FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
w42.jpg 

------「結婚式顛末11 仏滅結婚のススメ」のつづき-----

色内掛けでのロケフォト撮影を終えると、今度は白無垢。

境内端の「ちょっと建物の裏」的な場所に行ってそこで着替え。この「ちょっと裏のほうで」という感じは、「部活の先輩に体育館の裏に連れ込まれる」感じに、ちょっと似ていた(笑)。

「てめぇ、生意気なんだよっ。この間、昼休みにすれ違ったときに、挨拶しなかっただろ。無視すんじゃねぇよ!」とか言われるかと思ったわ・・・。(って、ウソ。ただの妄想です。あ、でも私の中学時代はほんと、こんなんだった。「耳の上で髪結んでんじゃねぇよ!」とかね。下級生は髪の結び目が耳より下でないといけなかったりしたんでした。おー、こわ)

あ、すみません、話がそれた。

内掛けを脱ぐと、あらまーというくらい軽くなった。内掛けって、ものすごい量の刺繍がしてあるから、すごい重いのね。


 
w43.jpg

そしてとうとう・・・・念願の?綿帽子ってやつをかぶる。

このボワーっと間抜けな巨大な米粒、かぶってみたかったのだね。
バカでかいシャモジみたい。

綿帽子ってほんっと、ただのペラッペラの布なの。八千代ウェディングの方がアイロンかけてました(笑)。

この形を保つには、生地にハリがあるとか、中に細工があるんじゃないかと思ってたけれど、そんなものはなかった。ペラペラの布であった。中の頭がデカいので、かぶるだけでこのシャモジシェイプが保たれるってことらしい。


w44.jpg 

そして、色内掛けの時と同じように、ロケフォトの撮影開始。

色内掛けに比べると、なんだか色が足りなくてあっさり・・・・。

w45.jpg 

ということで、今度は赤い傘の登場。

私の眉毛の両端だけ、ボカシがかかってなくてこわい・・・(笑)。

w46.jpg 

色内掛けの時とは、別の橋で。

傘の赤と橋の赤が、「和」な感じを醸し出している。

一面紅葉か、もしくは一面アジサイだったら、きれいだろうねー。

w47.jpg 

↑ 手に持っているのは、カラフルなぼんぼり玉のようなもの。

やはり白無垢だけだと、ぼんやりしまりがないからか、こういう小道具で差し色を加えるらしい。

w85.jpg 

↑ これは家族の誰かが撮った写真。このようにして、カメラマンさんのアドバイスを聞いていろいろ写真を撮っていった。

白無垢でも、この他、「見つめあい写真」など、いろいろ撮影していただいた。

w48.jpg 

そして、とりあえずはロケフォト終了(あとは、式後に親族全員での集合写真や、白無垢のキメポーズ写真など撮った)。

そこへちょうど、参列者たちが集まってきたので、家族で待合室のある建物に移動。

↑ こういう何気ない光景の家族写真も、なかなかいいよなぁと思った。

香港人、インド人、やもめ、未亡人、ハーフに見えないハーフのベイビーで構成された愛すべきツギハギ一家よ。


w88.jpg
↑ 巨大米粒の後ろはこのような感じ


つまり、妹一家&父&K子さん以外の参列者(つまり家族以外の親族)は、式開始の30分前に集合にしたので、親族の方々はロケフォト撮影は見ていない。

つまりつまり、親族は私の色内掛け姿は写真でしか見ていないのである。「あなたたち、惜しいものを見逃したわね」というわけでもないけれど(笑)、

どちらかなら、だんぜん色内掛けのほうを見ていただきたかった。気がする。これは計算外だったわね~。
 
きっと、用意にぬかりのない花嫁さんだったら、そういう細かいところもちゃーんと考えて計画を立てるのであろう。ちっ!ぬかった。


w86.jpg 

親族に挨拶をする父。

「うちのアイツもなんとか片付くことができまして、いやはや、胸を撫で下ろしております」みたいな(笑)。

w87.jpg 

その他の親族も続々登場(って、全部でたったの8人だけど・・・)。

「おー、とうとう結婚かぁ!とりあえず今日はおめでとうだな」
「ついにパナッタレちゃんも結婚なのね~」

と、妙にみんなの言葉に「とうとう」とか「ついに」とか「やっと」的な枕詞がつくのは気のせいかい?


ようやく出席者全員が集まり、待合室に集まった。


つづく

関連記事
スポンサーサイト
2012.07.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/128-1e28c1d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。