FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「江戸ロマン1:前置き」のつづき


さて、江戸好きなんだけど。

それはやっぱり、江戸時代の最後の最後、幕末時代の写真がわずかに残っている、という点がまず大きい。


「あんなにも昔っぽい時代なのに、実は写真が撮られた時代」ということが、「遠くて近い、近くて遠い」というもどかしさを、あおぐあおぐ。

幕末時代くらいのヨーロッパの写真に比べて、現在との違い度が甚だしいですよね。

ヨーロッパくらいだと、人々の服装、道路の舗装、車か馬車か、以外は現代とそんなに変わらない感じのする写真もよくある(なんせ、石造りの建物は強いというのもあるし)。洋服だってね、あの頃のドレスと今の洋服はやっぱりつながってますよね。

だけど、同じ頃の日本の写真を見ると・・・・、まるで違うワールド

だけど、それがかろうじて写真が撮られた時代なんだよ?ということは、そんなに昔じゃないんだよ?

そういうもどかしさとか、憧れとかが、こう渦巻いて渦巻いて。

だから、幕末写真とか明治の写真見ると、脳内からなにかがジュルっと出るくらいうっとりする。んです。


明治は江戸じゃない、とか屁理屈いわないように。

明治の写真に写ってるひとの多くは江戸時代生まれだし、明治写真の多くはまだまだ濃厚に江戸時代の雰囲気や名残が残っているわけで、それを一滴でも二滴でもいいから感じ取りたくて。

江戸つったって幕末写真以前は写真ないじゃないか、なんていわないように。幕末写真に写ってる老人ともなれば、そこからさらに80年とか昔の人なわけで。

それにね、江戸時代はたしかに長いけど、いわゆる江戸文化が華を咲かせたのは、どっちかっていうと中~後半だよね。写楽が活躍したのは1700年代後半だし、葛飾北斎が生きたのは1800年台だし、やじさんきたさんの東海道中膝栗毛だって、1800年代。


だから私、メルボルン行き荷物の中にも、これら本は重くともしっかり入れました。
 
IMG_1492.jpg 
重いのよ、これら。写真集だから。

IMG_1731.jpg 

↑ 中はたとえばこんな感じです。

たとえば「幕末」とかいうと、司馬遼太郎の「飛ぶが如く」だの「竜馬がゆく」だののイメージがあって、あのへんの小説がやたら好きな男の人って一定量必ずいますよね。

でもわたし、わりとそんなんどうでもいいんです、政治っぽいなにかとか戦術がどうしたとか天皇譲位論がどうのとか。

そんなことどうでもよくて、ひたすら、その時代の人々の普段の暮らし、着てた物、考えてたこと、風俗などなどに興味があるわけですよ。

だから、日本の古写真の中でも特にヨダレが出るのが、女性の写真だよねやっぱり。

例えばこれなんかも、一日うっとり見てられる。
  ↓   ↓
 
http://www.baxleystamps.com/litho/ogawa/ogawa_geysha105.shtml

↑ これに載ってる写真はクリックすると拡大できるんだけど、これ、1895年に浅草で行われた美人コンテスト!



やっぱり日本人はひたすら着物と日本髪が似合うよね・・・って、思わずにはいられない。

たとえば私が持ってる写真集「幕末明治の女たち」では、時代的にペリーの黒船が来たちょっとあとくらいからの時代なわけで、ご婦人が洋服とか西洋ドレスにチャレンジし始めた時代なわけ。

着物だとすごい美人で「ああ、きれいだなぁ・・」って思える人が、ドレス着た途端にみんな「なんじゃ、このブサイクなオバハンは」ってな感じになっている。

たまーーに、洋装が似合ってる人もいたりして、「洋服が似合う人とは」というテーマで考えさせられちゃうんだけど(笑)、やっぱり日本髪と着物ってのはズバリ、私たちの顔カタチに似合うってのがよくわかるわけ。

というか誰でも魅力を持っているとして、日本人の場合、その魅力はやっぱり着物と日本髪のときに一番あぶりだされるんだな、というのが分かる。
 

で、うっとりするくらい可愛らしい彼女たちなんだけど、顔の本体だけ見ると、「あー、いるいる、この顔。普通にいるねぇ、今も。お隣さんにいそうだよ」ってな子ばかり。

そうするとね、ああ、やっぱり実はそんなに昔じゃないんだよなぁという思いが湧いて、またもどかしさに悶えるわけであります。

洋服で定着してしまった現代はやっぱり日本女にとってはハンデだよなー、なんて思ったりね ガイジンはずるい!)。


この本の中には、「明治の令嬢美人コンテスト」も紹介されててね、洋装和装が入り混じってて興味深い。江戸時代が終わったこと、江戸の雰囲気がまだ濃厚なこと、その両方が感じられてね。

