FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「まさかの貧血」のつづき


ちなみに、鉄分のサプリメントだけど、わたしが処方されたのは鉄分が100mg(それを一日一粒。つまり一日分の鉄分が100mg)というやつ。

(正確にはEach tablet contains Ferrous Fumarate 310mg--equivalent to elemental iron 100mg)


実を言うとこれがまた盲点でした。


というのもここ3ヶ月くらいずっと私、「一日に必要な鉄分と他の栄養素も含まれてる」っていう葉酸サプリを飲んでたんです。

みんな知ってるとおもうけど、特に高齢で妊娠計画するなら葉酸(folic acid)をサプリで摂り始めたほうがいいって言うでしょ?なるべく障害のない、健康な子供を生むために大切なんだそうで、妊娠の数ヶ月前から飲み始めると効果大なのだそうな。

日本なんて、ちょっと「妊娠がどうの」って雑誌手にとっただけで、葉酸サプリの広告かならず挟まってるもんね。

で、7月に帰国したときに妹に「きみ、ビザ取れたんなら急いで仕込まないといけないんじゃないの?そんなら葉酸サプリ摂りな」って言われたので、さっそく数か月分買って帰ったわけ。

そのサプリがだよ、「葉酸、鉄分、7種のビタミンB群をぎゅっと一粒に♪」っていうやつだったわけ。


だから貧血って言われて二重にびっくり。

え?私、最近はサプリ一応摂ってますけど?鉄分も必要量入ってんですけど?って思って。



でもね、家に帰ってよく見たら、その日本の葉酸サプリに含まれてる鉄分は一日分たったの10mgだったのです・・・。今飲んでる鉄サプリの10分の1!

いやー、そういうことなのねー。

つまりそれって、貧血じゃなくて普通の人向け前提の「一日に必要な量」なわけだよね、あくまでも。


だから、貧血っぽい人は、サプリ選びもけっこう鍵かもですよ。「一日に必要」ってセリフも状況によって解釈がいろいろで、けっこう難しいってことが発覚。

ただし、「毎日100mgって普通のマルチサプリの10倍ですけど、そんなに摂っても大丈夫なんですか?」みたいな疑問も同時に出てくる。

で、今現在摂っている100mgのサプリの説明読んでみたらやっぱり「特別な指示がある場合を覗き、一年以上続けて摂ってはいけない」と書いてあった。

だからやっぱりこのへんは、医者に見てもらって、適切なやつを言われたとおりに摂るのがいいんじゃないかと思われます。


ちなみに、葉酸ですが。今回医者に処方された鉄分サプリにも葉酸が入ってるんだよね・・・。そういえばドクターが「あなたにはこれがいいわよ」って言ってたんだけど、たぶんその意味は「妊娠狙ってんなら、葉酸も一緒にとれるやつがいいわ」ってことだったんだわね。

だから、日本からせっかく持ち込んだ葉酸サプリはとりあえずおあずけ状態。もったえない・・・。でも葉酸、取り過ぎもよくないっていうからさ。




あ、それで子宮頸がん検診だけど。


イヤでしたよーーー
。なんですか、アレ!あのプラスチックの、突っ込んでカっと開く器具。もうほんと、イヤ。

で、そこらへんの組織をちょっとひっかいて取って、調べるんだよね。

先生も眉毛下げながら「イヤなもんだけど、しょうがないのよー。ちょっとガマンしてねー。まったくイヤよねー」みたいな感じで言われながらしたんだけど、先生こそイヤでしょうにね・・・。お若いのに(笑)。スミマセンネ、本当にもう、私なんかのあんな部分を開いてお見せしちゃって・・・。


それで終わった後に、ティッシュ渡されて「ちょっと血が出たから拭いて」とか言われまして。
 
え?血?

