FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
------「結婚式顛末5 神社決定とサヨナラ私のセイシュン」のつづき------


さて、めでたく神社も決まり、その後に会食するレストランも決め、出席者に連絡して出欠の確認をし、招待状を出し・・・・と、怒涛の2ヶ月がすぎたのであるが、

その間に同時進行で、ついでに日本で申請する配偶者ビザの申請書類の用意もしながら、さらに3ヶ月探し続けていた家がとうとう決まったりもして、荷造り&引越しまでしているうちに、あっという間に日本へ行く日になった(我ながら、よくもやったぞ、ほんとーに)。

レストランは、レストラン探しに始まり、やっと決まったところで、今度はレストランの人とパーティーの内容に関するやり取りのメールを果てしなくすることになり、アナタ、本当にいやになりましたよ。こういう「事務的メールやり取り作業」って、私、世界一嫌いなのっ。発狂しそうになったよ。


招待状は、うちの親族全員、形式なんてどーでもいいって人ばかりなので、改まったものの替わりに「フグの紹介」みたいなものを作成。

「なんかよくわからんけど、インド人らしいに(遠州弁)」
「たぶん色ん黒いら(遠州弁)」


くらいしか伝わってなかったので、フグの出身地とか趣味とか仕事とか、インド人なのにオーストラリアにいるいきさつとか、そこらへんをかいつまんで説明したインドマップ付招待状(笑)。もしくは、「よくあるQ&Aに先手を打つ」作戦目的のカードね。

さもないと

「インドっていっても広いら。インドのどこ出身かもよくわからんもんで、ちょっと誰か地図で説明してくれないかやぁ(遠州弁)」
「インドって、はぁ、あの辺だに。ねぇ、パナッタレちゃん、あの辺だら?」(遠州弁)
「バングラディッシュの人なら仕事で会ってるけど、インドって意外に知らんもんで。やっぱカレーばっか食べるだ?(遠州弁)」

みたいなことになるからね。


それで、目まぐるしすぎてフルマラソン終えた人みたいに、ぜぇぜぇしながら、引っ越して2週間経たずに私がまず先に日本へ経った。


実を言うと、この頃 。。。


2つ以上のことを同時進行するということができない典型的男脳のフグが、①日本の結婚式用意、②家探しと引越し、③ビザ申請書類の用意の3案件同時進行状態のこの数ヶ月の間、ブチ切れまくりで、常にイライラピリピリしていた。

超仕切り屋体質のフグ(←この記事参照)が、うまく仕切れない形で物事が進行していることも、余計にフグをイラ立たせた。

特に、部屋探しと引越しについては、完全に私のせいにされていたので(フグは乗り気じゃないのに、私がワガママで無理矢理やっているという風に)、

メルボルンでの結婚式前の7月あたりから、この10月の私の日本帰国までの期間は、私たちの関係は思い出すのもゾっとするほど、実は冷え切っていた・・・。


ひどいケンカを繰り返し、一度は、「もう結婚やめた」って私は本気で考え、家の物を投げて壊して、自分で描いて飾ってた絵をビリビリに破いて撒き散らし、「悪いけど帰国資金貸してください。インド人じゃないんで、ちゃんと返しますんで!!」とか叫びながら夜中に家出までしたんだけど、当たり前だけどメルボルンのどこにも家出先がなくて、絶望したことまであった・・。

数時間歩き回り、冬だったので体が冷え切ったし、行く場所がなかったので、家に戻ったんだったなぁ・・(涙)。この時私は、結婚するならもう本当にここには他に逃げる場所すらないし、頼れる人は他に誰もいないんだと思い知った。


zo02.jpg zo01.jpg
↑ 怒り心頭のあまりビリビリに裂いたゾウさんの絵(泣)。なかなかかわいいでしょ?ビリビリのままずっと放置してあったんだけど、ある日、拾って右写真のようにして、トイレに飾りました。裂け目見えたまま額縁に・・・。他の部分はビリビリすぎて無理だった(笑)。


しかし、この荒波期をなんとか乗り切り、どうなるかと思いながら私は一足先に日本に帰ったのであったね。

ふぅ

この頃のフグは、そのほか諸々の事情もあり(インド側の家族と私のイヤ~なイザコザとかあるんですよ・・・・)、完全に私に対して不信状態に陥っていて、ほんと、わたくしもしんどかったざます。実際、数キロ痩せたし。 私のほうもインド側問題に関しては、一歩だって譲る気はさらさらなく、完全にお互いの心、凍結状態。
 
メルボルンの結婚儀式の写真も、笑っているけれど、実は朝から最悪険悪ムードだった。写真を撮ってくれる知人や、参列者のために笑っていた。

周りに家族や親族もいなくて、自分達だけで結婚するってこういうことだった。参列者程度の人は内情までは知らない距離。でもそこに家族でもいれば、さすがに異変に気づくだろう。そして、なにか助け舟出したりアドバイスをしてくれたり、我に返らせてくれたり、気をそらしたりしてくれるんだろう。でも、お互いそんな存在は周りにいないので、泥沼にハマればそのままドツボだった。

会場までタクシーで行ったけれど、ウェディング風ドレス&スーツで、「いまから結婚します的状況」満載のカップルが、一言も会話をせずに固まって後部座席に座っていて、タクシー運転手もさぞかし寒かったに違いない・・・。


それでワタシは一足先に、空気冷え切ったまま日本帰国したのだった。だから私より1週間遅れで日本に来たフグを成田空港に迎えに行った時には、わたしゃもう、かなりドキドキハラハラだった。


でも、成田空港に現れたフグはすっかり普通に戻っていて、ようやく私たちの結婚生活は前進し始めたのだった。

私がいない間、フグもやっと落ち着いて頭の整理ができたってことだったみたい。それか、私がいなくなって私の存在の貴重さに気づいたとかぁ(←独断的超ポジティブ解釈も2割くらい 混ぜるオレ)。


とりあえず、最初の峠は乗り越えたけれど、

長い人生、今後もいろいろあるだろうと思うと、「ストレスに弱くて、一度にひとつのことしか出来なさ過ぎて、妻を含め他人を信じないクセのある仕切り屋体質の夫」のコントロール方法をもっと上手に習得していきたいものだと、新妻は思ったのでありました。

ヒマな時にはヒマだけど、人生って何かあると、突然てんやわんやにならざるを得ないことって多々あるでしょ?そん時に、夫がこんなんだから今後は一度にひとつのことしかしません、なんて風にはやっぱり思えない。 後からものすごいいろんなシワ寄せがきて、絶対後悔するってこと、目に見えるし。

あの時、「がんばって平行して部屋探し」してなくて、フグ流に「ビザや諸々が落ち着いてから」とかやってたら、きっと今でもあの心底ミジメな暮らし(←クリック)してたと思う・・。うわ、想像するだけでゾっ!


とにかく、

私にとっては、この数ヶ月でとにかく一番大変だったのは、結婚の用意でも、ビザの準備でも、引越しでもなく、「結婚生活の舵取り(転覆まではしないように)」と、「(他に誰もいないから)自分で自分をなだめて、なんとか自力で自分を保つこと」でした。


あー、しんどかった。ほんと、思い出すのもイヤ。

shi.jpg

よくわかんないけど、野麦峠くらいの峠は超えたな。


結婚生活とか、妻の成長って、こういうもんなのかもしれませんねー。

と、トイレの破れたゾウさんを見ながら「怒りはよくないわっ」と自分を戒めつつも、そんなことを思うのでありました。


まだまだつづく~


関連記事
スポンサーサイト
2012.07.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/111-a1c474a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。