FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

便秘以外で、私を生涯悩ませているもの髪の毛がある。

見てくださいよ、これら写真。

私の幼児時代の写真。これが私のナチュラル髪。

生まれたときには髪の毛がほとんどない赤ちゃんだったんですが、母方の縮毛DNAをこれでもかというほど受け継いだため、伸びるにしたがって髪の毛が勝手に巻きに巻いて収拾がつかなくなっていったのでございます(親・親族談)。

母の父(私の祖父)がすでにそうとうな縮毛だったことは、よく覚えている。彼、昭和元年に生まれたので昭太郎って名前だったんですけどね、よく人から「ショウちゃんは、タダでパーマネントだもんなぁ」とか言われてました。

そう、昭太郎ときたら、まるでパンチパーマあてたみたいな髪だったんですが、自毛だったんです。

母の家系のクセって、フンワリとか、ゆるやかなカールじゃなくて、チキンラーメンみたいな縮れ方なんですよ。黒人の縮れ方ともまた違うんだけど。一番似ているのはインスタントのチキンンラーメン。

shuku.jpg 

↑ バクハツ。

shuku2.jpg 

どーですか、このクルクルの有様。それでも幼児だから髪質がやわらかいし髪の毛傷んでないので、これはこれでガイジン巻き毛のようでかわいいと言えたんですよ。まだ当時は。

shuku3.jpg 

↑ 一歳くらい?ですでに当時のオバサンのパーマネントのよう。サザエさんみたいだよ・・・。

(当時ってさ、女性たちは結婚するとなぜか揃いもそろって、髪短くしてパーマあててなかったっすか?上の写真のような。「結婚したら、娘っ子みたいな身なりはやめるべし」みたいなのがきっとあったんだと思うけど。うちの母含め、よく考えるとあの人たちって、せいぜい20代半ば~後半・・・。ビ・ビ・り・ます)。


shuku4.jpg 

↑ ひとつ前の写真のように、そのままだとただのバクハツ頭でどうにもならないので、当時の私の写真は9割方、このように「ちょんまげ」してます。

髪の毛が巻き巻きしているうえ、頭の上部のほうが下のほうよりデカいという欠陥のせいで、さらに収拾がつかなかったんだそーです(頭の形がきれいだと、髪の毛が自然に下へ下へと降りて、バクハツ頭にはならない)。

それで、頭上部の髪の毛が膨張するあまり、キノコ雲のようになシルエットになってしまうので、チョンマゲするしかなかったんだとか。

shuku5.jpg 

↑ 誰でしょうね、この男の子。分かっているのは、「ケンちゃん」という呼び名のみ。私が2歳になるまで住んでいた団地のお隣さんのコドモだったようです。きっと同い年。今頃どこかで生きてんのかなぁ(笑)。

サラリーマンになってるとか、ヤクザか?とか、いろいろ想像しちゃう。

ケンちゃんは、他にも当時の写真のいろんなシーンに登場してます。お砂場遊びの日とか。

子供を定期的に一緒に遊ばしてたんだから引っ越す時に連絡先くらいメモっときゃいいものをねぇ。でもメールがない時代ってけっこう、あっけなく人の連絡先わかんなくなったものですヨネ・・・。いまとなっては母もいないし、「ケンちゃんって誰だ」度は増す一方。


さて、私の縮毛がいかにホンモノかをお見せしたところで、今現在の苦労なんですが。


ここ10年くらいで知り合った友達はみーーんな私を直毛だと思ってます。むしろ、「ものすごく直毛」だと思っていたりする人もいるくらい。

なぜって私、この10年、縮毛矯正かけ続けているから!

たぶん、縮毛矯正に費やしたお金、この10年で30万円は超してる・・・。私、いつでも貧乏だったので、ほんとーーーにキツかったです、この出費。

毎度、縮毛矯正代を払うのがせいいっぱいで、カットとかカラーにお金をかけられた試しがないので、いつでもとことん同じような髪型で長らく生きてまいりました(笑)。

縮毛矯正って、なぜあんなに高いんでしょうかね・・・。ここ数年で、東京ではかなり安くなったけれど、それでもやっぱり1万7千円は最低でもなにかとかかる(異常なほど安いところでかけるとヒドいことになるのは経験上知っているので、そういうのを避けるとやはり1万5千-1万7千円はかかる)。

それを最低でも半年に一回、できれば4ヶ月に一回はかけないといけません。

矯正かけて3ヶ月目くらいから、発狂しそうなくらい髪の毛が暴走し始めるんですよね・・・で、発狂しながらもヘアアイロンを毎朝駆使してガマンして暮らして一ヶ月、とうとう美容院に駆け込むのがパターン。

縮毛矯正って髪の毛をすごく傷めるうえに、更なるヘアアイロン駆使のせいで、髪の毛の痛みはハンパじゃないですよ。染めてないのに髪の毛茶色いくらい。

それに、よくオデコがヒリヒリしてます。つい、ヘアアイロンがオデコにあたっちゃってねぇ。

髪の毛全体にヘアアイロンあててると日が暮れちゃうので、普段はひたすら帽子着用が基本の私。

私のことを、帽子好きだと思ってる知人友人いっぱいいるんですが、好きとかじゃなくて、必需品なんです。で、普段は帽子で隠れない顔周りの毛だけ、ヘアアイロンかけてるって始末。

だから屋内に入ったり夜になったからって、「帽子脱げば?」とか言われても困るんすよ。


続きまっせーー。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.10.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/167-1252bb7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。