だから私、聞いちゃったわけです「血が出るのはダイジョーブなんですか?」と。

したら、「普通は血は出ないけど、ひっかくからちょっと出る場合はあるわね。でもたぶん大丈夫。異常がある場合はたくさん出るから」

みたいなことを言われまして。



たったのこの情報がまたもやトラウマになりましてね、結果が出るまでの5日間くらい、またもやモンモンと暮らしてしまいました・・・。


普通は出ないって言ったね・・・。でも私は出たね・・・。

そうか、なんだ、そういう幕切れか・・。私はきっと子宮頸がんだったのね。きっとそうなのよ。

そういえば、ずっとお腹エリアがおかしいのも、そのせいだわ。思えば、まさに子宮がありそうなエリアが特に調子が悪い気がするわ。なぜ気がつかなかったの!便秘のせいだけじゃなかったのよ!むしろ、幹部が腫れてて、その結果便秘が悪化してたのよ・・。

最近急激に悪化の途をたどっている便秘から推測するに、子宮頸がんはもう、すっかり腫れてしまっていて、きっとヤバい状態なんだわ。

ああ、インドなんかに行ったりして遊びすぎたのよ。その間にも日本の人々は定期的に検診とか受けて真面目に暮らしてたのに、私ったら野放しで生きすぎた。

やっぱりしわ寄せは来るものなのね・・。



てな感じの妄想にさいなまれちゃって。特に夜電気消してから、妄想が本格化。

毎晩、下腹に手当てながら、モンモンとしちゃって。横でイビキかいて寝てるフグとか見ながら、「すまないわね、あなたが引いた妻くじ、ハズレだった模様よ。きっと途中でおさらばしちゃうのよ・・・ヤモメにしちゃうけどごめん」なんて思ったりしてね。

でもだってさ、くどいようだけど、お腹全体の調子が慢性的に悪い私だから、こんな妄想もムリないのよ!本気でモンモンしたんだから!


後日、結果は「問題ナシ」だったんだけど(ズコッ・・・)。

よかったです、問題ナシで。 カミサマありがとう。




ところで、「婦人科で男のドクターはイヤかどうか」トピックに関して、前回の記事でキャンベラのMicchy(ブログ:「キャンベラうんぬんかんぬん」)さんからいただいた下記のコメントなんですけれど。

Micchy「男医者なんて絶対ムリ!だって、考えてみてよ、やる気なくGPにやってきて、どうせテケトーで不細工な医者だろと思ってたらカリフォルニアの空の下が似合いそうな爽やかなオージーの男医者だったらどうするの?そんなのに足観音開きで秘所(!!)をさらすってわけ?ムリ!私帰らせていただきます!ってなる、絶対」


超ウケた・・・!


と、私は想像してみましたわよ。

それで思ったんだけど、カリフォルニアの空の下が似合いそうな爽やかなイケメン医者だったら、意外に大丈夫かも(笑)。

それくらいカラっと爽やかだと、我が身の湿っぽい暗く恥ずかしすぃ場所でなされるデキゴトも、爽やかパワーで「ヘーイ!ハウヤドゥーイン?オーケー、レッミーシー。オーケー、ダン!」とか言いながら、カラっと済ませられそうじゃないですか???

で、あっと言う間に終わって、ふと先生を見ると、スポーツマンらしくパパッとした手さばきでラバー手袋を脱ぎ捨てながら、差し込むキラキラとした太陽の光に金髪が透けたりしてて、真っ白い歯でニコ!っとかされて。

あのちっぽけな恥ずかしいデキゴトなんて、夕方のマリブビーチでサーフボードと一緒に波に漕ぎ出す男にとっちゃ、潮風とともに記憶から消えておしまいヨ。 ザッパーン!(←波の音)。


だけど・・・・次に私、なぜかジョージ・クルーニーで妄想してみたんですけどね、これは恥ずかしいわ・・・。だめだめ、ジョージとかに見られちゃダメ。

ってことで、「男の医者でも平気です」はやっぱり、時と場合によるというか、先生によります。


かっこいい渋めの先生が現れたらヤバいんで、やっぱり女医に限るかも。

でもさぁ、オーストラリアってレズ多いよね。その問題はどうします?



つづくーーー。

次回は子宮と卵巣の超音波検診。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ




関連記事
スポンサーサイト
2012.11.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/175-75c604f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。