国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いやー、ゴブサタです。ゴブサタって、カタカナで書くと誰かの苗字みたい。


ゴブサタ中、なにがあったのかというと、特になーんにもありません。
なにもなさすぎて、わざわざ書くようなこともなかったっていうか。

カメラを買いました、とかいうどうでもいい記事でずーっとブログが止まってんのもアレだよなー・・・・・と、うっすら思いつつも、なんとなく放置。


そんなこんなであっという間に1年近くが経ってました(11ヶ月くらい?)。これにはびっくり。時が流れる早さには、常に心底びっくりしつづけていますが、いやもうほんとうに、とんでもなく早いですね。人生になんの進展もないまま流れる一年って!


で、今日なでいきなり11ヵ月後に筆をとったかと申しますと、これまたとくになーにも理由はないです。気まぐれ。やっぱたまには更新しようかな、的な。



そーいえば、うちは最近、「毎週土曜、インスペクションの刑」に見舞われていました。

大家がこのフラットを売りに出すことにしたんだとかで。他の人に売れてしまい家賃をつりあげられるのならまだしも、「買った本人が住むので家を空けてくれ」という方向になるのだけはイヤだなぁと思いつついるんですけれども。


それにしても、面倒ですよね、「大家がフラットを売り出すことにした」っていう状況。

この二ヶ月くらい、何度も憤慨しました。


半年くらいに一回の普通の定期インスペクション(つまり、エージェントが家の使用状態をチェックしにくるやつ)に来たばっかりだったというのに、それから数週間も待たずに「売り出すにあたっての査定のために、インスペクションします」と言われ、

だったら、このあいだ来た時に同時にそれもしとけよ!と思ったのなんて序の口。

毎度毎度そうなんだけど、「○日の午後にくる」とかいう、超おおざっぱな時間指定したあげく、それも守らないという始末。

「昼前は都合が悪いので、12時以降にしてください」などと伝え了解をとっているにもかかわらず、11時20分に来て何度も何度もベルを鳴らされ、私が「12時以降のはず」ということで無視していたら、勝手に玄関のドアあけて入ってきたというていたらく。不法侵入ですぜ。

わたし、ヨガから帰ってすぐで、いままさにシャワー浴びる予定だったんですが。



それで、「ちょっと待ってください、午後以降って言ってあったはずです」と言ったら、スマフォの時計を見せつけながら、「Almost noon!」とキレられた。そのとき、まだ11時30分。

賃貸の公開インスペクションのときなんて、やつら、17:00-17:15とかいう小刻みな時間設定しあげく、分単位でその時間厳守するくせして(特に終了時間)、いきなりここで30分のドンブリ勘定。

そのあげく、「何度もベルを鳴らしたんだ」とキレてるので、「さぁ、知りません」と答えたら、「もうすぐ売るためのインスペクションなんだから、壊れてるんなら治しておけ」とかなんとか言われ。そのあいだにも、土足でツカツカと家中をチェック。おみゃーの頭が壊れとるんじゃ。


で、「今度カメラマンをよこすから、そのときにはこういう見た目のよくないものは閉まっておくように」と言われ。

「こういう見た目のよくないもの」、っていうのは、食卓の上のビタミン剤とか、家電にかけてるカバーとからしいんだけど、失礼もはなはだしい。おまえが一番見た目がよくないんだっ、でぶ!


あまりに横柄なので、去っていく背中にいけないとはいえ思わず、帰りに事故ってしまえ!と呪いをかけた。怖いんですよ、呪いって。骨の二本や鎖骨くらい折って反省したまえ。


その数日後に今度はカメラマン。(だったら、あんとき一緒に来ておきゃーいいじゃん)


物腰は柔らかな人で横柄さはなかったけれど、今度は「午前中」と言っておいたのに来たのが14:00くらい。もう来ないのかと思って出かけようとした矢先。判を押したように間(マ)が悪い。


で、なんと小一時間も居すわられた。(そんなに時間かかるんなら、最初にその旨を言えっつぅのよね)


まず部屋の写真をいろいろ撮るんだけど、あれをどかせだの、ブラインドを開けろ閉めろだの、いろいろ注文をつける。例えば、バスルームの棚のもの(歯ブラシ類、化粧品類、シャンプー&リンス)全部をどかせとか。キッチンにいたっては、電子レンジ以外の家電を全部どかせと言われたので、私も「裏で変圧器とかに繋がっててややこしくなってるので、そこまでやるのは無理です」と断固反抗。


このカメラマンは気弱で失礼なタイプではないんだけど、私になにか注文つけるたびにゴニョゴニョ言ういい訳が「さもないと、また撮りなおしに来なくちゃいけなくなるから・・・」。イラッ!

私の家じゃーないんですよ、大家の大家のためのセールなんですよ、私がそんなことに快く協力できる理由なんてどっこにも見当たらない。あんたのちっさいキンタマほども見当たらないんだーっ。




で、そのあと、いきなりソファに座って、家の図面(フロアープラン)をスケッチしだし、おかげで小一時間かかったわけだけれども。もう何度も売りに出したり賃貸に出したりしてるはずなのに、なんでいまさら図面書いてるの?前に使ったの、ないの?これは、普通に疑問。どうせ、なくしちゃったとか、どこにあるのかわからなくなっちゃったとかなんでしょう。

その後、「来週から5-6回続けて毎週土曜日の11時半から12時にインスペクションです(つまり興味あるバイヤーのための公開インスペクション)」って命令されて、「え!そんな勝手に決められても・・・」って思ったんだけど、そーいうもんらしいです。家の売買のインスペクションは土曜の午前中、ってのが当たり前らしく。

でも、そういうふうに口頭で言われたままなんの音沙汰もないので、「またどうせ、売る売るって言って騒いだあげくやめたとか、そういうことなんじゃないの?」とかささやいていたら、初回インスペクションの前日金曜にやっとポストに正式な書面が届いてました。




それからというもの毎週土曜、朝、ゆっくりできずに、ソワソワと家を掃除をし、11時頃になにがなんでも一度家を出て、どこかをブラつかねばならぬ日々。5週間つづけました。

別に住人が家にいたっていいらしいんですけれど、それはそれでなんかねぇ。

土曜の朝っぱらに掃除して部屋整えなきゃいけないことに変わりはないし、いちいちあのイヤなエージェントと顔あわせて、そんで30分ものあいだ人々が土足でうちに上がりこみあれやこれや見ている最中に、置物のようにソファに座ってるとか、それこそバカみたい。



(つづく)


スポンサーサイト
2014.02.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。