FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

この間、「らくだの涙(The story of the Weeping camel)」があまりに魂にドキュンと来たので、同じ監督の映画をまた見た。


そして、また魂にドキュンときてしまったネ。

ハートを射抜かれてしまったネ。

ワタクシ、これらモンゴル映画にやられたネ。降参だネ。


「天空の草原のナンサ(The cave of the Yellow Dog)」


なぜ邦題がこんなんなのか、さっぱり分かりません。天空の草原の、ってなんじゃ?意味わかんないよ。


caveof.jpg


ナンサってのは、主人公の女の子の名前。

らくだの涙同様、この映画も、基本的に俳優などは使わず、本当の遊牧民の家族がそのまま出演している。

らくだの涙もそうだったけど、遊牧民の日常生活がたんたんとそのまま撮影されていて、それだけで興味深い。


一家の3人の子供のうち、一番年長の女の子が主人公。

子供好きではない私でさえ、この子供たちの様子にはやられた。ほっぺた真っ赤でかわいい・・・・・。

子供にへんに演技させるとさぁ、コノヤロー!ってくらいに憎たらしい場合あるじゃないですか?でも、こういう風に自然に子供の姿を撮影されちゃうと、やっぱりわかいい生き物なわけ、子供。


Cave of 1


今回は、

一家は、ひつじやヤギをたくさん飼って、ミルクからチーズなど作っては売って生計をたてている。

長女のナンサは普段は学校に通うために一家と離れて暮らしているが、学校が休みになると戻ってくるという暮らし。

ある日、ナンサが近くの洞窟で犬を見つける。ナンサは犬が飼いたいけど、父親にダメだといわれてしまう。

オオカミが家畜を殺す被害が相次いでいるので、オオカミと一緒に暮らしてた可能性があるノラ犬なんてダメだ、というのが父親の理由。

ナンサは犬に「ゾチョル(ブチ)」と名付けてかわいがるものの、父親はNOの一点張り。

しかし、一家の移動の日(遊牧民だから季節ごとに場所を変える)に起きたあることがきっかけで・・・



という感じの話。


いやーーーーもう、アナタ、魂のお洗濯にどうぞ。


ところで、この一家のおかぁさんがさ、私の友達に似ていてねぇ。
そういう意味でも、面白かった(笑)。

モンゴル人、日本人にほんとに似てるよね。

中井美穂(中山じゃないよ、アナウンサーで古田の妻のほうよ)に大地の香りをプラスしたみたいな感じの若いおかぁさんが多いよね。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2013.02.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/220-65736286
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。