国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
royalmel.jpg


実は昨日、The Royal Melbourne Women's Hospitalに行ってきた。

公立病院の中では、メルボルンきっての女性のための病院である。

いつのまにか予約されていたのである、これ。


というのも・・・・・


以前の記事に書いたように(詳しくはコレなど読んで下さい)、私は10月頃に子宮だの卵巣だのの検査、子宮頸がんの検査、それから性病などを患っていないか&栄養状態を見るための血液をしたわけである。

子宮や卵巣の検査と子宮頸がんの検査は生まれて始めてだったので(とっくに済ませているはずの年齢なのにもかかわらず)、わりと本気でいろいろ心配していたのだが、

結果は、「ビタミンDと鉄分が足りてない」以外は、ずべて「問題なし」だったのである。


問題なし、だったんですよ?


「あー、よかった。じゃ、鉄分とビタミンDのタブレット飲みますんで~(子宮や卵巣の話は終わりですよね)」で、話は済んだと思ってたんです。


しかし、

それから2週間くらいしたある日、GPのドクターとそんな相談しなかったにもかかわらず、いきなりThe Royal Melbourne Women's Hospitalから手紙が来て、「あなたの予約は2月13日です」と書いてあったんです。


え?と思ったんだけど、そういえば・・・


GPのドクターが「じゃぁ、これで検査が全部済んだから、レポートを送っておくわね」みたいなこと言っていたのを思い出しまして・・・・。

その時は私は「なんらかのデータバンクに患者のデータを保管するっていう意味だろう」と思ってたんですが、

Royal Melbourne Women's Hospitalの予約のお知らせを突然受け取ったと同時に、「あ、そっかー。じゃ、GPのドクターはあの時、私のデータをRoyal Melbourne Women's Hospitalに送ってくれたってわけねー」と理解しなおしたんです。


というのも私、メルボルンに来てからというもの、GP通いは何度かしていたものの、その先の「ちゃんとした病院」を紹介してもらうという体験がこれが始めてだったので、

「ふぅん、こういうシステムなのか」(GP医から病院を紹介してもらう場合は、GPの先生が勝手に病院にレポートを送ってくれて、ある日病院から予約の手紙が来る、みたいなシステム?)」と思ったのであります。


それで、子宮やら卵巣やらのチェックも「問題なし」で終わっているはずなので、「じゃぁ、妊娠計画のほうをひきつづきRoyal Melbourne Women's Hospitalに相談しなさい」ってことだよね」と考えたわけです。

 
「もっと妊娠計画について専門医に相談したい」みたいなこと一言も言ってなかったものの、超音波検査なども全部「異常なし」だったんだから、つまり何の病気も患ってないんだから、当然そう考えるほか、思い当たらないでしょう?




それに!!!


GPの先生には「じゃぁ、あとは旦那さんのほうの検査を残すのみね。オタマジャクシがちゃんと元気に泳いでいるかとかチェックしなきゃいけないから、旦那をよこしなさい」と言われていたので、なおさらそう考えたわけです!


「そっかそっか、ちゃんと診断するためには夫のオタマジャクシの具合などのチェックが必要ってことねー。そりゃそうよねーーー、子作りは2人の作業なんだし。男性不妊も少なくないって聞くし~」と当然、理解するじゃないですか。 ですよねぇ?


だからこそ、「忙しい」だのなんだのいってなかなか検査に行かないフグに「どんなに遅くとも2月の病院の予約日までには検査しろ」と10月末から言い続け、ようやくこの間、検査が済んだところだったんです。


それで・・・・Royal Melbourne Women's Hospitalから手紙をもらってから実際の予約日までの3ヵ月半、「まだまだ先ね。病院はどこも数ヶ月待ちって聞くけど本当ね」などと思っていたのもつかの間、

あ!!!!っという間に3ヵ月半が経ち、昨日、行ってきたわけなんですがぁっ・・・・・・。


つづく


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ

関連記事
スポンサーサイト
2013.02.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/221-843ae6d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。