FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近、ブログ更新が滞り気味・・・・。

というのも学校が始まって以来、あまりPC開かないようにしているのであります。

これまでもチラチラと書いたことあるけれど、わたし、PC中毒なところがあって、PC一度開いちゃったら最後、適当なところで閉じれなくなるんです。

だから最近は学校が終わって2時半に家帰ってお昼食べてから、PCなんか開いちゃったら最後なわけです。

もうフグ帰宅まで開きっぱなしになり、それはつまり、それで一日がおしまいってことを意味するのでね、そうなるのは自分でもイヤなので、できるだけPCから遠ざかってるのですよ、最近。

怖いなぁと思うのは、どんなに「さっさといろいろ済ませてすぐにPCを閉じるぞ」って思ってても、一度開くと必ず閉じれなくなってしまうところ。やっぱりこれは、中毒の一種なのか?


とはいうものの、いろいろ用事がたまってきたので、今日とうとうPCを開きました。
 
---------------------------------------------------------------------------------------


さて、うち、週1でグロサリー買出しに近くのアジア街に出かけます。

かなり安い、かなり新鮮、量が自由に選べる(パッケージされてない)、魚と肉の豊富さもスーパーマーケットとは比べ物にならない、周囲にインド食材屋もたくさんある、などなどのおかげで、うち生活はこのアジア街の市場さまさま。

普通のスーパーマーケートでは見かけないものもけっこうあるし。

例えば先月は春のお告げとばかりにソラマメがあったし、そして先日はタケノコ。

しかも、水煮してアクも抜いてある。

飛びついて買いました。


で、まずはタイカレーに入れました。本当はもっと「和」なもの作りたかったんだけど、新しい食材をフグに食べさせるにあたっては、まずは簡単なところ(フグ的に)から入っていかねばならんと思って(フグ、タケノコとは何者か、についてすら知らない)。

タイカレーなら「味が濃いグレイビー」だからフグ好みだし、タケノコも濃い味グレイビーに溺れてどさくさにまぎれる感じで、初体験していただけるということでね。

それで「ほら、ね、おいしいでしょ?」と何度も呪文を唱えて「タケノコ=オッケー」という暗示にかけてしまおうという企み。

といっても、そこらへんのタイ料理屋とかベトナム料理屋のカレーの中にいままでも入ってたと思うんだけど、フグ、あまり気づいてないから。



で、この時にはある意味狙い通り、タケノコが濃い味グレイビーに溺れていたので、あまりよくわからなかったらしく、「まずい」などとは言われませんでした。

ふぅーん・・バンブーシュート・・・まぁいいけど。← フグの感想はこんな感じ。


でも買ったタケノコはまだたっぷり残っていたので、とうとうおととい、念願のタケノコご飯を作ったのです。

刻んだエノキも入れて、昆布ダシで炊いてね。お米も当然、日本米。

炊き上がる前から気絶しそうなほどいい匂いが部屋に漂い始め・・・、アナタ、我ながらヤバいものを作ってしまったと思うほどにうまくできたんです。

もしも山椒の葉などがあってパチっとやったら、料亭の味って言っちゃっていいかも?ウフフフッ、ていうくらいにうまくできたんです。

でね、こんなにうまくできたんだからと思って、いいほうの海苔(うちには2種類の海苔があり、ひとつは安いやつだけど、もうひとつは日本から持ち込んだ風味豊かな貴重な海苔)を刻んでタケノコご飯にかけましてね、


さ、お食べ
(ハート)
と差し出したわけ。


生粋のジャパニースの手による、ホンモノ絶品のタケノコご飯よ、これがホンモノの味よ、とばかりに(写真を撮るのを忘れたのが非常に悔しい・・・)。


ところがフグの反応が鈍い。といっても、この男、妻の料理になにかコメントをするという能力が完全欠落しているので、自ら何かをコメントすることは普段も皆無なんだけどさ。

暑苦しい私はそれにめげず、毎度毎度「で、どう?」「おいしいの?」「どうなのよ?」「ああでしょ?」「こうでしょ?」といちいち、無理矢理コメントを促すのがうちの日常なわけ。

妻の料理にコメント皆無の男ってかなりいかがなものかと思うんだけど、私という妻の暑苦しさもそうとうなものだと思っとります、我ながら。


でもね、その日は「おいしいでしょ?」「まさにこれぞという味になったわ」「これがジャパンの春のトラディッショナルなライス、その名もタケノコライスよ」などと脇から言い続けても、イマイチ反応が鈍い。「うんまぁ・・グッド」とか言っちゃって。


だから私、最後の締めに「実際、どうなのよ、正直にお言いなさいっ(正直に言えや、コノヤロー)」と言ったらば・・・・、

敵はとうとう白状しおった。


「タケノコ以外はおいしい」。


なんですか、それ。

タケノコ以外ってつまり、米粒とエノキのカケラ?そのことですか?そういうのは全部、タケノコご飯の余白部分なんですけど。

ヤツ的に、苦肉の策の返答だったらしい。


でね、タケノコやっぱりダメらしいってことがここで発覚したわけだけれど(こんなによくできたタケノコご飯がおいしいと思わないなんて、ブタに真珠、馬子にも衣装!貴重な「いいほうの海苔」返せ~!)


タケノコの何がダメなわけ?って聞いたらば、こう言ったんです。


バスとかに乗って山道登ってるときに、だんだん吐きそうになってきた頃の味がする


・・・・ 。

えっとー?なに?私の料理をゲボ呼ばわり???とスゴんだらば、


いや違う。ゲボとは言ってない。

それが出る10分くらい前に、なんとなく感じるあの味。



・・・・・・・・・・・・・。



こ、こ、こ、国際結婚すると、いろいろありますなぁ・・・・・(泣)。

「あの味」って言われましても、いまいちよく分からないし、そんな味するかぁ?


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.11.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/171-0b517591
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。