国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
木曜はバレンタインデーでしたねー。
 
フグはロマンチック度マイナス1350度の男なので、もちろんバレンタインデーなんて「Bullshit(←実際、フグ曰く)」と思っております。

しかし、そう思ってはいても、そのまま済むわけではないというのが浮世というもの。結婚なぞしてしまい、ましてや西洋な国に住んでしまっているのであれば、妻を尻目にバレンタインデーを「Bullshit」とか言ってカンペキ無視するのはやはりアレすぎますでしょう。

かく言う私だって、たとえ結婚した夫がバラ100本の花束を抱えてサプライズとかするようなロマンチック過度な男だったとしたら、「えー、いいよバレンタインデーなんてさー。日本人やインド人には関係ないじゃん」と言うくらいのタイプなんですが、
 
やはり夫婦はバランス。お互いのデコボコを補うものじゃぁ、ございませんか。どうですか?夫が「バレンタインデーだぁ?け!くそくらえっ」と言ったところ、妻までが「賛成!愛を告げる日ですって!ちゃんちゃらおかしい、そんなもんを祝う腰折れどもになるのはゴメンだわ!」と同調して、二人で世間に向かって中指立ててたりしたら。うわ、不毛すぎ。

ということで、もともとは一般女子平均値基準でロマンチック度マイナス20度くらいだった私ですが、ロマンチック度マイナス1350度の男と結婚した現在、むしろ今は自分を「ロマンチック度プラス85」くらいに設定して妻業を営んでおります。


我が家では、一応、結婚記念日と誕生日だけは公式に祝う日となっています(これはフグも賛成)。しかし、バレンタインデーは先述のとおりですんで、妻の私が故意にあおらなければ、軽くスルーされる日。毛の生えた尻を掻き掻き、プーッと屁をこかれて終わる日です。

しかしこれではいけません。やはり節目節目で夫婦関係をくくりなおしておいてこそ、途中で転覆せずにいられるのが結婚という名の大航海。ということで私は毎年、バレンタインデーは数日前からフグをそれとなくあおっておきます。それで、しおれかけた花などを一応もらう、みたいな。



しかし今年のフグはもうちょっと運が悪かった。


というのも、偶然にも前日に私たちはひさびさの小ゲンカをしていたんでした。

ケンカをするとその後、私は黙り込むタイプなんで、前日夜から私はムッツリ体勢に突入。

あれですよね、なんというのか、普段は専業主婦な身分であるわたくし、結婚のせいでメルボルンなんかに住むハメになったという根本的不満を除けば、基本は「フグちゃん、ありがとう。感謝してるわ」という気分で暮らしているんですが、ひとたびケンカとなると途端に「こんな魚と結婚したばかりに、私の人生なにもかもがつまらなくなったんだわ!あんた誰!」という気分一色になるから不思議ですよね。

でも最近、ほんとにケンカは少なくなりました。たまーーーーに小さいのをするくらい。というのも、ケンカ後に黙り込んでしゃべらなくなるのは私だけでなく、フグもまったく同じタイプだからであります。そのうえフグは絶対に、謝らない男。

だから、ヘタしちゃうと「3日でも1週間でも、二人とも会話いっさいせずに無視しあって暮らす」という体勢に突入。しかし、これ・・・ご老体にめっさこたえるんだわ。フグもそう感じているらしく、結婚したばかりのときにケンカに次ぐケンカの日々を数ヶ月間送ってたら、お互いゲッソリゲンナリしちゃってね・・・。

で、もう、「あの疲労感はゴメンだ、身がもたねぇ」と思い知り、お互い、「全力でケンカ」は極力避けるようになった次第。若くなきゃケンカする体力もねぇ、ってことですよ、いや、まじで。


それで話を元に戻すと、このたび、バレンタインデー前日にひさびさに小さめのをしましてね。で、私もフグも絶対に謝らないじゃないですか。だから、ケンカの内容によっては、どちらかがおそるおそる「もっとケンカが悪化しないよう(あの疲労はゴメンだ・・)」に、なにかのきっかけを利用して普通を装う、みたいなことするんですよね、最近。だましだまし普通戻し、みたいな。

で、今回は「こりゃ偶然明日はバレンタインデーだから、フグが自発的になにかバレンタインデー的なことをするしかない流れになったな、フッ」と思っていたわけですよ、私は。



さて、バレンタインデー当日。

朝もお互いしゃべらず、そのまま会社に出かけたフグ。普通を装うSMSが来たりしましたが、軽く無視しました。

そして夕方、フグ帰宅。

妻の読みどおり、カサカサとかばんから何かを取り出す夫フグ。

そして・・・・スーパーのColesのビニール袋からおもむろに差し出されたものは・・・・・


まず、犬の小さいぬいぐるみ。

inuinu.jpg 


んんん・・・・・ま、まぁ、いいだろう。耳のタグに「5$」とあったのは、見逃してやろう。所詮、私も実はバレンタインデーなんてどうだっていいと思っているのだし。

しかしこの国で、かわいいぬいぐるみを見たことがないのだが、この犬も実にかわいくないなぁ(笑)。




しかし、

話のクライマックスは次なのです。

次にフグが袋から出したものなんですが・・・・

おや、小さな花束か何かですか?と思いきや・・・・・

竹一本! 

taketake.jpg 
長さ25センチほど。水に入れろと書いてあったので、コップに入れてみた。


ねぇ、竹だよ?たけ。

私、渡された竹を片手に棒立ちでしばし立ち尽くしてしまいましたよ。(たとえば、「緑色の縦笛を片手に立ち尽くす女」あたりの映像を想像してください)


なぜ、いきなりここで竹?


妻であるからして私には
 
・バレンタインデーの花のふっかけ価格、高すぎだろう!アホか!
・それに、バレンタインデーに花なんか片手にしている姿を人に見られたくないな・・・
・ん?おや、なんだこの竹は。これでいいんじゃないか?植物にかわりはないだろう。クックック・・・これあげちゃえ。

という夫フグのたどった思考くらい手に取るようにわかるんですが(笑)、竹とは。


もはやこれは、キャラ負けでしょうか。
 
というか、

「こりゃ偶然明日はバレンタインデーだから、フグが自発的になにかバレンタインデー的なことをするしかない流れになったな、フッ」と思っていた私、つまり「勝ち」とほくそえんでいた私なんですが・・・・ 、

なんかどちらかというと、負けた気がするのは気のせい?

バレンタインデーに贈り物を捧げることにより難局を回避しつつも、「花束じゃなくて竹」でひそかに抵抗、みたいな高度な戦略
を使われた気がするのは考えすぎでしょうか~(笑)。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ




関連記事
スポンサーサイト
2013.02.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/224-8c2a6fbc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。