FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まったくもって予想外に便秘の話が長引いてしまったんだが(ほんと、サラっと書くつもりでいたのに6話も書いてしまった・・・)、

その間に実は、AMEPの英語のクラスが始まっていたんであるね。月曜から4日続けて行ってまいりました。金曜は休み。


で、今日はホっとしてるところ。

週4日って、はっきりいってキツい・・・。

ここらへんの発言で早くも、日本で毎日普通に週5日働いている知人友人などの怒りを既に買う私なのであるが。だって、いいじゃん?あなたたち、働いてる分稼いでるんだから。悔しかったら無収入という状況に耐えてみてあそばして。


で、一年半ぶりの世の中デビューで週4日はほんとうにキツかったっす。

といっても一日4時間なので、午後2時には帰宅してるんだけど。でも、すっごい忙しかった・・・。だって夕方5時半とか6時には絶対に夫(フグ)が帰ってきてしまう国なわけですよ、ここ。

家帰ってお昼食べて、ちょっと家事とかやってたらもう3時半とか4時!!するとまもなくフグご帰宅!まもなくって程でもないかもしれないけれど、1時間半とか2時間じゃ、ろくなことできない。

で、フグが帰ってからいつものように過ごしていると、あっという間に寝る時間!


<いつものように過ごす>ってね、うちはこんな感じ。


一緒にチャイ飲んでニュース見ながらダラダラ
↓↓
18時半~19時になると夕食の準備に取り掛かる(ここでフグは週2でエクササイズを始める。エクササイズがない日はネット見たり雑用をしている)
↓↓
だいたいの夕食の準備が終えたら、いったんここで私は風呂に入る(所要時間約30分)。
↓↓
風呂を終えて、「あとは揚げるだけ」にしてある揚げ物をする等の夕食の最後の準備をし、だいたい20時半くらいが夕食。
↓↓
夕食が終わって後片付けなども終わり、次の日のフグの弁当を詰めたりなどし、食後のクッキーなど食べたりしていると、落ち着くのがだいたい21時半前後。
↓↓
ここでDVDが来ていればDVDで映画を見る(月6-8本ペース)。
↓↓
DVDが来ていない日は、フグはいきなり部屋の電気を消してベッドに直行してしまう。まだ寝るわけではないのだが、ネットをいじるんであれ、本を読むんであれ、全部ベッドの上でするのが好きなのだそうで。
↓↓
しかし、ベッドに中では読書もネットもお絵かきも落ち着いてできない私は(まったくもってベッドの上じゃ不可能!)、横においてある小さな机とイスに座って何かをする。
↓↓
23時半、電気消して就寝(DVDがある日でもない日でも、就寝23時半がフグの鉄則)。



そうするとあっという間!!

みなさんは、どんな「いつも」を過ごしてらっしゃるの?


ちなみに、「寝る時間は一緒」とか決めてあるわけではないんですよ。

でも・・・、

私はもともとめっさ夜型タイプで、独身時代は夜中の2時や3時なんて当たり前というか、そのくらいの時間が一番「人生が充実する時間」だった。夜9時過ぎた頃からやっと落ち着けるの。私の人生が佳境に入る時間。

だから、私、野放しにされるとあっという間に「夜中の3時に寝て、朝の10時とか11時に起きる。食べる時間も決まってなくて、腹が減ったら食う」というサイクルに入ってしまうのが目に見えている。

が、しかしこういう生活はイカンじゃろうと実は長らく思っていたのでありまして、いつも心なしか後ろめたかった。

だから、ご結婚を機に、長いこと思う存分満喫してきた夜型ライフをなおそうと思ったわけでありますな。ということでメルボルンに来てからは「夜遅くとも11時半には布団に入り、朝7時15分に起きる」というフグ式ハナマル健康生活に合わせているのです。

でも、そろそろ2年経つけれど、いまだに昼間は何に関しても集中することができない私。意味もなくソワソワする。昼間ずっと家にいるくせして、なにひとつ集中ができずにあっという間にフグの帰宅時間になるっていうパターンを2年も繰り返した。

時々、これがものすごくもったえない気がして、キーッ!となりそうになる。
 
あの、夜9時から夜中の2時くらいまでの黄金の濃密タイム(実にいろいろと集中でき、たいへん楽しい)が懐かしいというか、「時間はあるのに充実タイムが得られない」この状況に、この2年人生をひどく無駄にしているような気がしてならないのであーる。

でもやっぱりとりあえずは、フグに合わせて早寝早起きハナマル健康ライフを続けているけれど。

だって私、曲りなりにも自分と三十ウン年間付き合っているわけで、私が自分のペースで生活しだしたら歯止めが効かないことは容易に想像ができるから。

私たぶん、そうとうオタク体質。ひとたび「我がペース」が放たれてしまったら、毎晩夜な夜な何かに没頭し、本気で他のことがどうでもよくなるだろうことが自分で分かるのである。これって、ケツコン生活破綻街道ではなかろうか。

ましてフグって、ごく当たり前のように「昼型人間」。心身ともにそこらへんが、お病みになってない。 これはオージー全体がそうだけどね。

だからね、そんな生活して結婚生活に亀裂が入ったらヤバいし、「超夜型生活サイクルは若いうちはいいけれど、そんなことしてると自律神経あたりをおかしくして本気で身体に堪えるわー。あー、なんだかダルい」って年齢にもなってきたので、引き続きフグに合わせて早寝早起きハナマル健康ライフを続けているという次第でありますヨ。

で、そこに週4で学校なぞ行くようになったので、さらに時間のやりくりが難しいです。自分の集中タイムが無くて。

て、今週思いました。

超多忙の人が言う「時間のやりくり」とは違う種類だけど、こうも気ままな独身生活を長くしたあとの、共同生活の時間のやりくりがいまだにうまくできません・・・。



学校の感想はと申しますと・・・

かなーーり退屈でございます(これはまた、早くも危険な発言ですねぇ)。

この4日(16時間)で出会った知らない単語、2語のみ。

会話の練習がしたいのに、ほとんど会話の練習がない。

コーヒーブレイクの時間にちょっと他の生徒と話す機会があるけれど、そんなに会話の練習になるわけでは・・・。だって、みんなカタコトの英語なので、カタコトの人同士がしゃべる英語(単語のられつ)でこと済んでしまう。

使っている教材の読み物が簡単すぎてヒマでつらい。


気分転換にはなるけどね。週2くらいがいいなぁ・・・・。
たぶん、退屈であまり役に立ちそうもないから週4日が無駄な気がしちゃうんだよね・・・。

まぁ、もうちょっと様子見てみます。


クラスは15~20人くらいで、半分以上がムスリム。

シリア、エジプト、イラク、イランあたりのムスリムがやたらめったら多い!ムスタファだのファディだのイズマイルだの、「ザ・ムスリム」って名前だらけだよっ(笑)。数えてないけど、たぶん10人以上がそこらへんの国出身のムスリム勢(彼らの妻は、黒いチャドルかぶった人たちであろう)。

あとは、中国人2人、ベトナム人2人、韓国人2人、南インド人1人、日本人1人(私)、セルビア人1人。それから今、歯痛のためにお国に帰っているというコロンビア人がいるらしい。

超派手なベトナム人の女の子(昨日は爪が濃いピンクに黒いドットデザインだった)は、20歳年上のオージーのおっさんが夫だそう。

先生は、かなーり容姿を気にしていない55-60歳くらいと思われる女の先生。



続くかなぁー、AMEP。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.10.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/164-a7b517c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。