FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まーた英語の話なんですけど、でも、よく考えると英語の話じゃないんです。

って、最初っから何言ってるのかよくわからないですが。




英語圏って、とにかくリアクションがオオゲサじゃないですか?

ウワーーオ!

アメイジング!

オーッマイゴー!

オーゥ、ザッツワーンダフォー!

ファンタースティーック!

などなどなどなどなどなどなど。

しかも、棒読みじゃなくて、こう、イントネーションやらなにやら、激しいじゃないですか。



あのね、私、英語ができるできない以前に、これがものすごく苦手なんですよ・・・。

そういうものなんだ、気にせず言えばいいんだ、文化なんだから、と分かっていても、やっぱりムリ。

だから、そういう意味でもうまく乗れないわけですよ、なんか会話に。英語力とは無関係なんです。
 
ファ~ビュラス!とか、マグニフィシャント!とか、とにかく、無意味に恥ずかしくってムリっす。そんなことをシャーシャーと言うなんて、 なんか、穴があったら入りたいというか、その場から一目散に逃げたいような気分にかられちゃうんです。



「スーパーと知人とばったり出会った」みたいな時も、実に適当なことを口から出まかせ的に言いつつ、おおげさに、必要の3倍くらいの元気さというか騒々しさで、お互い言い合ってキャッキャッ挨拶とかしてますよねぇ。

ただただ、単にそれができないんですよねーー、とにかく私・・・。

社交辞令的な派手なリアクションというのが。




と、そんなことを考えながらふと思い出したある思い出。

「気前のいい社交辞令的リアクションが必要な状況」が苦手な私に降って湧いた困った状況。



あれは10年くらい前、わたし、腰が痛くて痛くて鍼治療に何度か通ったんです。

その先生、とっても気さくで面白い先生で、鍼もうまくて、好きだったんですけれど。

でも、先生は目が見えないんです。

で、気さくで面白いのはいいんだけれど、ちょっと度を超して気さくで面白いというか・・・。

でね、ダジャレとかオヤジギャグが大好きだなわけです、先生は。

それで、何度目かの治療の時に、いつも流れているラジオで「ダジャレの時間」みたいな番組が始まったんですよ。

そしたら先生、「来た来た、ダジャレの時間~。ボクね、これを楽しみにしてるんですよーーー。はい、聞いて聞いて、面白いから!」って、異常に楽しそうでね、

で、ラジオから

「私、山で遭難(ソウナン)しちゃったんです!ソウナンですか!ウワーーーーハハハハハハハ!」みたいな、全然面白くないダジャレの連発が聞こえてきて、

先生がそれ聞いて、診察台叩きながら涙流す勢いで大笑いしてるわけ。

それで「ね!面白いでしょう~!ボク、ほんとにこの番組好きでねー!さ、はい、次聞いて!」って、同意を求めてくるわけです。

いやぁね、自分にとって面白くなくても、相手が面白いって無邪気に言ってきたらブスっとしてるわけにはいきませんよね。

だから、普通だったらだいたい「うん、まぁ、面白いですねぇ、クスッ」くらいの適当なリアクションを表情で伝えますよね。

だけどそういう場合、実際は面白くないんだから、声たてて笑うってことはないですよね。表情で伝えるくらいで事済みますよね。

まして私は昔から、社交辞令的リアクションというものが苦手なわけです(本当に面白いなら私だって、声だして笑いますよ)。



でもね・・・・

先生は目が見えないじゃないですか。

だから、表情などで「 クスクスッ。面白いですねぇ」 くらいなことを表現するというのができないわけです、こちらとしては。

あれは辛かった・・・・。

いまでも、我がリアクション不全でモジモジするとき、いつもこの時のことを思い出すんです。

私はね、がんばりましたよ。

しょうがないから、作り笑いで声出して「ハハハハハ」とか笑って、「なにこれー、ほんと~ハハハハっ!面白いですねぇ~!ソウナンですって・・・!ハハハハハ!」とかなんとか。

それ聞いて、先生喜んじゃって、ますます自分独自のとっておきダジャレも連発。

私、鍼刺されて寝ころんでいるというのに、連発されるダジャレにいちいち「フェイク声出し笑い(でも本当にウケているかのようにせねばならない)」続けなきゃいけなくって、

今でも思い出すくらい、タイヘンだったんです。

でもこの先生は鍼も腕がよくて、なぜどうやって目が見えなくなっちゃったのかとか、奥さんと出会って結婚したときの話とか、奥さんが怖いという話とか、いろいろあけっぴろげに楽しく話してくれて、好きだったので私もがんばったんですけどね。



と・・・・何言いたいのかよく分からなくなったんですが、こういう理由(リアクション機能不全)でも引き続き、英語な人々の輪にいまひとつ入れない気味な私です。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ






関連記事
スポンサーサイト
2013.02.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/216-5e822dc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。