FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
うちは、フグも私も、家族親族がオーストラリアにいない。

そのうえ、フグは大変に人付き合いが悪いときている。

フグは、周囲の人々からひそかに「置物」と呼ばれているほどに、人の輪の中でも自分からはめったにしゃべらない。

そんなフグを気にしないあるタイプの人だけが、フグと長年付き合うことになる、みたいな。

打ち解けるまでに、常軌を逸した時間がかかるのである。「気さくでフレンドリー、気軽なイイやつ」というのと正反対だと言えよう(笑)。 かなり時間をかけてやっと打ち解ければ、長く続くんだけどね。

一方、私もフグに比べればそうとう普通だが、広範囲に友人知人を作るような社交性はない。そして、メルボルンで暮らし始めてまだ日が浅い。

だから、メルボルンにはやはり友達はぜんぜん多くない。ようやくチラホラ数人のでき始めたくらいだ。

そんなこんなである私たち、家族としての知り合いとなると、ほんっっっとうに少ない。

だから、「お呼ばれ」というものがほとんどない(たぶん2年で3回あったかないか・・・)。

そして・・・・・、家に「人を呼ぶ」ということも、異常に少ない。

世界中に嫁に行ったいろんな人のブログを見ていると、みんな、実に日常的にお呼ばれなどをしていて、私は「華やかだなぁ・・」なとと、思いながら見ている次第。


しかし、先週、ある「一家」がうちにやってきた。

今現在、「わざわざ、うちに夕食に呼ぶ」という事態のターゲットになるフグ側の知り合い一家はたったの2家族なのだが、そのうちの一家がとうとううちに来たのであった。

フグのインド時代からの年上の友達で、フグより先にオーストラリアに来た一家。そして、フグに「オーストラリアに来ちゃえばぁ?いいよ~?」とそそのかした人物とその妻、そして息子。


ということで、妻である私は昼間から食事作りに奔走したわけだ。

詳細は省くとして、「セサミチキン、冬瓜としいたけとひき肉の煮物、エビマヨ、プチトマトサラダ、ガーリックライス、チーズケーキ」をこしらえた。


だいたいからして、こういうとき、インド人は本当に面倒

ベジだのなんだのという問題が必ずあるからであーる。


というのもこの一家の場合、この夫がベジでやがるのだ。どうでしょうか、この事態。一人だけがベジなんである。

この日の場合、「夫向けに、豆カレーと野菜カレーは自分で用意して持ってくる」という話だった。

この一家は普段も、夫だけが家族と違う食事をしているらしい。妻は夫だけのためにベジを一品や二品、別に作っているらしいのである。

だけど、「夫のベジ料理だけは自分で用意して持ってくる」からといって、面倒が消えるわけではぜんぜんないところが、私の鼻息の荒いゆえんなのであるが。



それは何かと言うと、インド料理つーのは、とにかく味が濃い。やたらと味が濃い。異常にスパイシーなんである。 臭いも濃い。

どんな料理だって、インド料理と並べば完敗してしまうのだ。

繊細な風味、食感、ほのかな香り、素材の味などなどは、あの下痢ウ○コみたいな見た目の厚かましいグレイビー(=インド料理)に登場されると、サドンデスの運命となる。

もうお分かりだろうけれど、日本料理ほどインド料理とつりあわない料理はないと断言できる。


日本の魅力=subtleなものを認識し、愛でる能力

と言って過言ではないっすよね?

ほのか、ほんのり、最後に喉越しに、かおる、鼻をかすめる、風味、などななどなど。


そこへ、あの厚かましい下痢便(←しつこく言ってみる)の野郎がドカっと登場すると、他の料理は「なにこれ、味つけ忘れたんじゃないの?」みたいなものに成り下がる運命なのである。

インド料理のきっつーーいスパイスの臭いで、鼻もバカになっちゃってさ。

日本の料理なんて、この世に生まれてきてすみません、みたいなことになっちゃうわけ。

存在感抹消の刑ですよ。



と、「その夫だけが食べるんだからいいんじゃないの?」と言われそうだけど、これがまた違うんだ。ベジの人はノンベジが食べれないけれど、ノンベジの人はベジも食べるだろう?

だから、ベジ用の食事も一緒に食卓に並べられてしまう運命にあるのだ。



この日も結局は、一家が持ってきた豆カレーとイモのカレーという名の下痢便が圧勝することとなった。

漂う臭いの時点ですでに、私が用意した料理はこの世に生まれてきたことを恥じ始めていたね。



でもね、経験からどそうなるだろうと分かっていたし、 私の料理能力は実はろくでもないもので、謙遜なしで料理は不得意なので、料理がムダになったことに対する悔しさは実はないのだけれど、

なんというのか、インドに出会ってからというものこの10年あまり感じ続けている、インド人の「感覚のものすごい大雑把さ」というか、「センスというものが存在すらしない様」の壁の圧力にひさびさに見舞われたです。

人んちのディナーに、あの強烈な臭いを放つ見目麗しくない食べ物を持ってくる(つまりパワーの強さで押さえ込む)感覚とかもさぁ・・・。なんというのかねぇ・・・。

人んちにディナーに呼ばれて、いきなりその場で「私はこれしか食べれないから」っていって、七厘でサンマ焼きながら納豆ご飯をズルズル食うところを想像してみてくださいよ、それくらいのことだから。 
 

でも、私、インド料理だけで食べるならインド料理も好きなんだけどね(笑)。


で!!!!!!


なぜわざわざディナーの写真を今から乗っけるかというとだね、見てくださいよ!

おでれーたよ、わたしは。


b.jpg

なんと、一家の妻が来ていたワンピースと私が来ていたワンピースが同じだった!!!のであります・・・。

年末にセールで19ドルだったんですけどね・・・・。彼女も同じように年末に買ったらしい。


何に驚いたかってね、オーストラリアの貧しさに、です。

私、ほんとうに普段、メルボルンで服買わないのです。ショッピング欲を虚勢されてしまったかのように、店を素通りするのが常。

なぜならば、買いたいような服がろくにないうえ、どこへ行っても同じ店しかなく、質はのけぞるほど悪く、そして値段がアホかというほどに高いから。

ヨガのスパッツとか、寒いからとりあえず家で着るフリース買うとか、そういう必需品を覗くと、丸一年で80ドル買うか買わないかかも・・・・(日本でため買いします)。 そのくらい買いません。

でも、たまたま年末に目に入ったこのワンピースを、非常に珍しく、買ったわけです。


つまり、ものすごく異例なことに買ったワンピが、うちにしては非常に珍しい「来客」とかぶってしまったんですよ??

普段から思ってたんです。こんなにも選択肢がなかったら、人にあげるプレゼントとか、買う服とか、みんなかぶっちゃわないのか?って。

半分冗談で思ってたんですけど、冗談じゃなかった。ほんとにかぶった。

すげーわ、オーストラリア。



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2013.01.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/207-b404027c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。