FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
指輪物語のこの記事などにも書いたとおり、フグは本当にロマンチック度マイナス1350度な男である。


そういえば、私が始めてメルボルンに遊びに行ったとき。

それは、まだ「実際に会ったことがあるのは、5日間くらい」というくらいの、関係初期の段階だった。

普段はスカイプでやりとりしていた。

そこに、できたばかりのカノジョ(しかも忙しくて有名な日本人)がわざわざメルボルンくんだりまで会いに来るときた。


どう考えてもフグの立場としては、「ここでイッパツ、思いっきり自分を気に入ってもらって、関係を安定させるチャンスだ」と思ってしかるべき転機のはずである。

しかし、メルボルンに滞在中2週間もいたってあまりにもフツー。盛り上がるなんて、もってのほか。
私、もしかしてもう5年くらいここにいるんだっけ?と思うくらい、普通に扱われた。

かといって、私が嫌いなようでもまったくないのだけれど。
でも、私をぜひ捕まえたいというような意思もなんら示さず。
かといって、まったく遊び人というわけではなく、みたいな。

私としてはどうにも調子がつかめないと言うか、「いったいなんだろう・・・」と素朴に分析しつつ2週間が終わるほどであった。 「この人、いったい何・・・・?」度がすごすぎて。

そのうえ、このメルボルン行きの日程を決めるときに「あ、6月10日以降はちょっと無理。一大事が始まるから、それに集中したい」と言われ、なにかと言えばサッカーワールドカップ。
 
だから実際、私はワールドカップが始まる2日前にメルボルンを経つようなスケジュールにしたという具合。(なんか、振り回されてないか?と思いつつ)。

メルボルンを経つときには、「ワールドカップ中はオレ、うわの空になるし、寝不足になるからスカイプあまりできないから」と言われ、妙に積極的に空港で見送られた(笑)。

私は「そうは言っても、ここで関係をおざなりにしたら、フグの立場としてはよくないだろう。出来たばかりのカノジョがメルボルンに遊びに来て帰ったんだから、ここでその成果を確かなものにするためにも、なんだかんだ言って、スカイプくらいするに違いないさ」と踏んでいた。

しかし、驚いたことに、ワールドカップ中一ヶ月間、本当にろくに連絡が来ず、たまにスカイプしてもうわの空。一度ケンカになったら「だって、前もって宣言してあったじゃん(スカイプできないって)」だと。


かといって、お金持ちってわけでもないのに、私のメルボルン行きチケット代も出してくれたし、滞在中も私には一銭も払わせなかったり、なんということはなしにフツーの顔しながら約束どおりちゃんと2週間も休みをとって、日本に遊びに来たりして。

よく考えると、抑えるところはちゃんと抑えてたりする。


だから私も、「あれ・・・・?えーと、私が考えすぎ?冷静に考えたら意外にまっとう?」とか思って、ケム巻かれながら付き合いつづけ、気づいたらなぜだか結局ケッコンまでしてた(笑)。

でもやはり、この2年は「この人いったい・・・・」とフグ研究しているような2年であった(笑)。


本当によく分からない男なのである。
私の三十余年の人生で培ってきた人間関係マニュアルのどの例にもあてはまらん・・・・・・という感じ。


友達めっさ少ないし、基本的に冷たい感じだし、あっさりしすぎで、「人間味薄すぎ・・・!まさか、実は心病んでるとか?」と本気で思うこともあったり。

例えば、テレビで「誰かがさめざめと泣いている」とか「子を失ったらしい母親が涙を流しながら」とか、「ヨボヨボの老人が遠い目をしてしみじみと何かを語る」みたいな場面が出ると、私の場合「え?なになに?どうしたの?何があったの?」と興味が涌くというか気になって、前のめりになるんだけど

その瞬間に必ず、「けっ!くだらねぇ(Bullshit !)」と言って、フグは勝手にチャンネルを変える・・・。どうもフグは、人間模様全般に興味がないようで、人間ドラマに焦点を充てたりすることをやたら毛嫌いしているフシがある。

あの、誰しもが感動する宮崎駿シリーズ(ナウシカ、ラピュタ、もののけなど)は、「こんなにくだらない映画を見たのは初めてだ」くらいのことを言われ、機嫌まで悪くなられたし

こういうときは、「この人・・・・冷血人間・・・?心の殻、閉じてすぎない?貝?」と思う。


しかし、かと思うと「というわけでもないかなぁ・・・・」と思うこともいろいろあったりで、結局、よくわからない(笑)。


最近、やっと少し慣れてきたかなぁ・・というところである。

分からないなりに、まぁ、だんだんと「こういう人なんだ」と分かるところも出てきたというか。

別に病んでいるわけではなさそうだけど、フグの心のトビラが鋼鉄製なのは、たぶん本当。



でね、なんでこんな記事書いたかというと、

フグ、なぜか夕食後の皿洗ってくれるんだよね。

私が夕食後の皿洗うのは週1回くらいかも。

ほんと、不思議。


別に私が教育したわけでもないし、「皿洗ってくれる夫はすばらしい」みたいな会話もしたことないし。

だけど最初から、頼んだこともないのにフツーの顔してフツーに皿洗ってくれるわけ。


さもないと私が「明日洗おっと」とか言ってサボるからか?

とか、私はいろいろ考えてみてるんだけど、どうも・・・・・・よく分からないんだけれど・・・どうやらやはりあれは妻のために皿を洗ってくれているらしい

勝手に「結婚したら皿洗いはしよう」と自分で決めたらしく。
 
決めたらもう、「アイツ専業主婦のくせに」とかも思わないらしい。

「皿洗い係りは夫」とか決めたこともないので、とにかく勝手に自分で作った基準らしいのだ。



あと、なぜか土日の夕食は基本的には自分が料理するって決めてるらしいフシもある。

料理がけっこう好きというのもあるけれど、どうもパターンを観察して見ていると、あれは「土日は基本、オレが作ろうっと」と決めてるっぽいフシがある。

特に私が「料理めんどくさい」と言ったこととかないし、「土日は家事休みたい」とか言ったこともないんだけど(そもそも、今の私の生活は土日もなにもないしさ)。


だから、私は
 

・実はすっごいレディを大切にする、家庭内騎士道精神あふれてる男?

・もしかして、サムライ?サムライ目指してる?不言実行ってやつ?

実はなんだかんだ言って、すごい妻に優しいとか?


と思ったりするんだけれど、


そう思っている矢先、これまた、ズドーンと落とされるくらい冷たいことされたりとかして・・・・。
この男に心なんかないんだっ!とかいう気分になって、暗い1週間くらい過ごしたりとか。
 
どう公平に考えても、どうにもこうにも私は間違ってなくて、フグがおかしい!というようなことでも、フグは絶対にあやまらず、私が泣こうがおかまいなし。そのまま、私がいないかのように知らんぷりで1週間とか過ごされたりとか。

すると「やっぱ、心病んでる・・・?この人」と思ったり(笑)。


サムライか?、心病んでる?の繰り返しで(笑)、


結局最後は、よくわっかんないなぁ・・・・・・・この人・・
なるんだけど。


ま、珍種であることだけは、確かだね。


どんな辞典にも載っていない珍種の夫


ナゾだけど、皿洗いや料理はほんと、楽できて感謝してますよ。


関連記事
スポンサーサイト
2012.06.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/61-c5b1a54b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。