FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
---「グランピアンズ 道中の巻」のつづき------


車ですぐに行ける展望ポイントひとつ目は

<Boroka Lookout >

Halls Gapから車で10分くらい?15分だったかしらぁ?(測ってない・・・)

とにかく、けっこうすぐです。
どんどん車で登るので、晴れていれば途中の景色もよさそう。

g01.jpg 
Boroka Lookoutからの眺め


あっという間に、こんな眺めの展望ポイントに到着してびっくり。

はるか向こうまで、まる見え!!

すごい景色だなぁ~。感動。

しっかし、平らだなーーーー。
このグランピアンズ地帯以外の、平らさにびっくりこいた。

flat.jpg 
フラーーーーーット!たいら!まったいら!フグ、お気に入りの双眼鏡を覗く。


でも、ここに来てすぐに思った。

「やっと、オーストラリア内で来る甲斐のある場所に出会ったわ」

だって、いままでメルボルン郊外、ダンデノンだのオリンダだの、パッフィンビリーだの、マウント・バウバウだの、ヤラ・バレーだの、モーニング半島だのバラライン半島だの行ったけど、

いまひとつ、「なんだかなぁ・・・」「ふぅん・・・」「まぁねぇ・・・」「オージー的には本気ですごいの?それとも他にないからしょうがないって、実はオージーも思ってんのかしらー?」程度で終わっていた。

これが、あれほど叫ばれている場所か?みたいな。退屈だから来たけど、依然として退屈カテゴリー内で行き来してるだけだよなぁ・・・で終わっていた。


でもグランピアンズで、初めて「ここなら行く甲斐のある場所と名乗ってよろしい」と思ったよ~。

毎度毎度、持って行っては宝の持ち腐れだったフグのお気に入り双眼鏡も、今度こそはお役目を嬉々として果たしていた。


g06.jpg 

小型飛行機に乗ってるみたーい。

私の手の先に見えるちょっと町みたいな部分が、Halls Gapの町(村)。


g60.jpg 
さすが手も黒いなっ、インド人よ!

30分くらい、このBoroka Lookoutを楽しんだあと、次の展望ポイントへ向かう。

次の場所は


<Reed Lookout> 

ここも、車で行ける。Boroka Lookoutから車でまた10分か15分くらい。


g08.jpg 

ここからの眺めは、ユーカリの木の原生林、という感じ。

なんて手付かずな神聖な森なんだろう・・・と、ちょっとまた感動。

基本的にものすごく乾いた土地だし、木の種類がそんなに豊富でなく、ほとんどユーカリの模様。

ユーカリは季節感がない木で、いつでもカサっとした乾いた緑。だから日本などの「うっそうとした」というのとは違うんだけれど、

でも、すごく神秘的で深い、手付かずの森だというオーラに満ちていた。
アボリジニーの精神や、彼らが大切にした森の精などが、ひそんでいそうだった。


さて次は

<バルコニー「The Balconies」>

ここへは、このReed Lookoutから歩かなければいけない。


g09.jpg  
バルコニーへ、プチハイキング

歩かなければいけないといっても、片道1キロくらい。
行って、見て、戻って1時間くらいかな。

バルコニーは、もののけ姫のあの石の場所のモデルになったとかいうウワサ(こういうのはいつでもウサワですよね・・・、魔女の宅急便の町のモデルになった町、とか)の場所なので、日本人的にはけっこう知れていたりする。


g10.jpg 
↑ これです、その「もののけ姫」な石のバルコニー・・・。

たしかに眺めもよくって雄大だったけど、この時には天気もずいぶんどんよりしており・・・写真がイマイチ。ネットなどで検索すると青空に映えたこの場所の写真が見れるので、興味ある人はそうしてくらさい・・。


g05.jpg 

上の写真の石の向かいにもこういう石のバルコニーがある。
曇っててパっとしなくてすんませんね(かさねがさね)。

下に広がる森にはきっと、コアラが住んでいるんだろうね~。


さて、バルコニー見学も終えた私たち。

車を止めたReed Lookoutまで戻り、次の場所マッケンンジー滝に向かった。




つづく~
関連記事
スポンサーサイト
2012.06.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/79-4a232ad4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。