FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
インドに住んでいたとき、たまに日本に一時帰国すると妹などから

くっさーーーーーーっ、インドくさっ!

と必ず言われていた。

早くお風呂入ってきて。
荷物全部、早くあっちの部屋におけば?

とか言われ、

風呂に入ったあとも「まだインド臭い!」と言われ、荷物の何から何までがインド臭がすると言われ、

妹と一緒にスパなどに行くと、裸の私に近寄ってくて、「きみ、全裸でもインド臭いよ?」と言われまでしていた。


私は、「そこまで?大げさじゃん?」と思っていたんだけれど、ある日、インドに戻る日が近づいてきたので荷造りしようと、ひさびさにスーツケースを開けたときに、そこからキョーレツかつ濃厚な「インド臭」が放射されていることを肌身で知った。

もう、日本に戻って3週間経っていたスーツケースである。

それ以来、私もインド臭とやらに一目置くようになった。



インド臭は、インド国土全体の空気にくまなく行き渡っている。

つまり、インドでは空気の基本の臭いがその臭いなのだ、あのキョーレツな。

あの時私は、インドに戻って自分のスーツケースやらをクンクン嗅いでみたけれど、まったくもって無臭であった。

つまり、空気全体が同じ臭いなので、同じ臭いのスーツケースはインドで嗅ぐと無臭なわけである。

あれほど日本で濃厚&独特&比類なき臭気を放っていたスーツケースの臭いが、周囲の空気と同じ臭いなので、無臭に感じると言うことのスゴさに改めて感心したものであった・・・。

それと同時に、鼻の順応性が高すぎることにも感心した。鼻ときたら3分と経たずに慣れてしまうので、その後はそんな臭いであろうと、空気全体に漂っている臭いの場合はそれを「無臭」としてしまうわけだ。

その順応性の高さって、むしろ危険じゃないのか?

そういえば、満員電車などに乗ると、なんとはなしに屁臭いことがあるけれど、あれだって30秒後には忘れてしまう。あれは、30秒経って屁臭さが収まったのではないのかもしれない。

人がたくさん乗ってれば誰かしらが、屁の臭いを補充し続けるだろうからきっと、ずっと屁臭いのかもしれない。鼻が慣れているだけで・・・・・(おお、ジーザス)。



つい最近、ニューデリーの国際空港は、それまでの「11億人の人口を有する国の首都の空港だとはとてもじゃないけれど思えないほど」ショボかった空港に取って代わって、巨大空調システム搭載の超近代的なものに生まれ変わったので、今現在はどの程度か知らないが、

飛行機でデリーに到着し、空港に足を踏み入れた途端、誰でも独特の臭いを感じるのである。

しかし、その後、鼻の野郎のせいですぐに慣れてしまうので、もう分からなくなるのだ。



で、インド臭というのはいったいどういう臭いなのかと言うと・・・・それはきっと文章で表すのは不可能であろう。

それでもあえて、トライしてみると、まずお香。

お香の臭いがかなり混じっていると私は見る。

インド人、朝のプージャ(儀式)を欠かさない家がまだ多い。あの人口密度の濃さで、ほぼ全世帯が一日に一度お香を焚くと、無限に思われる空気もお香臭に染まるものなのだろうか・・・。

インドでは店でもお香を焚くしね。マーケットに朝の開店したばかりの時間に行くと、そこかしこの店でお香を焚いている。

しかし、「お香の臭いなら、インド臭っていい臭いじゃない?」とか思うのは、大大大間違い。

他に、たぶんスパイスや食べ物の臭い、家畜の臭い、家畜たちのあれやこれやの臭い、人間の体臭、排気ガスなどなどが、これでもかというほどにブレンドされている。

それで、いっちょあがり!あの濃厚な臭気が完成するわけであーる。

例えばメルボルンにはインドのグロサリーショップがたくさんある。あそこへ入ってみると、独特の臭気があるでしょ?あれに似たような、もっと濃厚な臭いです。




なぜ突然こんなことを書いているのかと申しますとね、前日、15日ぶりにフグがインドから帰ったら・・・・

くっさーーーーーーーっ!インドくさっ!

空港に迎えにいって、フグが車に入った途端に、嗅ぎ覚えのあるあの臭気がぬぁぁぁぁぁっと来ましたわ。

で、家に帰り荷物を解くと、さらに!

なぜか腕時計とかペンみたいなものまで、嗅いで見るとちゃんとインド臭を放射している。

その後、私たちは小旅行に出かけて、元旦に帰ったんだけれど、帰ってから(つまりフグ帰国後6日目くらい)ふと、フグがインドから買ってきた圧力鍋を嗅いで見たら・・・・・・


まだほのかにインド臭が。 金属だよ?


おそるべし!


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ




関連記事
スポンサーサイト
2013.01.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/205-893a426a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。