FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
cra2.jpg 

cra1.jpg

ふぅ・・・。

金曜朝からいきなり3泊でタスマニアに行ってました。

いきなりと言っても、もちろん本当に突然行ったわけではなく、何ヶ月も前、半年前くらいにかなり安いチケット買ってあったんです。

でも、年末にフグがインドに里帰りしたり、コジウスコ山小旅行に行ったり、年が明けたり、便秘がまったくよくならなくて全身体調不良でまた病院行ったりとかしているうちに、気がついたらあっという間に半年経ってて、「え!ちょっと待って、来週タスマニアじゃん!?」みたいな。

そんな感じで行ってきましたわ。

「タスマニアに行くなら一週間くらい必要」とよく聞くんだけど、なんとなく分かりました。

意外に広いのよね・・・、ポチっとした小島って気がしてたけど、「北海道よりちょっと小さい」くらいのサイズはある。日本なら「北の大地」とか言われちゃうサイズです。

そのうえ、恐るべき田舎なので道路がそんなにない。「いろんな周り方」とかあまりないし、この辺まったく道路なし、みたいなエリアもけっこうあって、とにかく移動に時間とられます。

しかもオーストラリアだから、なにもかもが17時で閉まっちゃう。なにもかも17時くらいまでには終わるように朝から考えて行動しないと、マジで夕食を食いっぱぐれたりする(町でひとつしか店がなくて、それが17時に閉まる。たいな現象がごく普通のオーストラリアの田舎)


私たちは主にクレイドルマウンテン(Cradle Mountain)に行ったんだけれど、他にちょっと見ようと思っていた東海岸の海あたりは、なんとか行ったものの時間に無理がありましたわ・・・。

ホバートさえ、時間なくてまったく見ませんでした(ぎりぎり、ホバート裏手のMt.Wellington展望台にだけ行った)。

ま、そんなこんなで気が向いたら、クレイドルマウンテンの記事を書こうかと思いますが、気が向かなかったら書かないかもしれません(笑)。


で、火曜の夜遅くの便で帰ってきたんですが。

次の日の朝からまたもや!!!あの化学臭気!


「タスマニア行く前に、天井の換気扇口ふさいだのに!!」と思って、なぜ、なぜなぜ、なぜなぜなぜ・・・・。

どこから!!!!

と、嗅ぎたくないのに鼻クンクンさせて調べたら・・・・・。

そう、うち、バスルームの向かいに物置部屋みたいな小さなストアルームがあるんですよね、洗濯機とか置くための。

そこにも天井に換気扇がついているんです。

そこからだった。まんまと、そこからだった・・・・。

どうせ全部つながっているんでしょ。バスルームふさいだ分、全部、ストアルームのダクトに流れてくるようになったんでしょ。


ってことで、またもや鬼の形相で、イスに乗り、セロテープ片手に塞ぎまくりの刑に処しました。

ああ、首が痛い(天井塞ぐのは至難の技。こんなことがきっかけで、システィーナ礼拝堂の天井にあんなすごい絵を描いたミケランジェロをいきなり敬いたい)。

もうこれで、天井の穴はないはず。はずはずはず。
 
fusagu.jpg 

↑ これ。この天井の!

ちなみに・・・映っている乾燥機は、もともとこの家に付属してたんですけどね、うち、乾燥機なんていらないんです(こんなにも乾燥した土地で乾燥機って冗談のような話・・・)。だから、ビニール袋入れにしてるんです。そう、窓から見えているものはぜんぶ、ビニール袋(笑)。すげー、便利よ。

fusagu2.jpg


わたしね、別に、ほんのちょっとの匂いに目くじらとか立ててんじゃないんですよ。目くじら立てるのって、いかにもオバサンじゃないですか。だから、目くじらとか立てる人になりたくないっていうか。

じゃなくてですよ、ほんとうにそのまんま、本人(つまり下の階)の濃度そのまんまに、空気が流れてくるようなんです。


コメント欄にも「イタリアの建物でも換気扇の働きが大してなくて、下の人が何をランチに作ったかすぐわかります。時々隣の人のうちからのタバコの臭いも、玄関辺りにはぷんぷん漂ってます・・・。何なんでしょう。日本はマンションでも廊下に出ない限り他の家の臭いってそんなに感じないのに・・・涙。」みたいなこと書いていただきましたが、まさに!

日本はもっともっと狭い場所にひしめき合って暮らしてるのに、こんなことはない。きっとちゃんと頭使った設計なんでしょうな。どーせ。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2013.01.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/214-7deb1ac1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。