FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

ie04.jpg 

前回までの結婚式顛末話シリーズは小休止ってことで・・・、

えーと、あいかわらず、料理に励むフグ。

特にここ2ヶ月くらいはマイブームらしく、土日は「マダム・フグ」と化している。

ie05.jpg 

これは先週の夕食。

上から向かって時計回りに、アラハルダール(アラハル豆のカレー)、カリフラワーとマッシュルームのサブジ、ニンジンとタマゴのブルジ、じゃがいものポシュト。

このじゃがいもの「ポシュト(Post)」なんだけれど、激ウマ。

フグ料理の中で私がダントツ好きな料理。

ポピーシード(ケシの実)をゴマ擦りの要領で擦ってペーストにし、それでイモをあえてあるの。
インドのベンガル地方の家庭料理の定番。
デリーでは聞いたことも見たこともなかったので、地方料理。

味もマイルドでやさしくて、不思議とこれは和食にも合う(あまりスパイスは使わないからかも)。

他に、オクラでもいいし、オクラ&ジャガイモでもOK。もしくは、パルマルというインドによくあるズッキーニみたいな野菜も定番。


だけど・・・・・・「ブログに載せるからレシピ詳細言って!」って言ったら・・・、

「だめだ。これはシークレットなのだ。流出はさせない」とか言っちゃいやがりまして、フグがっ!!!
 
あんた、何者っ?笑

というか、私のブログ・・・・・せいぜい1日の読者10人とか20人なんですけど・・・。

スキを見て、聞きだせそうだったらそのうち・・・・(笑)。


ie06.jpg 

これは、インドの大衆食の定番中の定番。インド中どこにでもあるし、メルボルンにだって、そこら中にある。フードコートのインドフード店にも、必ずあるほどよ。

ヒヨコ豆のカレー。「チョーレー(Chole)」もしくは、「チョーラー(Chola)」と言う。

しかし、この料理は必ずと言っていいほど「バトゥーラ(Bhature)」という、揚げたナーンみたいなパンと一緒に食べるので、「チョーレー・バトゥーレー(Chole Bhature)」という名でセットで食べるのが普通。

どちらかというと、朝とか昼に軽食扱いで食べることが多い。
ので、道端の露天で食べることが多い屋台食でもある。

たいていインドでは、ジャガイモも入っていることが多いんだけれど、メルボルンのフードコートあたりで食べると、ジャガイモなしの場合がよくある。

あとは、おしんこ的感覚で、必ずマンゴーのアチャール(漬物)がひとかけらと、生タマネギのカケラがつくのがインドでは普通。

マンゴーのアチャールだけど、「マンゴー」の響きからくる甘くてトロピカルな味は皆無で、めっさすっぱくて辛い!熟れてないマンゴーを使うから。

でも、食べ慣れるに従って、「やっぱチョーレー・バトゥーレーには、マンゴーのアチャールとタマネギだよなー」と思うようになるもんなのだね。

日本人が、「やっぱ白いメシに梅干とタクアン、そこにちょっくら焼き魚でも付きゃぁ、言うことないよ」と思うのと同じですな。

メルボルンのレストランなんかでは、気取ってるからか、分かりやすくしてるからか、「Chicpea masala curry」などと書かれていることがあるんだけれど、

チョーレー・バトゥーレーは、日本で言う「おやき」とか「キャベツの焼そば」くらい、庶民くさく屋台な食べ物なんで、すまし顔で召し上がったりとかしないように!


あ、それで今からが今日の本題なんだけどさ。

今日の本題「哀愁」


ie01.jpg 

これ、フグの「冬の足元@家の中」・・・・・。

フグ、基本的に家の中ではノー靴下、かなり寒くても裸足な人なんだが、今年のメルボルンは例年より寒いうえ、今度の家の床がフローリングだからか、さすがに寒いらしい・・。

ということで、最近は家の中でもわりと靴下はいてるフグなんだけど。

どうですかね?この景色。

靴下にビーサン。
ズイっと、靴下を鼻緒(ビーサンでも鼻緒って言うのか?)にメリこませて。


私、この景色に、しみじみ物悲しさを感じてしまいまして・・・・。
いかんとも表現しがたい、えもいわれぬ哀愁が漂っているというか・・(笑)。


ie03.jpg 

これで、ビーサン脱ぐと、しばらく靴下がそのままの形になってるわけ。

もや~っと、ハート型に。

毛玉だらけだし、靴下・・。


ie02.jpg 

出勤前の足景色。

スーツのズボンに、靴下食い込ませビーサン・・・。

ひゅるるるるるるるるるるる~。



ie07.jpg 

かく言う私も、あまりの寒さに、家の中ではこのような足元。

フカフカムートン風ブーツに、
厚手のウールの靴下(無印のよ)に、
厚手のタイツ(つま先まであります、ヘソの上まで隠れます)に、
さらに、裏起毛のズボン。

これでも一度足が冷え切ると、冷え切ったまま。

それくらい、わたくし、寒さに弱い・・・・。

最近はたまに涙が3粒くらい出ます。
あまりに暮らしが寒くて、突然つぶれるの。

最近は、このムートン風ブーツの中のフカフカがペタンとしてきて、フワフワ感が薄れてきたからか、どうにも足が冷えたまま。

そろそろ買い換えようかな~、家用ブーツ。
これ、そこらへんで7ドルくらい(550円くらい?)なのよ:笑


関連記事
スポンサーサイト
2012.07.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/122-503f1f64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。