FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この間、鼻息荒く「フランシス・ヴェベールのコメディが好きなんす!」と勝手に記事でコーフンした私ですが・・・。

今日はこの間DVDで見たデンマーク映画について。

なんかこう書くとね、「パナッタレさんって、単館系映画だけ見るタイプ?」とか思われそうだけど、別にそういうわけじゃーございませんのよ。けっこうまんべんなく見る。

しかし私たちのような、いい歳したカップルってね、こういう事情があるわけです。
↓   ↓ 
   
だいたいのメジャーな映画や有名な映画は、お互い出会う前までに、それぞれ見ちゃってる

っていう事情。


うちはQuickflixっていうオンラインレンタルショップでDVDを定期的にレンタルしてるんだけど、次に見る映画選んでても、

「これは?」「あ、オレ見た」
「オレ、これ見たい」「あ、私それ見た」

ていうのばっか!!!!私たち2人とも、かなり映画見てるの。

それで2人ともまだ見てない映画から選ぶとなると、ずいぶん限られちゃうのね・・・・。しかもお互い趣味違うから、さらに選択肢は限られちゃう。

私はアクション、スリラー、ホラー、戦争物、だいたい嫌いなわけです。だいたい、ピストルがやたら出てくる映画は全部イヤ。だけどフグは戦争物大好きだし、女が主人公のものとか、人間ドラマとか嫌いなわけで。

それで今日は、この間見たDVDがデンマークの「Adam's Apples」っていう映画の話なんだけど。

AdamsA.jpg


これが、実はかなりへんな風に私のツボにはまりまして。

一応コメディカテゴリーなんだけど、そうとうブラック。アハハハハッなんてそんなおめでたい笑いは一切ない。口の端っこで、かなりニヒルにフっと笑っちゃうようなセンスでね。

見ている間からドカンとくるタイプじゃないんですけれど、後からジワジワ効いてくるというか。

イヴァンという神父が出てくるんですが、その彼が思う存分にブラックジョークなキャラでね。最初はやたら前向きな神父さんなんだけど、その前向き過ぎな加減が、映画が進むに従ってブラック味を帯び始める。
 
あと、キリスト教のちょっとした前知識とか、特にヨブ(JOB)記についてちょっとでも知っていると、より楽しめます。一応ヨブ記がテーマらしい。

映画の話はここにいろいろ書くと、ネタバレってやつになっちゃうので書けないけれど、地味かつ後からジワジワ効くようなツネリが欲しい方、かなりオススメです。

この映画、最後はとてもこれまたよかった。

ヘンな風に、妙にハマりました。



ところで、見ている間は気づかなかったんだけど、この神父役やってる俳優がデンマークではかなりの人気のイケメンだという。

マッツ・ミケルセンという俳優(Mads Mikkelsen)。

mads.jpg 

この映画では、そもそも「カッコイイ」って役柄ではないし、途中から鼻が曲がったままになっちゃって(なぜかは映画見てくらさい)、かっこいいことに気づかなかった。

んだけど、後から知って思いました。

あらやだ、ほんとに超イケメン!(しかもそういえば、他の映画でも見たことある顔だな・・)。

見れば見るほどイケメンでね(顔のつくりとかだけでなく、イケメン臭漂いまくり)、しかもアメリカとかオーストラリアなんかにはいない、なんともヨーロッパ的というか貴公子的な。

ウィキペディアによると1987年からずっと結婚したままだけど、こんなイケメンで結婚生活守れるなんてエラいな、とか余計なお世話なことまで思う始末。

それで思ったのであります。

あのブラックジョークキャラな神父も、こういうカッコイイ人がやったからいいんだろうな、と。まったく同じ役でも、そこらへんの庶民的なファーマー臭のする男がやったなら、見るに耐えられんなと。

ということで、映画の話なのか、マッツ・ミケルセンの話なのか分からなくなってきたので、ここらへんで、おいとま致します・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


関連記事
スポンサーサイト
2012.09.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/154-57905994
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。