FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ブログで何度かすでに言っているように、とうとう配偶者ビザが降りた。

自分の中では「セーフッ」って感じ。何がセーフって、もうちょっとで本格的なプチウツ引きこもりになるところだった。本格的なプチウツっていうのは、「ウツからの脱出」とか「引きこもり 国際結婚」とかいうフレーズをググッたりし始めるあたりです(笑)。

配偶者ビザが下りたといっても、実はまだ「やや暫定」という立場。これから2年間、無事にちゃんとホンモノの結婚生活をし、悪いこととかもぜずに生きれば「永住権」の申請資格が発生する。それで永住権を申請して下りれば、ようやくカンペキに安心となるわけ。

ま、でも、やや暫定といってもこれでもう、学校へ行く資格も働く資格も、医療受ける資格も得られたので、いいのだ。

あー、これでやっと社会生活に少しは参加できるようになるのねー。

これまでの生活、はっきりいって、「夫と二人で無人島に住みながら、昼間は夫が本土に仕事に行くので、私は島に一人ぼっち。ヨガのためにちょっと本土に行くけれど誰ともしゃべらない。他の人に会うのは数ヶ月に一度」って感じだったもんね。うん。

ってことで、フグの知人の妻がさっそくフグに「奥さん、やっと働けるようになるわねー」とか言ったらしいんだが、いや、それはまだ・・・。


その前に英語ですよ、英語。


あの記事でも書いたように、移民国家オーストラリアでは、配偶者ビザなどがとれると、510時間の英語の授業をタダで受けられるのだ。AMEP(Adult Migrant English Program 成人移民英語プログラム)ってやつ。


移民?移民っていうと、「私、移民なんかじゃありません。日本人だし、今後もずっと日本人だし、結婚によってなぜかこの国き来ちゃっただけなんで」とか言いたくなるんだけど、

えーと、私のような者だって、移民は移民らしい。

そうか、私、移民なんだ・・・。

学校時代の歴史の教科書とかから植えつけられたイメージからか(?)、日本語の「移民」って言葉って、なぜか私の頭の中では、「自分の国や生活がひどく困窮などして、風呂敷ひとつの荷物で新天地求めてきた人」っていう意味で居座っている・・・。



ま、そんな話は置いておいても、普段は文句ばっかり言わせていただいたいるオーストラリア、こういう制度はなかなかよろしいじゃないですかっ。

しかもこの英語の授業、ちゃんとお金を払って受けている人達もいるわけで、彼らが払っている金額はなんと、1時間12ドル40セントだとか。 ってことは単純計算でも、6324ドルする英語のコースがタダで受けられるってこと。これは、受けとくに限るよね。



AMEPの授業はAMES(AMEPの学校)のほか、大学や地区のコミュニティセンターもAMEP用英語コースを提供していたりする。

その中からメルボルン市内で、私が通えそうな場所をざっと挙げて見たら5校くらいあった(公共の交通機関が信用できないメルボルンでは、東京の感覚で「乗り換え多くなってもいいから、いい学校に行きたい♪」とか、おめでたい気分で選ぶと、ひどいことになる。通い易いロケーションはけっこう鍵)。


●コミュセン

コミュニティーセンター系はボツにした。

一応覗きに行ってみたけど、予想通り。難民っぽい人達(うちのあたりの場合、ほとんどがソマリア?とかエチオピア?とかから来たアフリカ人・・・)が、暗~く、じめっ、ウジャっといるというか。

メルボルンには、住民のほとんどがRefugee(難民)の人達とか生活保護を受けている人達などで占められている、すごく治安が悪そうな集合住宅(政府運営)というのが、そこかしこにあるんだけど、そのコロニーのど真中にあるんだもの、うちの近くのコミュニティセンター。周辺の雰囲気がすでに殺伐としてて、潤いがなくて、すさんでてヘンだし。

やめとく、そんなとこ。


●AMES

うちから通えるかな?というAMESが2件あり、そのうち1件は、シティにある。通うのがちょっと面倒だけど、毎日シティに出れるのは魅力だし、いろんな国(貧乏な国~たまには先進国)のいろんな情況の人(難民、妻、母国ではエリートetc)が来てそうなので、よさそうだなと思った。 やっぱり、いろんな国のいろんな人がいると楽しそう。


●大学など

でも、たぶん私は近くの大学が提供しているAMEP向けコースに行こうかと思う。

そこなら車で通う場所(車だとスムーズだか、公共交通機関だとひどく行きにくい場所)だから交通費かからないし、場所もまぁまぁ「使えるストリート」に近いし、大学だから雰囲気もすさんでなくて若者がたくさんいていい。



ってことで、その大学に2週間後にレベルを判定する面接に行ってくることになった。
 
学校通うの、たーのーしーみー(宿題もたくさん出る模様)。



ちょっと悔しかったのは、その大学のAMEP担当のおばちゃんがいささかおしゃべりすぎで(笑)、さっそく彼女に、「夫がインド人」であることがバレちゃったこと!


おばちゃん「結婚でこっちに来たのに、英語の練習がしたいなんて。御主人とは英語の練習にならないの?」

私「えーと。主人はオーストラリア国籍ではあるんですが、厳密にいうと、オリジナルは違う国の人でして」

おばちゃん「あらそうなのね、というか聞いちゃっていいかしら?どこの方?」

私「イ、インドです・・・」

おばちゃん「んまぁ!そんな日本人始めて!あらやだっ」とかいう具合に、ペラペラペラペラ、話があらぬ方向に行き、

「なぜ出会ったの?んまぁ、じゃ、あなたインドに住んでたってわけ!?(小さい声で→)あんなカオスな国、大変じゃないの?」などなど。。。(笑)、そのへんの話に15分くらいが割かれた・・・。

最後にも「日本人の女性とインド人のダンナって始めて聞いたわー。んまー」とか、やたらこだわれれ・・・・(笑)。


で、「あら、あなた、英語で会話できるじゃないのよ」って言われたんだけど、いやいや、私が発した言葉は「His passport is Australian」とか「He is Indian」とか、そんくらいで、あとはほっとんどおばちゃんが一人芝居みたいにしゃべってただけです。


別にいいんですがぁ、私、「夫がインド人」とかいうあたりの情報、どっちかっていうと最初は閉まっておきたいっていうかぁ(笑)。 いずれバレるのはいいんですが、最初からバレたくないっ!

まるで私が「インドな日本人です」って看板つけてるみたいじゃないのよっ。

私、その看板をはずしたくってはずしたくって、たまらないのに。

看板は普通に「日本人です」で行きたいです~・・。



とにかく!
まずは面接に行ってきまーす。


※パソコンは治ってましぇん。なので、旧パソコンを開いて文字を書き、それをメディアにコピーし、新パソを開いてペーストして書きましたわ・・・・(旧パソはネットに繋がらない)。

関連記事
スポンサーサイト
2012.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/139-797aa894
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。