FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

「とても危険な劇薬なんですよ 前編」のつづき


ということで、ジレンマがあるものの、私はこんな感じでやっている。


<まず、自分がすでに苦手なものはもちろん使わない、買わない>

私の場合、整髪関係のスプレー、香水、におい消し商品、除菌関係のスプレーや液体、制汗スプレー、柔軟剤、各種強力洗浄剤など、「においや強力な汚れ」向けの製品や、「においを定着させるのが目的」な製品は、ほとんどダメである。

これらは化学物質過敏症という言葉を知る前から、なんとなくダメだったんだけれど、今では完全にダメ。頭痛がして(頭の前側中心)、鼻と喉の粘膜が焼ける感じがずっとして、目が痛くなる。一度思い切り嗅いでしまうと、一日中症状が出る。


それから、


<「なくたって生きていくにはこまらないもの」で、化学物質大量なものは、もちろん避ける>


香水とか、制汗スプレーとか、におい消しとか、最たるもの。企業が設けるために存在していて、広告で踊らされるけど、よく考えればまったくいらないではないか!というものが、世の中大量にある。

それに、キョーレツな汚れって、スーパー強力洗浄剤より重曹やクエン酸のほうが落ちる。私、これにはびっくり。洗剤とか作ってる会社って、地獄に落ちるのではないか?と本気で思った。

「なんだよ、重曹が一番落ちんじゃんよ!消費者ダマしてんじゃねぇよ、コラぁ!」って、化学物質過敏症がどうのこうの抜きでも、あれには普通に驚いたよ。

なので、うちには普通の食器洗いとトイレ磨き(どちらも地球を汚さないですマークがあるもの)と、最低限の洗濯洗剤以外は、洗剤の類はゼロ。

シャンプーとリンスも毎日はしないし(髪なんて毎日洗わないっすよ)、できるだけナチュラル素材のものを使っている。産婦人科の先生によると、帝王切開で子宮をあけると羊水からなんとなくシャンプーの臭いがするそうです)

ボディソープもなくて、純石鹸。

つまり、「なくたって生きていくにはこまらないもの」は使わず、一応ないとちょっと困るものは、できるだけ自然っぽいものを使っている。



<建材>

私は建材もかなり苦手。貼ったばかりの壁紙とか、張り替えたばかりの絨毯とか、新品の家具は涙が出てきて、頭痛がして、肌がカサカサピリピリしてきてしまう。ので、改装したばかりの家とか新築物件は避ける私であります(笑)。

メルボルンに来る前にちょっと勤めてた会社が、途中で新築ビルに移転したときにはヤバかった。

肌がピリピリ、頭クラクラで。肌って呼吸してるんだな、ってのが分かったものよ。肌呼吸で空気中に蔓延してる有害物質をとりこんで、血管に行くんですよ。特にピリピリしていたのが唇。粘膜だからだと思うけど。どうせ長く務める気はなかったものの、あと数ヶ月務めてもいい気がしていたけど、予定前に会社やめました。



<バランス>

かといって、何もかも神経質に否定していくと、周囲との摩擦とか、楽しくない人になってしまうとか、自分が窮屈すぎるようになってしまうので、そこらへんの具合は自分で自分と話し合って折り合いをつけることしている。(こういうのは、極めすぎる真面目A型タイプの人は苦手で、私のようないい加減なB型は得意だと思う)。

例えば私は「縮毛矯正」だけは、ちょっとないと困るので、かなり強い化学物質使っているだろうけれど、これは自分で自分と話し合って、例外として許している。

それとか、いくら自分が苦手だからって「その整髪量使わないで」って言える相手と場所はかなり少ない。やり方によっては友達なくすでしょ?言えそうなときには言うし、そうじゃないときにはガマンしたり、その場所を避けるようにしたり、ここらへんのバランスとるのは一番大変です。



<「ないと生きていくのに困るもの」の代表である食べ物に関して>

これは、基本的にあまり気にしないようにしている。

レトルト食品とかカップラーメンのような「ザ・添加物」みたいなものは、基本的に避けるけど、たまには食べるし。食べ物に関して、特にオーストラリアで化学物質や添加物を気にしていたら、はっきりいって普通に生きていけないもん。


「化学物質を減らす世の中作りに貢献しなければならない。自分のためにも、そして、地球の将来のためにも」というモヤモヤがあるし、重度の化学物質過敏症の人からすると、フザケた態度だと思われるのかもしれないけれど、ここらへんは自分でつけた折り合い。

重度の過敏症の人は、ポテチ食べただけで、頭痛や吐き気のほか、イライラしたり突然怒りが爆発しそうになったりするという。わけのわからない化学物質が神経とか精神に及ぼす影響が分かるんだそうで、現代人が突然キレるとか、なぜか自分でもわからないくらいイライラしてしまう原因、人間が攻撃的になった原因は、意外にもそうやってとりこんでいる化学物質の影響が大きいんだと。

だけど、そこまで観察して見ようとしたら、もう普通に日常生活を送れない道に足を踏み入れることになりそうで・・・・。だから基本、さらっとあまり気にせずなんでも食べているし飲んでいる。

あえて言えば、毎日たくさん飲む麦茶とか家で飲むコーヒーなどの飲料のみ、気をつけているくらい。麦茶なんて常に飲んでいるので、安い麦茶だと常に農薬飲んでいることになるんだそう。なので、麦茶は安心なものを大量に日本から持ってきています。 あとは調味料くらいかすら。

とまぁ、こんな感じで、私の生活は、数ヶ月に一度の縮毛矯正以外は、かなりナチュラルなんですが・・・・



つづく 


関連記事
スポンサーサイト
2012.08.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/133-8a16675c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。