FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
------「グランピアンズ 1日目前半の巻」のつづき--------


Reed Balconyから、車でマッケンジー滝(Mackenzie Falls)へ向かう。

駐車場までは、Reed Lookoutからすぐ。
そしてそこから、歩くということだ。

「けっこう階段があって大変」とか聞いていたけれど、やっぱり聞いていたほどではなかった(笑)。

いきなり例えがすっごい飛ぶけど、東急ハンズって階段ない場合多いじゃん?だから、例えば5階のステーショナリー売り場に用があったら5階まで階段登り降りするじゃん?

あれの7割くらいしか、大変じゃない。

g12.jpg
階段を降りていく。急なのは、ここに映っている部分くらい。

あっけなく下に着いた。

でも、前回の記事で景色のまっ平らさに驚いたとおり、例えば標高700メートルで「山」って言っちゃうくらいとっても平らなオーストラリア。だから、このくらいの高低差を歩くって、たしかにオーストラリアに来てからは初めてだったけれど。

オーストラリアが深刻な水不足なのも、砂漠だらけというよりは、あまりに平らだかららしい。
最初に砂漠があったというよりは、平らすぎて砂漠になってしまったと聞いた。
なんか、分かるね。

オーストラリアは去年は、洪水にとても悩まされた。日本は震災とツナミ報道で埋め尽くされていたようだけれど、オーストラリアはけっこう、自分んところの洪水で大忙しだったのである。

洪水の水がいつまでたっても引かないでいる映像ばかりがテレビに流された。
あれも、平らすぎるからだ。

だから、このくらいの滝でも、「けっこう滝」なのである、オーストラリアでは。


g13.jpg
------豪基準では、まぁまぁな滝、マッケンジー滝-------


今まで、この一年半いろいろな場所で、「滝」と呼ばれているものを見た。

でもそれらは「川にしてはたしかにちょっと急だけど、でも・・・・どう転んでも川」って感じの小さな小川か、もしくは「小川の中にちょっと段差があるね」みたいなものだった(笑)。

だからそれらに比べれば、マッケンンジーは「あぁ、滝だね」と言えるかも。

ta.jpg

暑い中に階段を下ってきたら、さぞかしこの場所がすがすがしいだろうな。
しかし、今は冬。さびかった・・・・。さびかったっす・・・。水もちべたそう。

20分くらいここで過ごした後、また階段を登って、周辺にある散策コースをのらりお散歩。

ひとつは、マッケンジー滝のちょっと上流部分を眺められる場所で、これは数百メートル歩けば着いた。 もうひとつは、マッケンジー滝をちょっと遠めに眺められる場所で、これは・・・覚えていないけれど行って帰って40分くらいだったかな・・。

g14.jpg

滝を遠くから眺める場所。

ここでボーっと眺めている頃に、ちょっと小雨風なものもパラつき、時間も16時前になっていたので、すぐに引き上げる。

マッケンジー滝の駐車場に小さな売店があったので、そこでコーヒーを飲んで一息。ふぅ。

そして、私たちはホテルへ向かった。


グランピアンズ観光はHalls Gapに宿をとるのが一番なんだけれど、3連休とあって全部満室。空き室のところはすべて「最低3泊滞在が条件」(←連休になると必ずこうなる)みたいな感じで、私たちは宿がとれなかった。

だから、次に近い町スティウェル(Stawell)に、モーテルを予約していた。
この町には、さびれたモーテルがけっこうある。

みるみる暗くなる中、スティウェルに向かう。
最初の記事で書いたとおり、25キロの道を一直線に走れば着く。


つづく
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/83-be04b6a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。