FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
現在、フグがインドにいるってことで、私も久々にインドを思い出しているここ数日。

私の中では「旅行先としては今でもラブ、インド最高」という位置づけのインドであるが、インド人といざ個人的に付き合うにつれて決まって見えてくるなんともイヤな部分。であるからして、私は実は基本インド人嫌い(一応フグは別)。

矛盾していると言われるでしょうが、インド在住者や、インドくされ縁を持つ者なら誰しもうなずくであろう自分の中の「インド好き、インド人嫌いの共存」。私もその典型的な道筋を辿り中なわけです。

もしくは、全体として、集団としては掴みどころのない「なんらかの魅力・魔力」を持つインドなんですが、中に入り、その全体を構成する個人個人と接すると大変につまらない思いをするインド、という感じもいえるかもね。んー、でもやっぱりうまく言えんな、ここらへんのことは。

まぁそれは置いておいて、

だから、フグが一人でインドに帰るにあたっては、「ああ、ひさびさにインドに行きたいなぁ、あの空気の中に身をおきたいなぁ(旅行者心理)」という思いも湧いているのですが、

やはり、いいです。行きたくないです、「夫の里帰りの付属」としては。

あなたの友達はたとえ親友であろうとも、あなたの恋人ではない。というのと同じでね、「~としてなら大好き」というスタンスは十分ありえる、と思います。
 


私は、好きなようにインド全土を旅行者として駆け抜けまくったインド時代を、秘密の玉手箱にしまいました。たまに独りで開けて懐かしめばいいっすよ。最近のわたしの「現実」のインド(つまり夫がインド人であるという状況に付随するあれやこれや)は、なんだかなぁ・・・ですからねぇ(フグについて「なんだかなぁ」と言っているわけじゃぁごわいませんよ)。



ところで、フグの実家エリア(ベンガル)なんですがね、これまたとてもつまらんのですよ。

インドって広大だから、世界の屋根ヒマラヤエリアやチベット文化圏、マハラジャの王宮がたくさんあるまるでアラビアンナイトの世界のような魅惑の砂漠エリア、ポルトガル風情漂うゴアエリア、バリのような雰囲気のケララなど、いろいろなんです。

そんな中で、やっぱり「たまに夫の帰郷にあわせて帰らなきゃいけない」んであれば、ぜひとも妻としては、旅行的にアドレナリン出る度が高いエリアがよかった。

妻にとっては夫の家族なんて家族ではない。冷たいようだけれど少なくとも、「家族=会うとホっとする、気兼ねなく過ごせる、何があってもバカであっても愚かであっても困っていたら助けてあげたい」みたいなものを意味するのであれば、私のとってフグの家族はそれにはまったく当てはまらない。

夫は「実家に帰る」という一大目的があるからいいだろうけれど、ついていくほうとしては、そんな目的ないし、夫の実家にいたってつまらないだけ、息苦しいだけなので、どうせ行かなければならないのなら、せめて旅行的にも楽しいエリアがいいでしょう?妻も「帰郷」の楽しみが少しは得られるから。

だけどね、フグ実家のエリアは、多種多様千差万別いろんな魅力百花繚乱なインド全土の中でも、私が旅行者の目で見て最も「つまらんな」と思うエリアなんでございます。


それは、インド旅行時代(つまりフグなんかに会うずーっとずーっと前)からそう思っていた。

というのも、そのエリアはあえて言えば、もっとも日本に似ているからなんであります。

そう、日本人にとって「エキゾチックさ」「遠いところまでやってきた感」がもっとも乏しいエリアってこと。

え?どういうエリアかって?

それは、稲作地帯


私の実家周辺もね、けっこう田んぼが広がっているエリアなんだけどね、そっくりよ、そっくり。

日本の田んぼが広がる景色から看板などをマイナスして、その代わりに、ところどころに牛やブタを配置し、頭に薪などを乗せたサリーの女性たちを登場させたら、場所によっては見分けがつかないくらい。

で、稲ができるってことは、気候だって似ているわけですよね。似ているっていったって、相手は年中暑いエリアだけど、稲にとって重要なのはたぶん湿度。フグエリアは日本と同じで、とっても湿潤なエリア。そのことがこれまた、景色や雰囲気や空気感を似通わせる。

真夏の梅雨の晴れ間の、あぜ道に無造作に雑草が生い茂ったようなムンっとした田んぼ地帯を思い出してごらんなさいよそれ、ベンガルの田舎と同じだから。

ショナル・ベンガル(黄金のベンガル)なんていってね、稲穂がゆらめくその豊潤な景色がベンガル人の心の故郷なわけです。

だけど、育った環境が「心の故郷」であることは重々理解するし、私も故郷としての日本の田んぼ風景は好きだけどさ、

ベンガル、日本人の旅先としては、ねみーーーー。
写真撮る気もなかなか起きないという。

ben.jpg 
↑ ほら、例えばこんな。やる気ない写真ですみませんね。カメラは調子悪いわ、つまらないわで、ろくに景色の写真撮らなかったんですよ、フグの実家に行ったとき。


たぶんね、西洋人にとっては逆にエキゾチックなんじゃないかね。彼ら、東南アジアとかの稲作地帯の風景、好きでしょ。うわーーー(遠い場所にやってきたー)って思うんでしょ。


今頃、あの稲作地帯の小川のほとり(フグの家の裏には小川が流れている)で、魚のカレーでも食ってるんであろうな、わが夫。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.12.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/196-fc739eeb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。