FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
kos12.jpg 


2013年!

あけましておめでとうございまーーーす。

一日遅れだけど、日本はまだまだ正月だからいいじゃぁないですか。ねぇ。

こちらオーストラリアは、今日からめさくさ普通の日だけど。フグもさっそく会社に行きました。


インド時代4年間も、「年末年始はやっぱり日本に限るよなー・・・」と思いながら、インドの味気なーーい年末年始を過ごしたもんでした。

風情なんてへったくれもないし、年が明けた感がまるでない正月。一年中、宗教行事で休みばっかり取ってるインド人でさえ、年始は2日から普通に仕事してましたもんね。別にどうってことない日だから、インド人にとっては。

そんな4年を過ごし、よし、今後は日本で正月だ!!と帰国したはずが、なぜかその後オーストラリア送りの刑の処されたわたし。

カーーーーー・・・・・・、味気ないわ、今年の正月も。



昨日はテレビで世界中のカウントダウン花火の中継をひとつひとつ紹介されていたですね。

その中で日本のものだけが、騒がず、花火もあげず、静けさ漂うあの独特の年明けの様子がチラっとうつってました。たしか、浅草の。

わたし、あの日本の年末年始の雰囲気がことのほか好きです。

花火は日本人にとっては、あくまでもお盆周辺のもの。夏が終わるせつない気分で見るものですよね。

私は、日本なんてイヤとか今よりもずっと思っていた若い頃でも、「夏と年末年始だけは日本に限る」と思っていた。

それは今でも変わらず、夏と、年末年始と、浮世の儚さが胸に沁みるお盆の花火だけは、私の永遠の心の日本。


カウントダウン花火なんて、花火と言うよりは、バクハツによる火花っていうか。そんな感じにしか思えません。



つーか。


ところで、よく思うんだけど、なんで世界のほとんどの人って言うのは、セレブレーション=騒ぐなんでしょうかね?

それは年明けに限らず。

何かあれば、とにかく「ハメをはずす⇒騒ぐ⇒大騒ぎ⇒乱痴気騒ぎ」という図式。

サッカー⇒騒ぐ、オリンピック⇒騒ぐ 卒業⇒騒ぐ などなどなどなど。


私は、別にお堅い校長先生風に言っているんでもなく、石頭のナミヘイ的に言っているんでもなくてですね、


ただただ、単に、あの騒ぎについていけない。

人々はなぜそんなにも騒ぎたくなるのか、スキあらば騒ぐのか、素朴に不思議なんです。

私、そんなに簡単に悦に入れないですよ。

普段の日常生活で周りから放っておかれたら、そりゃ私だって寂しいんで誤解しないでいただきたいんですが、騒ぎの中で騒いでない私に関しては、ほんとうに放っておいて欲しい。

例えば、パーティーとか。

普段から仲がいい人とかと、普通モードでパーティーというか集まりするのは好きなんですけれど、知らない人などが大勢入り混じるパーティーとかで、宴がたけなわになってきた頃には、「端っこで座ってる」私をぜひ放っておいてほしいタイプです(というのも、宴がたけなわになる前はまだみんな普通モードなので別に大丈夫なんです)。

ぜひとも、ダンスとかに無理矢理引っ張って行こうとしないでほしい(必ずいるんです)。


と、各国のカウントダウン中継の様子をテレビで見ながら、騒ぎが苦手な私とフグ(この点だけは、思い切り共通している私たち)は、ド田舎町のモーテルでこっそりまったりシャンパン飲んでホっとしながら年を越しました。

そう、モーテル。

私たち、フグがインドから帰ったあと、すぐに国内小旅行に行ってました。

今回は、メルボルン⇒レイクスエントランス(Lakes Entrance)⇒コジウスコ山(Mt.Kosciuszko)⇒ウォードゥンガ(Wodonga)⇒メルボルン

という5泊コース。

最後のウォーゥドンガは、単なる中継地点で寄っただけなんですが、そんなどうでもいい田舎町(ほんとうにどうでもいいオ-ストラリアの典型的な田舎町だった・・・・・)の古びたモーテルで、2013年を迎えてしまったんであります。


小旅行の記事は気が向いたら書くけど・・・、気が向かなかったら書かない可能性も(笑)。


とりあえず、2013年もよろしくお願いしまーーーす!

今年の抱負は、

1.ヨガをサボりすぎない
2.とあるプロジェクトを軌道に乗せる(内容はナイショ)
3.願わくば、滑り込みセーフ妊娠をする

です。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ

関連記事
スポンサーサイト
2013.01.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/203-9a7213e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。