FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
つい先日、読者の方から

「ぱなったれさんのメルボルンでのアパート経験からお聞きしたいんですが、最上階にいても隣や下の音って聞こえてきます?? 耳栓して寝る生活を変えたいと思いますー!」というコメントを頂き、

「うちは騒音はないです。なぜならば、東西南北のうちの3面はどことも接してないの。新しいフラットに比べると、けっこうスペースが大きいんだけど、北も東も西も壁全面が、あちらは外。さらに、最上階なので上もいない。でも・・・・・そのかわり、冬の寒さがすごかった。これは盲点だったです。多少騒音があっても、両横上下、誰かと壁共有してたほうがダンゼンあったかいはず。5度くらい室温が違いますよ! 」

という返信をしいたばかりなのに・・・・・。


最近、騒音に悩まされています・・・・!

しかも、騒音と、それから、臭害!!!(そういう言葉を作ってみた)。

いつのまにか、真下の住人(うちとまったく同じ間取り)が変わったらしく、今現在、どんな人なのか不明なんだけど。彼らが想像を絶して、迷惑!!

こんなにのどかで、なんにもなーーい場所で、騒音と空気汚染に悩まされるなんて、思ってもみなかった・・・。


①騒音


最初にも書いたけど、うち、2ベッドの賃貸にしてはヘンに床面積が大きい家で、「コ」の字型に建物から突き出てるみたいな部分が全部うちなので、南面以外の壁は全面が「壁の向こうは外」という作り。そのうえ、最上階なので上の住人もいない。

つまり、集合住宅にしては、他の世帯と接する壁がすごく少ないという作り。

そのせいで保温力がまったくなく、冬の寒さが一戸建て並にすごいんだけど、騒音に関しては人から話を聞くたびに「みなさん、タイヘンねーーー」とまるで他人事顔していた。ほとんど「お隣さん」がいない環境なのに、騒音なんてあるわけなかったから。

だけど・・・・・それがアンタ、甘かった。

それは先週。

なにやら、うちの建物の前に小型クレーンみたいなのが数日間続けて登場してて、何してるのかと思ったら、どうやら下の人がクーラーを取り付けている模様。

「どうせすぐに寒くなんのになー、メルボルンなんて・・」なんて思いながら見てたんだけど、工事がどうやら手こずってるらしいわけ。

で、結果的に、クーラーの室外機が大きすぎたのか何なのか、3日もクレーンが出てたにもかかわらず外壁に取り付けることができなかったらしく、でっかい室外機をバルコニーに設置したらしい。

それからですよ・・・。

その人、その後、24時間毎日毎日、クーラーつけっぱなし!

24時間年中無休営業みたいな感じで、つけっぱなし。


いったい何者?この一週間なんて、メルボルン、特に夜は寒いくらいだったですよねぇ?これは、暑いのが好きな私じゃなくとも普通に同意するはず。暑がりさんでさえ、同意してくれるはず!

だけど下の人、まじであれから24時間毎日ずっと、クーラーつけっぱなし。たぶん窓とか締め切って、外の気温なんかに一切触れずに、クーラーの温度設定だけで暮らしてるんじゃないの?

それでね、その音なんだけど、びっくり。

グワーーーーーン・・・・・・というか、ドゥオーーーーーーン・・・・・・・・というか、そういうすごく重低音な感じの、バイブレーション的な低い音がずっとずっとずーーーっと聞こえてて。

で、たまーーに消えるんだけど、でもまた10分とか15分後には始まって、そんな感じでずっと!手に取るようにわかるのよね、温度設定してて、クーラーがついたり消えたりしてるのが。

はっきりいって、最近の夜なんか外の気温は13度とか15度とか17度とかになってて、クーラーの風よりも冷たいと思うんだけど、お構いなしなの。

その騒音なんだけど、「そのくらいいいじゃん」と思うでしょう、みなさん。

それが、そんなもんじゃないですよ!なんか、レンガ造りの壁を伝うからなのか、床の構造がそうなりやすい何かなのか知りませんけどね、クーラーのついたり消えたりで夜中に目が覚めちゃうほどなのよ!

バイブレーション的重低音騒音がずーーーっと、ドゥワーーーーーン・・・・・・・と永遠に。

クーラーは他にもつけてる人いるし、以前の下の人だってつけてたの。だけど、なんの問題もなかった。

でもよく考えたらみんな室外機を壁に取り付けてるのね。今回、これまでと違っているのは、室外機を床(バルコニーの床)にそのまま置いているということ。室外機って、だいたい壁に取り付けてあるけど、その意味は単に「ジャマだから」とかじゃなくて、床を伝う騒音対策のためもあるのかもしれない。

coole.jpg 
これ!!下のバルコニーを覗き込んで撮影。 新品室外機。


テレビも、なにしろ英語でしょ?だから、ちょっとでも聞こえにくいとぜんぜん聞き取とれないんだけど、最近、この重低音のおかげでテレビもよく聞き取れない。思い切り全面的にテレビの音をジャマする感じではないんだけど、なんか、目に見えない何者かに蝕まれる感じでテレビの音までが確実にジャマされている。

健康にも悪そうだよ、こういうの!昼間なんて意識的には忘れていても、下のクーラーが一瞬消えると、「うわ・・・すっごい音だったんだ・・」てのを実感するほど。

なんというのか、頭蓋骨の周りになんとか周波でシールドが張られてるみたいな。

なにに例えたらういいだろう・・・。お隣さんがなんらかの街工場みたいな、そのくらい。

そして夜寝ているときには、ちょっとびっくりするくらい部屋全体がグウオーーーーーーン・・・・・・・と微低音でバイブレートしている

こういうの、絶対、精神にも悪そう!

そもそも、なんなのよ、24時間毎日クーラーつけっぱにしてたら、3ヵ月後に1500ドルとかそれ以上の電気代が来ると思うんだけど?

金持ちか?と一瞬思うんだけど、金持ちならこんなどうでもいい賃貸に住んでないだろうし。


思うんだけど、メルボルン新参者じゃないのかと思う。

メルボルンなんて暑い日は続かず、夏でもだいたいは涼しい。そして、電気代が目ん玉飛び出るくらい高い。ニュースでたびたび取り上げられるくらい電気代が高い。っていうようなメルボルン基本情報すら知らない、来たばっかりの人ではなかろうか。

早く、下の人に「封を開けた途端即死しそうになるあの電気代」が来ちゃえ。

と願っているこの10日ほど。

ああ、これで、犯人はメルボルン初心者じゃな?という私の予想がハズれて、「電気代?そんなの承知、痛くもかゆくもない」みたいな人だったら悔しい・・・。


しかも、これが騒音だけじゃないのよ!この下の住人が及ぼしている予想だにしなかった迷惑がっ。


次回の記事は「臭気」についてです!!


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2013.01.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/211-13407ddc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。