FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「腸:GPの七面倒」の続き


さてと、GPの面倒な手はずを乗り越え、次の週にレントゲンの予約を入れたんですが、そういえばGPの不機嫌医者に「とりあえず、レントゲンまでにこれを飲んで少しでもウンを出しておけ」と言われたのがMOVICOLという粉。

これ実は、病院に行こうかどうしようか考えている頃に「メルボルンに便秘専門のいい医者はいないのか?」とネット検索すべく「メルボルン 便秘」でググっていたところ見つけたCOCOさんという人のブログのこの記事で事前に知っていたもの。

私、最初の記事にも書いたとおり便秘薬は極力避けてきたんだけど、世の中には腸刺激タイプの便秘薬(主にハーブなどの成分で腸を刺激するもの)ではない、便秘解消薬剤も存在する。

主にそれらは便の水分量を増やし、便を柔らかくするタイプのもの。副作用もなく、耐性の心配(クセになるにつれて効かなくなる)もないので、安全。

ハーブの刺激はクセになると腸が黒ずみマヒしてしまうという恐れもあるので、私は昔からこっちの軟便剤系を時々飲んでいたので、メルボルンでもそれ系のものはないかと探していたため、COCOさんの記事を読んですぐに分かったのです。あ、これなら便をやわらかくするタイプのものだから、いいかも!と。


だから、GP不機嫌医者に処方箋渡されたときには、既に手元に持っていた(ほら言わんこっちゃない、それほどGPは無駄な二度手間なのじゃ)。

 
写真


ちなみに処方箋を渡されたけど、MOVICOLは処方箋なしでもそこらへんの薬局で買えます。処方箋は、コンセッションカード持ってる人用らしい。低所得者などは、処方箋があると安くなるようです。

値段は30包入りが断然お得で、一番安くて19ドルなんとかセント(約20ドル)。この値段で売ってるのはとりあえず、メルボルンのいろんな場所にある「Chemist Warehouse」のみ。今のところ他だと、安そうなディスカウントストショップでも24ドルなんとかセント(約25ドル)です。

とても安全なもので、飲むと便が水分を吸収しやすくなる(コップ一杯の水に溶いて飲む。まずくない。

※ものすごい便秘の人ははじめは数日間飲み続けないと何も起こりませんよ、ほら、圧縮コンクリ柔らかくするのは大仕事ですから。最初はなんにも起こらなくても飲み続けるべし。


ちなみに、もちろん普通は一日一袋とかでOKのようですが、私は現在一日3袋~4袋飲んでます。これについては、あとで。

成分のひとつが重曹なんだよね、これ。腸内をシュワシュワさせるのかなぁ?(笑)。

-----------------------------------------------------------------------------

ついでにここで私が、日本でときどき利用してた軟便剤の紹介を一応しておきますかね。

<スイマグ>

これはまだ私の便秘がここまでひどくない時代(もう10年前とか・・・)に使ってましたが、ここまで酷くなかったこともあり、効いた効いた。便秘じゃない人が使った場合は、腸がカラになる感じがするくらいかもしれないです。

成分は、水酸化マグネシウムのみ。

ここにあれやこれや説明書くのもなんなので、詳しくはコレ(
クリック)読んでください。

ただしこれ、ものすごいマズい。味があるというわけではないんですが、なんというのか説明し難くキモマズい。液体なんですが鼻つまんで飲んでも、「おえぇっ」となりそうに・・。今でも思い出すだけで何かキモちわるい・・・。ので、どうしても続けられなかった・・。当時貧乏だったし。

ただし、効きますぜ。


<ミルマグ、マリンマグ>

これはスイマグの錠剤版がミルマグ、顆粒状のものがマリンマグ。

なんだ、錠剤や顆粒タイプがあるんだら、そのマズいっていうスイマグを飲まなくたっていいじゃないか?と思うでしょうね。成分も同じだし。

でも・・・・私の経験だとやっぱり効果はスイマグが上なのです・・・。あくまでも私の経験なんですが。でも、ちょっとやそっと試しただけの経験じゃなく、かなり試したあとの確かな経験なんですが。

しかし、スイマグは私にとって挫折するマズさだったためと、液体だと海外生活に持ち込むのに不向きだということもあり、インド時代は日本からマリンマグ(顆粒)持ってってました。


<ラキソベロン>

日本の妊婦さんならみんな知っているらしい液剤。まるで見かけは目薬で、味もにおいもない。コップの水に数的入れて飲むもの。

成分はピコスルファートナトリウムというもの。

妊婦と便秘ってセットですよね。だから妊娠して便秘すると、「妊娠してても安全である」ということで、日本ではたいてい、このラキソベロンを処方されるっていう話。赤ちゃんの便秘にも処方されるもの。それくらい安全。

そんなに安全で、便利で、副作用も耐性もないのなら、なぜ普通に一般便秘薬として市販されてポピュラーにならないんだ?っていう疑問が浮かびますが。どうせなにかの規制とかのせいなんでしょ。いやな世の中。

でも、ラキソベロンは「一般市販薬ではなく医療用医薬品なのでドラッグストアとかで売ってるわけではないが、処方箋が必要というわけではないので薬局で言えば買える」みたいなこともどこかで聞きました。どうなんでしょうね?

これ、効きますよ。私はかなり大量に入れないと効かないので、目薬サイズのこれはあっという間になくなっちゃうけど。持ち運びにも便利で簡単。

私は「処方箋ないと買えない」と思い込んでいたので、たくさん買ってメルボルンに持って来たりとかしてませんが、本当に薬局で普通に買えるなら、次の帰国では絶対買いたい。


<ピコラックス>


ラキソベロンが処方箋なしでは買えない、と思い込んでいたときに、同じ成分の他のものはないかと探していて、見つけたもの。これは錠剤。

でも、やっぱり目薬タイプのラキソベロンのほうが効く気がします・・・。


時系列でとりあえずざっと挙げてみたのでスイマグが一番先にあるけれど、わりと最近知ったラキソベロンさえあれば、スイマグだのマリンマグだの言わなくてもいいんじゃないかって気がします。ラキソベロン手に入れられればいいっすよ。



と、なんか情報系記事になってしまいましたが、次回はレントゲンの話につづく~。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.10.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/161-79d2c6e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。