FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
とうとうメルボルンへ帰る日となってしまった。
帰りたくなひーーーーーーーーーー。ぐえーーーーっ!
明日の今頃はもうメルボルンにいるはず。あと一時間で家出ます。

無味無臭、始終寒くって、ろくなもんもがなくて、物価が無意味にバカ高くて、食べ物もまずいあんな場所へナゼ帰らなければならんのじゃ・・・と問えば問うほど、「夫がそこにいるからだ」という動かぬ理由に行きつくわけでありまして、フグを思い浮かべながら「あんた、何者・・・」と思わずにはいられませんな(笑:本気=5:5)。

19歳で家を出てからというもの、15回くらいに渡る引っ越しや移動にむしろ疲れ果てた「落ち着かぬ日々(そして引っ越し貧乏)」を送ってきたわたし。

別に引っ越し好きとかいうわけではまったくないんだけれど、結果的にそうやって根無し草的日々を送ってきたわけなので、今ここに来て「別のどこかに引越したりせずに、ある場所に居続けなければならん」というウソのような事実に慣れないというか、何度考えてもびっくりしてしまう。

本当にずっとここにいなきゃいけないというのは、本当にずっとここにいなきゃいけないという意味ですか?というような、ヘンな質問が思い浮かぶし、

「住む場所すら好きに選べないという事柄がこの世にあるだなんて!」ということが、不思議でならないというか、どうにもボー然としてしまう。「へぇー、ほんとにそうなんだー」と。


家族ができるっつーことは、てーへんなことなんですな。

でもさ、こうやって物理的な制約があるっていうのが、この世の醍醐味なんでしょ?死んで魂だけになったら、時間とか場所とか、そういう制約なくなるって話、よく聞く。

であるからしてーぇ、もうこれはーぁ、「しょーがないです」とサラっと行けってことなんですよね、どーせ。

メルボルンには、島流しにあったんだし(笑)。

というか、これって典型的な「自由気ままな独身生活が長すぎた年増女のボヤき(←世間からの冷たい風当たりがめっぽう強い)」ってやつですか。え!?


とにかく、「メルボルンに帰る」ってフレーズだけで、やたら「人生とか」を感じてしまいます。



あ、本当にビザ降りました!
サブクラス309。配偶者ビザ。

これも、なんだか「ふぅーん」という感じ。
なんの感慨もなく・・・「10か月もかかりやがって。チッ!」と思ったくらい。

やっぱり、個人的に欲してたビザってわけじゃないからかも。

おんボロ&定員200%オーバーなボートでアフガニスタンとかからやってきて、クリスマス島付近であっけなく難破して密入国者半分溺死、大悲劇に終わるあのボートピープルたちのニュースを見るにつけ(オーストラリアではこれ関連のニュースが尽きない)、「ほんと、人生いろいろだよなぁ」と思わずにはいられません。

どこかの誰かさんがあんなに欲しがった豪ビザを結局得られずに死ぬかと思えば、「別に私が欲しいってわけじゃないんだけど、結婚とかの成り行き上で必要なんでねぇ・・・」程度の私が豪ビザゲットに漕ぎ付く。

「なんだか私がもらっちゃって悪いわね」なんて、一瞬だけ思うけど、いやいやいや、そーいう考え方はおかしい。

別にオーストラリアビザが万人にとって良きものってわけじゃないんだし、しょうがないじゃないですか、何につけても、人それぞれの状況や事情がある途上で、偶然にもオーストラリアが人生に浮上した者同士っていうだけのことなんだからね。

捨てる神あれば拾う神ありというか、ところによって品変わるというか、隣の芝生は青いというか、なんだか例えがちょっとズレてる気がしますが、

人生って「これさえあれば・・」ってものが必ず一個欠けてたりしてて、その代わり、ほかの人が「これさえあれば」って思いながら持ってないものを、自分は最初から持ってたりとか、そういうもんですよねー。



というのが、ビザゲットに際しての感想というかボヤき。

つーことで、もうすぐ日本を発ちます。


関連記事
スポンサーサイト
2012.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/130-ce50eeab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。