FC2ブログ

国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

フグが昨日、「なぜか急にチャパティが食べたくなった!今日、作ってみる」とか言い出した(フグ、基本的に料理が好きで、台所にいるのが苦ではないタイプ)。

普段から食べ物のことについて考えていることが多いフグだが、「なぜか急に」チャパティが食べたくなった背景に気づいているのであろうか(笑)。

おとといこんな記事(←クリック)を書いたばっかりだったので、私の頭の中にナーンやチャパティのことがあり、なんとなく私の会話にナーンやチャパティのことが登場したんだと思う、この数日のどこかで。

だから、フグは「なぜか急に食べたくなった」とか言っているけれど、実はひそかにサブリミナル効果が作用し、食べたくなったんじゃないのかと思うよ、アナタ・・・。ほんと、ウケるわ。


といっても、あの記事で書いたとおり、チャパティはフグ的にもけっこう非日常。数回だけ作ってみたことがあるらしいが、あとは見よう見真似だという。


会社から帰ると、さっそくアタ(Whole Wheat)と水でこねはじめ・・・、くるくる丸めはじめた。

私もインド人の妻たちがチャパティを作るところは何度も見たことあるけれど、実際に作ってみたことがあるのは1回だけ。

「水と粉をこねて、まるめて、焼く」だけなのに、これが全然うまくできなかった。見ていると簡単そうなんだけど、実際やると、けっこうコツが必要なことがわかった。

さて、フグはうまく作れるのであろうか。

cha1.jpg 

↑ 買って以来、ほとんど使ったことがなかったコロコロ(棒)も登場。

cha2.jpg 

コロコロで丸型に伸ばす。

インド人のおばちゃんたちのあざやかな手際とは裏腹に、フグは何度もやり直していた(笑)。

丸くならないとか、やぶれたとか、ここだけ薄いとか、そういう感じで。

cha3.jpg 

そして、焼く。

うち、ガスコンロないの。

3ヶ月に及ぶ部屋探しののち、出会う部屋出会う部屋、希望条件のうち必ず何かがひとつ欠けており(←人生ってそういうもんよねー)、結局、決まった部屋には「ガス」が欠けていたのである。

だから、特に「火」が必要な場合は、この携帯ガスコンロが登場する。

チャパティは、フライパンで焼き、最後の最後に、直接火の上にかざすのが一般的な家庭でのやり方。

この、最後の行程である「直接、火にかざす」の時に、インドの手馴れたおばちゃんたちがやると、あら不思議!チャパティが一度、フ~ッっと膨らむ。

ナーンやパンのように、生地自体がフワフワ膨らむのではなく、チャパティが風船のような感じになって、中に空気が入り、一度膨らむ。

これはけっこう不思議。というのも、チャパティ生地を作っているときに、「2枚作って、それを重ねてくっつける」みたいなことなんてしないのに、火にあてると、あのペラペラの丸型にした生地の中にきれいに空洞ができて、膨らむのである(説明分かるでしょうか・・・?)。

そして膨らんだら、てっぺんをチョンっとつまんで皿に移し(膨らむのは数秒なので、皿に移せばペッタンコになる)、次のチャパティを焼く・・・。これが、おばちゃんたちの手際。


chap.jpg 
↑ ネットで探したら画像があったので拝借。これが正しいチャパティの膨らみ。


だけど、やっぱりフグのチャパティは膨らまなかった・・・(笑)。

なんでしょうねぇ。私が昔試したときにも、もちろん膨らまなかった。

生地が均等にこねられていて、丸型に伸ばすときにも、厚さが均等で、ムラがあっちゃいけないとか、そういうことかしらー?


chap2.jpg 
↑ ついでにネットのどこかにあった画像を拝借。出来上がったたくさんのチャパティ完成図。


さて、フグのチャパティだけれど、漂ってきた匂いと味は、普通にチャパティだった。

これこれ、この素朴な味。


だけど、硬い!!! アゴが疲れるくらい硬かった。


そうなのです。

チャパティって、うまくできるとあまり硬くならないんだけれど、ヘタしちゃうとすっごい硬くなる。

とくに差が出るのが冷めたあと。

水と粉をこねているだけなので、フワフワナーンのような色気がないチャパティは、冷めた後はちょっと硬くなってしまうのが宿命なのだけれど、

それでも正しいチャパティの場合は、クルクルクルっとロール状にまるめられる。

でも、正しくないチャパティは冷めると板のようになり、まるめようとすると割れる。


フグチャパティは、もちろん、板タイプだった。


冷めてもまるめられるチャパティのコツってなんだろう。

粉と水こねてるだけなのに、いろいろと差が出るのってほんと不思議。



関連記事
スポンサーサイト
2012.06.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://panattare.blog.fc2.com/tb.php/101-2339b5bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。