国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

島流しだ。

これは、島流しにあったんだ、わたし。


よりにもよって、オーストラリア村の、字メルボルンに住むなどという事態に巻き込まれるなんて。

悪いけど、オイラ本当に興味なかったよ、この国だけは。


なんというのか、オーストラリアを人間に例えたら「でくのぼう」とか、「図体はでかいんだけど存在意義がいまいちピンとこない人」というか、「あ、あの人?あー、そういえばいるかもー。というか、何者なんだっけ?」的な・・、そんな薄らぼんやりとしたイメージくらいしか持ってなかった。


インドに勝手に住みに行ったのはいささかやり過ぎだったと思わなくもないが(なにせ、帰還までに4年も費やしてしまった)、世界中あらゆる場所に興味があって、行ってみたい場所を数えたらキリがない私でさえ、


オーストラリアはねー。オーストラリアはさぁー。オーストラリアはー。・・・。


最初から私の脳内マップにきれいさっぱりなかったのだよ。

ナポレオンの辞書に不可能という文字がなかったくらい、なかった。のだよ。


だけど、なぜかうっかり出会ってしまった現夫が、メルボルン在住だったせいで、こういうことになり・・。


そして、メルボルンにやってきて、一年以上が経つのだが、先に述べたオーストラリアに対する漠然と抱いていた勝手なイメージは、超勝手に抱いていたイメージにもかかわらず、変わっていない。



私が勝手に持っていた先入観、あたってたんじゃん・・・・。そんな感じ。


無味無臭。

もうちょっとなんとかならんのかね・・・・と思ってしまう、いろいろな意味での鈍さ?というか、ねむさというか、ぬるさ・・・。



思うに、やたら国土だけがデカすぎるのが間違いなのではなかろーかね。(←間違いって言われても困るだろうけど、言ってみた)。


人口はたったの2000万人くらいしかいないし、中途半端な「中心都市」がし4つとか(5つ?)くらいしかない小国のくせに、妙にでかい国土のせいで、なんか実質的サイズにふさわしくないイメージをあてがわれている気がする。


国土のサイズ(そして、そこに埋まっている天然資源の量)もほどほどなら、ただの普通の中小国のはずのくせにっ。メルボルンの都心(CBD)ときたら、新宿東口エリアくらいしかないんだもの、私、ズっこけちゃったわよ。


豪に来てからよく見かける売り文句が「南半球で一番ナントカカントカ」というフレーズ。

世界で一番じゃないんだよ、南半球かよ、おまいさん。いばることでもないに。

負け犬の遠吠え的で、アピールが逆効果だと思うんだけれど、豪生まれ豪育ちには、普通に効果があるのだろうか。


そんなメルボルンこんな私が住むことになったというのは、きっと島流しなのだと思うことにした。


ほら、なんでもかんでもうまくいくってことは、ありえないじゃない?

なんらかの修行をするためにこの世に生まれてきたって、よく言われるし。


わたしゃ、なにかきっとやらかして、「結婚と引き換えにオマエをオーストラリア送りにする」って神様に言われて、そんで、この顛末になったのだろう。


こうやって「神様のちょっとしたもてあそび」を持ち出さないといけないくらい、「私がオーストラリアに来る」という事態は、誰も想像だにしなかったことなのだよ~。




スポンサーサイト
2011.12.13 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。