FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
hada.jpg 


現在フグはインド帰郷中なので、この写真は先週撮ったものなんだが。

その日、ヒゲを剃ったあとに、アゴからけっこうダラーっと流血。

本人曰く「吹き出物が出てたのを忘れて(というか、シェービングフォームに隠れて見えなかったし)、それを思い切りスライスした」のだそう。


それでね、探したら、こんな形の絆創膏があったので貼ったわけ。

だけど・・・・・なにかが若干、必要以上に面白い。

丸い絆創膏というのはたしかに面白いが、それ以上に、なにかがすごく面白い気がしたこのエヅラ。



・・・・・・。

・・・・・分かった。

「肌色」がぜんぜん合ってないよ・・・・・笑。



へぇ旦那、おまいさん、目立たないための「肌色」が、思い切り目立ってますぜ。 まぬけっ。



「肌色」、アンタなかなかやるわね~。いいよ、そのピリっとした辛口。どいつもこいつもへりくだって牙を抜かれた今のねむい世の中にとっては、そのくらいの不遜ぶりが逆にすがすがしいよ。

「デブ」を、さしさわりなく言いたい場合「horizontally challenged(水平方向に試練を受けている人)」と言うそうだけど、肌色よ、君はそんなふうにして魂を抜かれないでくれたまえ。

今後もへりくだることなく、その調子でいってね。(というか、コーカソイド用絆創膏、ネグロイド用絆創膏とかあったら、ウ・ケ・る)。



ところで話のポイントズレるけど、このフグの絆創膏だけど、そういえば日本の絆創膏と比べても白っぽいよね?笑

日本のはもうちょっと茶味が濃い気がする。

わたし、インドではケガしなかったのか、インドの絆創膏の記憶がないなぁ・・・。

インドの絆創膏はどのくらいの色なんだろ。あ、少なくともインドの靴下は、妙な色だったよ(笑)。


サリーとかって基本、裸足で着るものでしょ?裸足とサンダルが基本なわけですよ、インドの各種民族衣装は。

だけど北インドの冬はけっこう冷えるから(とても期間は短いが寒い冬がある)、そのときばかりは女性が靴下履く必要が出てくるわけ。

だけど、サリーだしサンダルだし・・。

そういう事情で、冬になるとインドでは足袋型(先っちょが二股に分かれてる)の靴下が出回るんだけどね、あくまでもパっと見は基本の「裸足&サンダル」に見えたい目的から、

へんな肌色なの、ほんとへんな色よ。

例えば日本だったら、いざ「限りなく肌色に近づけろ」というミッションが生じたならば、試行錯誤してほんとうに裸足に見えるような色を実現するだろうけどね、

しょせんインドだから。

なんだかオレンジっぽい濃い肌色、みたいな色。やっすい昔のおばちゃんのファンデみたいな色っていうか。

そうそうそう!こっちで、女の子がときどき、「日に焼けた色」再現する目的で、やたらオレンジっぽいファンデ塗りたくってることがあるでしょ?たぶん男側には内心、「頼むからそれ、やめてほしい」って思われてそうな、あのファンデ。

あの色!あの色をすくませたような色の足袋靴下が出回るの:笑。
 
でさぁ、しかも質がとても悪いから、履いててもなんだかへんに締りがない感じの見た目でね。そういう不気味色の足袋靴下なんですよ。ある意味、北インドの冬の風物詩だね。

ああ、あのぜんぜん洗練されていない感じ、不思議とちょっと懐かしい(わりと本気:笑)。



ちなみにフグ、もちろんこの絆創膏で外出はしてませんよ(笑)。さすがに。

インド人って、ヘタすると白人くらい白い人もいれば、黒光りするほど黒い人までいて、ぜんぜん一概に言えないんだけど、フグはその中間くらい。いや、ちょっとだけ「より黒い寄り」かも。

シティなどで待ち合わすといつも、人ごみに混ざりながら向こうから来るフグを見て「青黒いなー」と思います。
 

何が言いたいのかよくわからん内容だけど、とりあえずすみませんね、麗しさゼロな写真お見せしちゃって!


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.12.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/192-3be1692b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。