FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
このブログ、決して「妊娠がどうの」ってブログにするつもりないし、そこらへんのことをいちいち世間様に大公開するのもナンですよねーぇ。

などと思っていたんですが、いざ何かネタが出てくると、やはり「この情報、もしかして役に立つ?」などと思ってしまい、書きたくなってくるもんですね。

ってことで、実はここ最近もわたしはせっせとGP(つまり医者の窓口)に通っていました。

便秘の一連の顛末は6回にわたるシリーズにて書きましたが(でも便秘が治ったワケではないが)、このたびは妊娠チェック関連で、GPに通っていたわけです。

つまり、妊娠に向けて何か問題がないか、についてのあれやこれやの検査です。


私、以前も何かの記事で書いたとおり、生理は順調に時計のように来るし、生理痛も一般レベルどまりで特別ひどかったりしないので、自分の子宮は多少は老化はしていようとも問題はないであろうと思い込んでいたのでございます。

だから、「ま、一年とか試して妊娠しなかったら、検査でもすっかね?」とノンキに構えていたってわけ。


とーこーろーが~

本人の私がノンキに構えているっていうのに、なぜか最近立て続けに妊娠に関連する情報があちらから私に舞い込みまして、これは「はよ、検査しとけ」という神のお告げか?なんて思ってね。


で、立て続けに舞いこんだ情報ってのは以下。


<生理が順調で、生理痛がひどくなくても子宮筋腫はありえる>


学校が始まる少し前にブログ通じて出会った同年代のとある方(日本人)から、上記の情報をゲット。

なんと彼女は最近、子宮筋腫が発覚して手術したんだという。

でも彼女も、生理関係まったく問題なしで来たんだけど2年くらいたっても妊娠しないから医者行ったら「これは妊娠するわけないねぇ~」って言われて、理由は、子宮がポリープだらけだったんだって。

つまり子宮筋腫。で手術したらしい。子宮筋腫の人って、のた打ち回るくらい生理痛がひどいって聞くけれど、そうじゃなくても筋腫がありえるらしいことが発覚したワケです。

だからね、生理が順調でもトシがトシだと筋腫もありえるから、とりあえずチェックしとくに限るらしい、と思ったわけ。



<排卵は順調にしていても、子宮につながる道筋(卵管??)が詰まってることがある>


これは、去年めでたく43歳で初出産した日本の友人から聞いた話。

彼女も、やはり生理関係スムーズ人生だったんだけど何しろ年齢が年齢なので、すぐにでも子作りしたくって結婚と同時に医者に行ったら、卵巣から子宮への道筋が詰まっていることが分かったらしい。

排卵はしてるんだけど、その卵が子宮に行く通り道が詰まっているので、排卵損です。だから、このまま妊娠目指してもダメっすね。というような状況なのだという。しかもこれ、よくあるんだって。

で、すぐさま治療を開始し、ま、1年後にめでたく子供を授かったってわけ。

彼女も「自覚症状なし」だったところがポイント


■<特に高齢ともなると、栄養が足りてないと妊娠しない>


むしろ、栄養過多など「~の食べすぎ、摂りすぎ」ばかりが叫ばれる昨今、まさか栄養が足りてないかも、なんて事態があるとはツユとも思っていなかった。

ところが、

学校が始まってクラスで出会った韓国人37歳女子が、大きなお腹をしている。妊娠6ヶ月だという。

そこで、早速コーヒーブレイクタイムで、自動的に女子テーブルが妊娠の話題に。ちなみにそこにいた一人はレバノン人30才で既に5人の子持ちの「妊娠のベテラン」。

その韓国人(夫はオージー)によると、彼女は2年半がんばってもいっこうに妊娠しないので医者に行ったら、検査の結果、

カルシウム、鉄、ビタミンDが足りてない ことが発覚したんだそうだ。

それで、医者の言うとおりにそれらを補うタブレットを飲み始めてなんと2ヶ月、すぐに妊娠にこぎつけたそうです。

で、彼女に「だから、あなたも妊娠狙ってんなら早く検査しなさいよ。わたしらの年齢ともなると、栄養足りてないだけで妊娠できないんだからさぁ」と韓国人っぽくおせっかい焼かれまして、わたしもその気に。

レバノン人も、「そうよ、アンタ、人間一個作んなきゃいけないんだから、血が必要なのよ、血が。アイ・ノウ・ウェル。アーイ・ノウ」と頭を振りながら言っておりました。

余談だけどそのレバノン人は、18歳で結婚して11年間で子供5人を生んだということなんだけど、最初の2人は自然分娩で、あとの3人は帝王切開だったそうです。3人帝王切開・・・・・聞いただけでクラクラするわ・・。

彼女「もう、いらない。いい加減にしたい。もう本当にカンベン。毎日クタクタよ。自分の時間が1分もない!」と嘆いてます(笑)。でも、彼女自身10人兄弟なんだそうで、多産の家系なんだそうな。

自分の母親は孫が26人、夫の両親には孫が29人いるって数えてた。で、「一族」の写真見せてもらったけど、はっきりいって、集団写真。幼稚園の2クラス分くらいの子供が一気に映ってました。

すげぇーわ。


と、なぜかまた話が反れてしまったんですが、そんなわけで私はこの3週間で、

GPで問診⇒血液検査&尿検査⇒GPで血液と尿検査の結果を聞き子宮頸がん検査⇒超音波検査⇒GPで子宮頸がん検査と超音波検査の結果を聞く 

と、忙しくしてたのでした。
 
便秘関連の顛末で、「この国ではなんでも時間がかかるので、検査などは早めにしとくに限る。チンタラやってると日が暮れるワ」と思い知ったのも、さっさと検査しとこうと行動にうつした理由のひとつだね。


さ、つづきは次回(わたし、明日から3泊でブリスベン行ってきまーす。6日はメルボルンカップで休日なのよ)。


※あ、今度のGPの医者はとってもいい先生でっす。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2012.11.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/172-1c3bc829
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。