FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

-------「結婚式顛末8 三波春夫でございます」のつづき---------

w13.jpg
     ↑       ↑
バカ殿メイクが乾き気味になってきた頃、フグの着付けが終わり、また私の着付けが再会された。

メイクはもう終わっていたので、カツラが取り出される。

初めて間近で見たカツラ!すげー、昔の人はこんなもんを自分の髪で結ってたのかっ。

(あ、髪の毛ですが、「半分自分の髪」っていうやり方もできるそうです。私はひどいクセ毛で、生え際がモヤモヤしているので、ぜんぜんそんな気起こりませんでしたが、生え際がきれいな人は、いいのかも)


 
w14.jpg
↑       ↑
カツラを着用。

お、お、お、お、重い!!頭をちょっと傾けるだけで、グラーンとする感じ。

でも「昔のカツラはもっと重かったんですよー。最近のは、これでも軽いんです」だって。

カツラを固定するのに、ピン止めみたいなもん?で、中にある自分の髪の毛に止めるんですが、それが突っ張って痛い。

だんだん痛くなってきて、カツラの重さで背中と肩がパキパキに凝って、式中は脂汗出る思いで発狂寸前だった。実を言っちゃうと。

w15.jpg 
↑       ↑
まずは色内掛けを着るということなので、角隠しをかぶる。

部屋に鏡がなかったので、自分の頭周辺がどんなことになっているのか、もはや、さっぱり分からず・・。

w01.jpg 
↑       ↑
珍しいものを見る目つきで、フグが観察中。

見目麗しいものを見る目つきでは、決してなかった・・・笑。

しかし、それも無理はない。

というのも、私のバカ殿顔! これには家族一同、腹を抱えて大笑い。

紅白の小林幸子かっ!と、妹なんて、腹をよじって笑いをこらえている始末

生肉食いちぎったような口とか言われて(ものすごい赤い口紅をべったり・・)。

w16.jpg
襦袢のまま、頭だけ完成。

w17.jpg
下に着る白い着物を着る。

w18.jpg
引き続き、珍しいものを見る目で、観察中のフグ。

w19.jpg
だんだん、らしくなってきたぞ。

w20.jpg
ここで一度、帯を巻かれる。

w21.jpg 
中身完成!

やっと分かったけれど、この「中身」は、色内掛けと白無垢の両方に共通する中身で、このあとは、色内掛けを羽織るか、白いのを羽織って白無垢となるか、なのだ。

w22.jpg 

とうとう、色内掛け登場!

この色内掛け、適当に選びました(笑)。

メルボルンにいたから、「実物見て選ぶ」なんて、まず無理だった。だから、送っていただいた写真の中から選んだんだけれど、その頃、私の旧パソコンがすでに瀕死状態で、添付してもらった写真も満足に見れず。

細部まで分かるよう、できるだけ大きい写真を送ってくれているのだろうけれど、開こうとするとフリーズ、みたいな。

サムネイルだけ見て、なんとかパっと見で気になるものを選んだという程のいい加減さだった。

でも・・・・だってどれもこれも等しく豪華絢爛で、等しく魅力的だったんだもん。だから、いい意味でけっこうなんでもよかった。

それに、写真に残すのが目的なんだから、「パっと見」の印象が一番大事。それって、サムネイルで分かる印象がポイントってことでしょ?

オレンジ味は嫌いだし、ムラサキだと「年増っぽい」って言われる気がしたのと、お坊さんみたいな気がしたのでやめた。

黒系は、美魔女な和風クーガー路線的によかったけど、自分の年齢をすっかり棚に上げて「やはり新婦にはかわいげというものが必要だろうな。ムフフ」などと考え、一応遠慮しておいた(笑)。

ので、遠目に見てわずかにピンク味のある赤を選んだ。何を隠そう、私、こう見えて(どう見えて?)、好きな色はピンク。だからピンク系の色内掛けがあればそれを選んだろうけれど、それはなかった。

図柄も、牡丹でも鶴でも、どれもこれも等しくめでたそうなので、何でもよかったんだけれど、結果的に鶴になった。



pink.jpg ←例えばこんなようなピンクがあれば選んだな。


w23.jpg 

そんなわけで、いいかげんな気分だったわけではないにも関わらず、全部ステキだったためにどれでもよくなり、適当に選んだ色内掛けであったが、たいへん気に入った。

たぶん、どれを着てもたいへん気に入ったであろうけれど(笑)。

ピンクがあればそれがよかったとか言ったものの、あとから写真を見ると、やっぱり花嫁は赤だな!とも思ったし。存在感が違うし、神社にも赤のほうが映える。


w24.jpg 
角隠しの後頭部って、こうなってるのねー。

色内掛けも、重さにびっくり。ズシっと来た。


w25.jpg 
↑       ↑

とうとう、二人の着付け完了!

二人して並んで、鏡に見入る(この向こうに洗面所があり、鏡がある)。

私はこの時、初めて自分の姿を見た。


w26.jpg 
   ↑          ↑
ほぅら、どことなくピンクの箇所があって、鶴も舞いつつ、ハナも散らばってていいでしょ~?オクサンッ。

我ながら、御成婚まことにおめでとうございます! って感じだわね~。



つづく

関連記事
スポンサーサイト
2012.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/120-165ccbda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。