FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この間DVDで見た映画。

「This must be the place」

(邦題は「きっとここが帰る場所」らしいです)。
 
2011年、
アイルランド・イタリア・フランス合作、
監督はパオロ・ソレンティーノ(Paolo Sorentino)


またもや独り孤独にひっそりこっそりハマりました。

なぜ孤独にかっていうと、私のツボにひそっとハマる映画ってのは、フグ的にだいたい「なんじゃ、このクソ映画は!」っていうやつだからでっす(笑)。

でもまぁ、この映画も以前に記事で書いた「Adam's Apples」同様、ヘンにハマるという感じの映画で、

なにがそんなによかったんですか。詳しく説明してください!

とか言われると困るんですがね・・・。


まず、このショーン・ペンの異様な出で立ちを予告で見たときから、すっごい気になっていました。

this must be1


でも映画館で見るっていうオプションはフグに却下されましてね。オーストラリアって映画館で映画見るの、日本ばりに高いんですよ(一人20ドル前後)。

だから、フグには「絶対面白いに違いない映画」か「大画面で見るに限るスペクタクルな派手映画」しか映画館で見ないってポリシーがバッチシありましてね。

先日も私がぜひ見たいと思ってい新しいフランス映画「Intouchables」を映画館で見るのを却下されたばかりであります。

ま、たしかにチケットが20ドルもされるとそうそう映画館で見れないっすよね。しょうがないわ。



なのでようやくDVDで見たわけですが。

ショーン・ペンけっこう好きだし(なんかクセになりませんか?この人)、どうですか、この気になる出で立ち。見るしかないでしょ?

this must be2 

this must be3 


お話はね、昔は超有名なロックスターだった男(シャイアン、つまりショーン・ペンの役)が主人公。 舞台はアイルランド。

彼は今では音楽からも離れ、超引きこもりになって、ボソボソとしゃべりながらトボトボ歩いて邸宅に暮らしてるの。

もうほんっとに、ボソボソとしかしゃべんないんだから。で、たまに口の片側からプフーッって息吹いて、顔にかかった髪の毛をとばすの。
 
そんなシャイアン。

そこに、ずーーっと断絶していた父親が死ぬ。そのことをきっかけに、シャイアンはちょっとした旅に出ざるをえなくなるわけ。それで、まぁ、話が進んでいくんだけれども。


ネタバレになるから書かないっていうのもあるけれど、私としてはツボにハマるに際して、ストーリーはわりとどうでもよかったです。

それよりも、とにもかくにも、このシャイアンの姿がですね、妙にハマっちゃって。


繊細こじらせちゃって、すっかり引きこもっちゃってね。でも、ボソボソっとはたまに口を開くのよね。そんときは、ほんとに正直なことだけ、ボソボソって口にすんのよね。

繊細すぎてか、どこかで人生ヘンになっちゃってか、ちょっと壊れ気味なんだけど、なんというのか、自分の中にある最後の最後のところだけは、傷つけずに自分でなんとか守ってきたって感じ。なの。それで、最後の砦だけはキレイなの。

しかも昨今、人間が「壊れる」といえば、キレる方向ばっかりじゃないですか。だけどシャイアンはですね、吹けば飛びそうな綿毛みたいというか、触っただけで壊れそうなガラスみたいな感じで、攻撃性なんてゼロ。

たぶん。つまり壊れちゃったんじゃなくって、きっとパソコンのフリーズみたいなそんな状態なわけよ、シャイアン。
 
this must be4 

this must be5 

と、ブツブツ言ってても始まらないんですが、とにかくストーリーがどうのっていうよりはとにかく、


はっきりいって私なんだかすっごい癒されちゃったんです、ボソボソしゃべるシャイアンに。

私としては今年見た映画の中で3本の指に入れたい癒し映画でした。


●あと、奥さんがいいんだよねー、これまた。シャイアンの奥さん。あれはいいわ。すっごい男勝りなわけ。かっけーーー。(奥さん役はコーエン映画で定番のフランシス・マクドーマンド Frances McDormandです。適役!)。それでいて、シャイアンの唯一の理解者なの。

●それからこの映画にはトーキング・ヘッズのデイビッド・バーン(David Byrne)本人が登場してて、「This must be the place」(そもそも、この映画の題名はこの曲からとったそうです)を、おっされ~な60年代?70年代?チックな演出で歌っていて、それがまたよかったです。
 
●もちろん私は英語字幕たよって見るわけですが、この映画はシャイアン含め、だれもたくさんしゃべらないし、みんなゆっくりしゃべるので、聞き取りも字幕追うのも、かなり楽でした。字幕があってさえ英語追うのが難しい映画ってよくあるけど、この映画はそういう意味でもオススメ。



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/185-4acfb0b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。