガ造りで古いし、すでにヒビがいっぱい入っているからね。


フグも怖かったらしいよ。

フグ、もともとかなりのビビり屋ではあるんだけど(笑)。しかも、インドでは珍しく地震地帯で育っているので、日本と同じくらい「揺れるなんて、子供の頃は普通だった」と言っていた。

だけど、ここがメルボルンだからか、それとも、やはりビビリ屋だからか、皿洗いの水出したまま「出ろ出ろ!」とか言っていた。

出ろ!ってどこへ・・・・(笑)。

うち、3階だし、そう簡単に出れませんわよ。しかも、ここは日本じゃないんだから、出ようとして階下に下りていく間に建物が崩れたら、たぶんそっちのほうが危ない。

とにかく。

いやです、メルボルンで地震っていうのは。


ところでね、

フグのめまいは、地震で揺れていたからじゃないの。

地震はその数分後に来た。

あれはたしかに、めまいだったらしい。


だから・・・、

もしかして、アナタ、ナマズ?

と思ったね(笑)。


でも、ありえると思う。

動物は地震感知するし、人間でも大きな地震がある前には頭痛がしたり、体調が悪くなるって人、よくいるもんね。私の友達にも、去年の東日本大震災が起きる数時間前から、「なぜか吐き気がして寝込んでた」って人がいる。

フグって、見るからに健康そう。

私、ヨガ歴が長いから、人様の「骨格の歪み」にけっこう目が行くというか、そういう目線を比較的持っているんだけど

(「この人、顔の左右が違うのは骨盤が傾いてるからだなー」とか。誰でも多少の歪みは持っているもので、私も自分の骨盤の傾き、それに由来する背骨の歪みなどがとても悩み。腰痛、便秘・・・etc)

フグときたら、ほんとうに歪みが少なくって、なかなかよろしい骨格をしておられますな、って思ってた(腹はでてるけど)。

そうするとたぶん、へんな神経が圧迫されていない分、動物的肉体感覚が働くのかも(笑)。


フグじゃなくて、ナマズでしたか。

と思った夜だった。

最後に余談だけど、

こういう、地震が一般的じゃない国って、地震速報とかないのね・・・。
地震が来てから1時間経ったって、ニュースにも出ないし。
それが一番、カルチャーショックだわ。


関連記事
スポンサーサイト
2012.06.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/85-7a10a393
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。