FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日行ったブリスベン小旅行中。


小銭が増えすぎて重いから、減らしたい。サイフに入らない。

何か小銭価格の物を買えっ。


といきなりフグに言われて、

しょうがないから横にあったどうでもいいみやげ物屋で、ハガキ数枚、ガムなどを無意味に買った。


オーストラリアのコインって何であんなに重いんでしょうねぇ。

ほんと、いちいちデカくて重いんですよ。無意味にブ厚いし。



特に、50セント玉!

まじ、デカくて重すぎ。はっきりいって迷惑の領域

まがりなりにもお金だし、塵も積もれば山となるものだってのに、「いらない、早く失くしたい」って確かに思うのよね・・・・あれ。

「そんなこと言ってるからお金貯まらないんだよ~」っておばぁちゃん子とかに言われそうだけど。フン。


それで、しょうがないから買ったハガキがこれらです(他にコアラの写真ハガキとかも買った)。
   ↓    ↓

1.jpg 


別にブリスベン特産とかではなくて(笑)、メルボルンでもどこでも街角で売ってるんですけれどね。

オーストラリアのそこら中にある中国人経営の、「粗悪みやげものを集めて値段を3倍ふかっけてる」みたいな店で。
 
「誰がこんなもん買うんだろう?」っていう品を買ってしまうのが旅行者というヤツなのでありまして・・。


で、これらハガキなんだけど、オーストラリアのスラングを紹介しているハガキです。

ちょっと面白いので、興味ある人は見て。

英語けっこうしゃべれる人には独特さが分かって、興味深いかもね。

男版と女版がありました。

 
2.jpg 


いきなり「ワナカッパ?」って言われても、理解できる自信まずなし。ぜったいわからない。

でも、本当にこんな風に言うか?と思うや否や、街で何度か聞きました。

私がそう言われたわけではないですけれどね。「a cup of tea」のことを「カッパ cuppa」って言っているのを聞いたです。

オージーはそういう風に言う、っていう知識を得て初めてそこだけ聞き取れるようになったというか、耳に入ってくるようになった。

あと、何かのカフェのホームページ見てたら「Why don't you have a cuppa on the shady verandah......日陰のベランダで茶をしばくってどう?」」などと書いてあったり。


3.jpg 
↑ これは男版。

発音も訛って想像してくださいよ。たとえば、「G'day mate」はグッダイ・マイトって感じで。



フグに、「本当にこんな感じでみんなしゃべってんの?」って聞いたら(だって、普段は私ほとんど聞き取れてないんで分からないのですよ)、


たしかに電車の中とかで、こういう感じのセリフは聞こえてくる気がする。

特に、この絵みたいな人とかが(つまり、生粋のオージー=ファーマー系のオージー)。

オフィスでもオージー同士だと、時々こんなこと言っている気がする。



だって。


見てると英語が得意でない身でも、なんとなく「ら、乱暴な感じだね・・」ってのは分かりますよねー。

知らないでいきなり「Get stuffed bitch」(←女版に載ってます)とか言われたら、ビビるよ・・・。こんな風に言われたら嫌われちゃったのかと思うと思う・・(笑)。



オーストラリアでもほとんどオージー訛りがないイギリス英語をしゃべりたがるお上品なインテリの方たちもいれば、

一方で田舎とかファーマーの人ともなると他の英語諸国(アメリカやイギリス)の人にもよく分からないくらいの独特の訛りと言い回しがあるみたいです。

平均して、メルボルンとかシドニーは、その中間くらいだそう。訛りはやっぱりかなりキツいと思いますよ。私、ほんとに何言ってるのかいまだによく分からないもん。


この間もね、あるおじさんに「タェー(厳密に言うとタェーとティーの中間くらいで、どっちかっていうとタェーっていうような感じって言われて、ぜんっぜん分からなくってね。

2回「ソーリー・・・?」って聞きなおして、「タェー、タェー!」って言われながら、カップをすするマネされてやっと「ティー(お茶)」だって分かったの!



「エイ」が「アイ」になるというのはオージー発音として有名だけれど、

私がすごく嫌いでイラつくのが「オー」が「オイ」に聞こえるオージー訛り。

most モイストって聞こえるし、so niceso farソイ・ナイスソイ・ファーって聞こえるし。
 
外人の私に嫌いとか言われても困るだろうけれど、これは単なる感覚的かつ個人的な好き嫌いの話でして、わたし、この「オイ」訛りが嫌い・・・。聞くと5粒くらい鳥肌が立つ。


カンガルーを「ルー Roo」って言っちゃうのはかわいいけどね(何でも単語を短くしちゃうオージー英語)。肉売り場とかカフェのメニューボードにも「Roo Fillet ルー・フィレ」って書いてあるよ。

photo9.jpg 
↑ ほら、「Kangaroo Burger」の下に「ROO FILLET」って。


あと10年くらい経つと、私もオージー英語しゃべるようになってんのかしら??

ティーシャツをティーとか言っちゃって、テレビをテリーとか言っちゃって、ブレックファーストをブレッキーとか言っちゃってさぁ・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.11.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/181-cd0222ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。