FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
結局、あれからもダラダラして、昨日やっと10日以上ぶりにヨガに行き、今日も行って来た。

やっぱり行くと体がすっきりしてよろしいね~。


なんだけれど、


今日は・・・・すごい景色を見てしまった。


ヨガやりながら周りを見渡して、「さすがガイジンだよね」っていつも思う点が、みんなの出で立ちなんだけれど。

極小ミニパンツの人がすごく多い。ホットパンツとか言うんだっけ??ほとんど下着のパンツとカバー範囲が違わないくらいの、小さいパンツ。

h1.jpg 
↑ こういう、ちっさいパンツでヨガ。


ヨガってけっこう足開いたり足あげたりするのに、よく履くよねーって思う。それに、モモの付け根から思いきり足丸出しでしょ?素肌部分が多いと汗で滑って、いろいろやりにくいポーズあると思うんだけどさぁ。

でも依然として、彼女たちはホットパンツなわけ。スタイルに自信がある人だけじゃないよ。普通のブヨブヨの人とか、おばさん化が進んでる人とかも、何食わぬ顔してさらけ出してらっしゃる。

aiu.jpg 
↑ 半分以上の人は、こんな感じの出で立ち


でもね、ホットパンツと言っても、パッチパチの肌に密着する感じのものならまだいいんだけど、困るのはブカブカしたようなやつ履いてる人。

h2.jpg
↑ 
こんな感じの、ブカブカしてるのにやたら短いパンツ。こういうのは、ホットパンツと言わずにショートパンツというのか・・?


で、今日、私の斜め前方1メートルくらいのところに、ブカブカしてるくせしてやたら短いタイプのパンツはいている、ブヨブヨした人がいたの。おん歳35歳くらいでしょうかね、毛は栗色。

そしてその人が、このポーズ(下図)をやった時にですね・・・

Na.jpg 

ちょっともうやだ、見えすぎ! (私はナナメ後方にいる)。


だって、この人下着はいてないの!!
ナゼ?ナゼですか?

足にもカールしてフワフワしてるような風合いの毛がたくさん生えてる人なんだけど、その毛がそのままショートパンツの奥へ続いてて、それで足あげてる間の1分間、ガバっとしたそのショートパンツの片側から、その奥地の領土までさらっと公開。


普通はね、ブカブカしたようなやつ履いてる人だって、その下に下着のパンツ履いてるから、最後のところで、やっぱりなんとかなるの。

見えそうで見えないものなの。最後の砦んところに、下着のパンツが登場して、大奥は隠れてらっしゃるの(下着のパンツなら見せていいってわけでもないと思うとはいえ)。

私もすっかりそのつもりでいたから、油断してた。最後んところまでは見えないだろうと。

だけど・・・・テーブルの上にリンゴがありますくらいの普通さ加減で、足の毛が続く向こう側には森があります的に、そんなものが見えていて・・。

「髪の毛が栗色の人は、足の毛も栗色で、そして、かのエリアの毛もやっぱり栗色なんだね」とか、くだらんことまで思いながら、ドギマギ。

だけど当の本人、気づいていないし、それどころか超真剣なまなざしで、さらに足を上げようとがんばってる(教室の前面は壁一面鏡なので、誰かの後ろにいる場合、その人の後ろも見えるし、鏡に映った正面も見える)。


だけど、それでもまだよかった。


正真正銘の最後の砦がまだ奥に隠れているなんて、考えていなかったんだけど、この後に、ホンモノの最後の砦を大公開されて、キョーレツ。

それは、レッスンも終わりに近づいた頃にやったこのポーズ(下図)の時。

da.jpg 

その人、ブカブカ系ショートパンツのサイズが合っていないとかではないんだろうけれど、本人がブヨブヨしてるからか、なんかこう、そのショートパンツの収まりが悪いようで、

いきなりこのポーズんときに、ショートパンツのセンターラインが思い切りズレていて・・・、そのうえ、間口がガバっとしてるでしょ?


だからか、栗色の毛に包まれた具が!

がそのままに、そのままの姿で・・!私のナナメ前方1メートル目の前にあられもなく大登場!


ああ、なんという言葉を使えば、清く正しい当ブログの品が保たれるのかしら?

秘密の花園の真中に座ってるツボミ? こう言えばいいの? あ、女版の秘宝


銭湯とか行ったって、そりゃみんなすっ裸だし、あのへんの毛だって丸見えだけれど、あのエリアというのは服を全部脱いだとしても実にうまい具合に、最後の砦もしくは花園のクライマックスは見えないようになっているじゃないですか。普通。

銭湯でいきなり、アクロバット的なことしない限りは。

だから私たぶん、人様(女性)の具をこんなにまる見たの、初めてなんだと思うわけ・・・。


人体のいっちばん見えにくい部分に姿を隠してて、さらに、周囲に毛を生やすまでして身を潜めている恥ずかしがりやさんのアレを、いきなり朝から、ご開帳すんなよ!!


しかも時間にして30秒(このポーズは30秒耐える)ご開帳しっぱなし!


私、この景色がまさか、そこらへんの男に見えてやしないかと、お堅い女校長的にハラハラして、見えてそうな範囲を見渡しちゃったよ(幸いなことに、いや、男にとっては残念なことである可能性も高いのだが、とにかく男は周囲にいなかった)。

でも、その時に、私のすぐ隣にいたベトナム系の女の子にはやはり同じように見えていたらしく、思わず2人で「うわっ・・・キョーレツダヨネ・・」と顔を見合わせちゃった。

彼女と私は、「禁じられたファラオの墓を一緒に空けちゃっって、一緒に秘密知っちゃった仲間」くらいの親近感を覚え合ったわ。 なんだか例えがよく分からないけど(笑)。


実話ですから!

もうさー、もうちょっとちゃんと閉まっておいてくんないかなー、具は。

普段からして、下着のパンツが見えるのも(←これは日常)、いかがかと思うのにさー(だって、やっぱり境界線付近の毛が見えたりはするから)。

というか、ナゼ下着はかない?
普通、スースーしたりして、公開状態に気づかない??




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



関連記事
スポンサーサイト
2012.07.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/114-2321131a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。