FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夕食が終わってから寝るまでの2時間くらい、やることがイマイチない私たちは(私だけだったら、ゆっくり風呂に入るとか、顔のメンテするとか、いろいろあるんですけれどねー)、

引き続き、週2本以上のペースでDVDを見ているわけですが。


おとといは「らくだの涙」(The story of the Weeping Camel)を見ました。

感動。言うことなし。
 
weeping_came.jpg

何十億円かけて、あらゆるテクノロジー使って、髪振り乱して、大騒ぎして、ムダに全力投球とかして、こねくり回した映画をいくら作ってもですね、

そういうオオゲサな映画たちが、小さくてささやかでステキな映画に軽く小手先で完全ノックアウトされるのはよくあること。
 
「らくだの涙(The story of the Weeping Camel)」はまさにその典型。


この映画については、もうウダウダといろいろ言うことは、ございません。

ドキュメンタリーベースのたんたんとした映画です。

だから、「ドキュメンタリーベースのたんたんとした映画」が苦手な人は別として、みなさん是非、しみじみオススメです。


俳優を使っているのではなく、実際の遊牧民のファミリーをそのまま撮影したそうです。

らくだも、わざわざいろいろ演技させたのではなく、しぶとく、いい場面が撮れるようにひたすら辛抱してらくだを撮影し続けたらしいです。

たんたんとしているのは、「観客は最初はちょっとこのペースに戸惑うかもしれないけれど、ゴビ砂漠の遊牧民の生活のペースをまず出すためでもある」そうです。

(でも、ぜんぜん退屈じゃないですよ。最初っから画面に釘付けでした)。



難産の末に生んだアルビノ(白子)のらくだの子を無視するおかぁさんラクダ。

どうしていいかわからなくて、ミルクが欲しいし、ママにかまってもらいたくて、困って泣いている白い子ラクダ。

でも、おかぁさんラクダは子ラクダを拒絶したまま。


そこで、「こういう場合には、あれをやらなきゃ」と、ラクダ飼いのファミリーは、音楽家に頼むんです。

やがて音楽家がやってくて、おかぁさんラクダに音楽を聞かせながら、遊牧民ファミリーの女性がラクダを撫でながら歌って聞かせる。



そういう話。

話と言うか、作り話じゃなくて、ドキュメンタリー。


まったくもって、お涙頂戴的な策略はなし。

そんな策略ないのに、なんでしょう、この魂の感動


音楽家が奏でる音色に、不思議そうに耳を傾けるラクダたちの姿も、ホンモノ。


こういう映画見るとね、あーでもないこーでもないとブツブツ言いながら、茶濁して暮らしてる自分がイヤになりますですよ。。。


これは見なきゃわからないと思うけど、「ああ、わたし、アジア人でよかったなぁ」的なことも感じました。

最後にラクダ囲んで「イェーイ!ヒューヒュー!」とかって拍手しちゃったりとか、みんなと抱き合ったりして歓喜とかしちゃわないところね。

果てしなく、どこまでも、普通で自然。ヘタしちゃうとガイジンの方々から「素っ気無い」と誤解されそうなくらい自然な遊牧民の姿。。

アジア人なら、見れば「アジア人でよかった」って思うから。



これ以上は言ってもしょうがないので、是非とも見ると癒されます。

こじらせた魂のひねくれが、見ただけで簡単に治っちゃう映画でした。

つるっと素直になれちゃうよ。

すっごいうまい整体師に、パキっと一瞬で歪み治してもらっちゃう感じ。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2013.02.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/215-855a45fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。