ちなみにその明治の令嬢美人コンテストがこれまた、ほんとうにカワイ子ちゃんがいたりするかと思えば、なんでこんなサル顔が?というようなのもいたりして。

現代の美感覚とのギャップを感じると江戸や明治が遠のき、「今いても絶対ド美人!」というような美しい人がいると、江戸や明治が近づいてね。

そうやって、古写真に心をいたぶられるわたし。 


この間は、溝口健二監督の「近松物語」見たんだけど、着物姿の香川京子の常軌を逸した美しさにやられたね。なんでしょうね、あの美しさというか、「日本女性は着物と日本髪に限るのだ」という確信。1952年の映画だし、白黒だけど、メルボルン図書館で借りれるから見てみて。

着物女性の美しさ以外にも、近松門左衛門時代の暮らしとか印刷屋の様子とかが面白いから。

chika.png 
「近松物語」


と、なんだか美人の話になってますが、そうやって江戸時代の雰囲気が少しでも感じたくて、わたしは必死なわけです(笑)。 人々の生活や文化をちょっとでも垣間見たくて。


あ、こんな本も持ってます。

IMG_1728.jpg 
小さい本なんだけど、絵で江戸の人々の暮らしを事細かく楽しく紹介してあるの。

IMG_1729.jpg


IMG_1730.jpg
 
江戸時代のあらゆる職業などが紹介されていて、飽きない。

あと、江戸と言えば「町火消し(つまり消防士軍団)」だけど(博物館で江戸時代の火消しの半纏やノボリを見ると、ウットリで気絶しそうになる)、その火消しについてイラストでこれまた、すごく丁寧に紹介してあってね。

IMG_1733.jpg 
地区ごとに違っていた火消しの半纏とノボリのデザインが全部紹介されている。


それから、私、福沢諭吉の自伝「福翁自伝」も持ってたりするんだけど、あれもやっぱり、開国論がどうのこうのなんてどうでもよくってね、それより、当時の暮らしや雰囲気が垣間見たくて読みました。

あの人、なんというのか写真も普通に残ってるし、娘さん何人かは1960年代!まで生きてるし、いかにも現代にそのままつながっている昔の人のイメージあるけど、なんと!江戸時代が終わったときに既に34歳なわけ。

黒船が来ちゃった時にはすでに思いっきし20歳なわけ。びっくりでしょ?

で、オランダ語まじくそ勉強してたら、いつのまにか時代遅れになってて英語の勉強しなおさなきゃいけなくなったりとかしてたわけ(笑)。

福澤諭吉、真面目そうなイメージあるけど、読むと面白いです。かなーーーりフザけてて。現代と比較すると、ある意味「きわめてゆるかった時代」、本当に面白いね。人間が管理されすぎてなくて、窮屈なモラルに縛られてなくてね。

ユキチ、「ちょいと拝借してやった」みたいなノリで平気で盗みとか働いてるしさ。

火事、エンタメ的に楽しんじゃってるし。すっごい酒ばっか飲んでるし。危ない実験とかやっちゃってね。それで、「女に関してはオレ、すごい真面目。遊び人じゃない」みたいなアピールとかもチラチラ織り交ざってるし(笑)。
 
でね、初めてアメリカに行って絨毯に驚いたり、季節はずれの氷に関心したり、男が普通に家事して奥さんが客と一緒に座ってるといって驚いたり。

何もかも初めてで何もわからなくて、まるで「勝手の分からぬ家に嫁いだ花嫁のような気分」みたいなこと言ってたりしてます。

でさ、この「現代とかろうじてつながってるイメージがある一番昔の人」の一人、福澤諭吉だけど、あの葛飾北斎と生きた時代が20年くらいかぶってるわけですよ。

ね!?ロマンでしょ!!?(オタクの押し付け)。

ところで余談だけど、諭吉ったら1901年に死んだんだけどね(私のひぃおばぁさん「ミヨコさん」が生まれた年よ)、なんと1976年!になってひょんな事情から墓掘り返したら、埋めた場所が偶然うまい具合にミイラができる環境になっていたらしくミイラ化(死蝋化)してて、そのまんま「さっき死んだ」みたいな感じで出てきてしまったのよ。

といっても空気に触れた途端に、化学反応で全身緑色になったそうだけど・・・。


あ、話がそれて、なかなか勘三郎にたどり着かないんだけど。次は杉浦日向子さんの本などの話につづく・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2012.12.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/188-10f5d1f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。