FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この間、記事「バルコニー黄金タイム」にも書いたように、妙に眺めがいいうちのバルコニーですが、だいぶ前に記事「一千万円の鳥が襲来」にも書いたとおり、このバルコニーでは鳥的な事件がときどき起きます。
 

豪華な鳥が襲来するのはどちらかというと嬉しい系事件だけれど(フンをされたり、洗濯ばさみをかじられたりするのは困るけど)、たまに悲劇も起きます。

悲劇系事件の原因となるのは、いつもドア。

うちのバルコニーのドアは、引き戸ではなく、普通に「押す引く」で開け閉めするドアなのです。

だから・・・・開けっ放し状態だと、大きな透明のガラス板がデーンと空に存在している、みたいなことになるわけです。

で、鳥的にとっても自然豊かでいらっしゃるオーストラリアであるからして、毎日、このへんはいろんな鳥たちが楽しげに通過しているわけで、

そんな鳥たちが、このドアのガラス板が見えなくて思い切り追突してしまうんであります。

鳥たちにとっては、空にいきなり目に見えない壁があった!みたいな状況なんだと思われます・・・(ゴメン、鳥たち)。

dooruchi.jpg 
↑ 鳥たちにとって「見えない壁」なうちのドア


これまでに4回くらい鳥の追突事件が起きてます。

なぜ、こんなに建物ギリギリのところを飛ぶんだろう、空は広いんだし、もうちょっと建物の遠くの航路を飛べばいいだろうに、とか思うんですがね、

このドアから15メートルくらいの場所のうちの建物スレスレの航路上に、大きなユーカリの木があるんです。うち、3rd Floorなんですけど、うちの天井より高いユーカリの木。

どうやら鳥たちはこの木に用があるらしく、大空からやってきて、「さぁ、あのユーカリの木で一服するぜ」と言う感じでスーッ!と木を目掛けて低空飛行に入るや否や、休憩所目前にして追突しちゃうみたいね・・・。



だいぶ前には、茶色の鳥が一匹(すずめの3倍くらいのサイズ)、追突死。

けっこうなスピードなんですよ、鳥って。

小さめの鳥なのに、ズドーン!みたいな音がしてね、それで見たら、このように床に落ちてて。

それで、しばらく口をパクパクしたり、羽をゆっくりパタパタしてたんだけど・・・。やがて動かなくなってしまいました。

tori.jpg

脳震盪かもよ?気絶かもよ?と思って、だいぶ待ったんですけれど、もう二度と動かなかった。

ズドーン!というくらいだから、そうとうな衝撃で、たぶん頭蓋骨がどうかするか、もしくは首の骨折っちゃうのかも。

この日は暑い日だったので、亡骸が悪くならないうちに靴の空き箱に入れて、近くの河原に持って行ったです。


その後、2回くらい同じようなことがあって、ズドーン!とぶつかったものの、なんとかフラフラ飛び、しかし10メートルくらい先で墜落してしまった黒い鳥とか、いました。

そしてさっき!!!

ついに、あの魅力的なレインボーロリキート(Rainbow Lorikeet)が!!!

レインボーロリキートって、ものすごいカラフル(この配色、大好き!)な、大きめのインコ。日本語では、ゴシキセイガイインコというらしい。日本では一匹、9-10万円するらしいよ(また値段を調べたのか)。

lore.jpg 
どこかからお借りした写真です・・・。


この鳥、6-7匹くらいのグループが、うちのバルコニーの目の前をササーっと通過するのが毎朝の恒例なんです。

たぶん、そのうちの一匹。

フグが会社に出かけた後、ドア開けっ放しで、ぼーっと外見ながら朝のコーヒーしばいていたら、ドスン!というすごい音が。

で、見たら・・・・・・・・。

inko2.jpg 
あああ! レインボーロリキートがっ・・・・。

inko1.jpg 

inko3.jpg 

お腹が呼吸に合わせて動いていて、目も開いている。

時々、羽や足をちょっと動かしたり。

「なにが・・・・いったいなにが起きたというわけ・・・・・?」みたいな感じで、10分くらいこの体勢で、ずっといました。

以前の茶色い鳥もしばらくは生きていたので、このレインボーロリキートも結局死んじゃうんだろう。。。と思って、見守る私。

でも、以前の茶色い鳥は痙攣っぽい動きだったけど、このレインボーちゃんは、もうちょっと動きが普通な気がしました。

このまま死んじゃったらどうしよう!あー、まだお腹が動いてるよー・・・・、つらいのかなぁ?などと思って見守りつつ、フグにSMSなどしたりしてたところ・・・


inko4.jpg 

おおおおおお!

10分くらいが経過した頃、なんと、起き上がった!

えらい!

でも・・・・・・・・、

すごくフラフラして、ヨタヨタっと端っこに行き・・・・落ちてしまったのです!

ように見えたんです。

落ちちゃったよ!と思って、すぐさま下を覗き込んだんですが、下は低い木の茂み。

inko5.jpg 

そこで、すぐに下に見に行ったんですけれどねぇ。

木の途中あたりとか、地面とか、周辺を目をこらして探したんだけど、見当たらない。

落ちそうになったものの、途中で挽回して、なんとか飛んだのかもしれません。


どこかで墜落してなきゃいいんですけれどーーーー。

と、「結局は脳内出血で・・・」とか、「その時、首に受けた損傷がもとで・・」とか悪い想像をぬぐいつつ、レインボーちゃんの無事を願っているなう。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2013.02.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/217-ba684f3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。