国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私は現在オーストラリアのメルボルン在住の女。

夫はオーストラリア国籍のインド人(7年前に豪に来た)。


夫はベンガリー(ベンガル人)です。

ベンガル人って本国では普通にメジャーなのに、海外流出インド人枠の中では、すごいマイナーですよね(ドイツに若干多いと聞いている)。

メルボルンも見渡すかぎりシーク教徒かパンジャービーだらけです。他、グジャラーティとタミルも多いですけどね。

ということで、メルボルンには5-6万人のインド人がいるらしいですが、いまだかつて「夫はベンガーリー(ベンガル人)です」という日本人にはお目にかかったことがないわけです。

夫がパンジャービーとかグジャラーティっていう人ならよくいますけれど。


だから、


1.ベンガル人旦那を持つ日本人女性へ


うちのインド人夫はベンガル人です、というメルボルン在住もしくは豪在住の日本人がいたら、ぜひお近づきになりたいです!

●豪在住じゃなくとも、日本人&ベンガル人カップルは貴重なので、豪在住じゃないけれどもうちの夫はベンガル人です、という方にもぜひお近づきになりたいです!コルカタ在住でもいいし、日本在住だってありえるだろうし、デリーのベンガルエリアであるCRパーク(チッタランジャンパーク)だっていいし、アメリカやドイツだっていいんです。


備考:うちのフグの実家はジャルパイグリ(Jalpaiguri)です。ニュージャルパイグリはダージリンへの起点となる町なのでけっこう知れていると思いますが、フグの実家は「ニュー」のないジャルパイグリです。ニュージャルパイグリからかなり奥へ行ったあたりにあるちっさい町。

最寄の空港の場合は、ボグドグラ
 

だから、


「あ!!うちの旦那の故郷もそのへんです!!!」っていう方にも、ぜひお近づきになりたいです!なにもジャルパイグリのすっごい周辺じゃなくたって、コチビハール(Cooch Bihar)だっていいし、シリグリだっていいし、シャンティプルとかだっていいし。

同じエリア出身の旦那を持つつながりって楽しそうじゃないですか。



2.メガーラヤ関係の旦那を持つ日本人女性へ


さきほど、うちの旦那の実家はジャルパイグリだと申しましたが、うちの旦那、実は父親の仕事の関係で育ったのはメガーラヤ州のシロン(Shillong)です。18歳までシロンで育ちました。

なので、シロンにすごい思い入れがあるようで、いつか私と一緒にシロンを訪ねたい様子です。

シロンは、基本的にはカシ族やガロ族の地でしょうが、いわゆる本土インド人のコミュニティもありますよね、で、それらインド人は大半がベンガル人なのだと思われます。そのコミュニティでうちの夫は育ちました。

でもインド本土みたいに同じ系統だけで固まっていなかったようで、友達には同じベンガル人系もいれば、カシ族やの友達もけっこういるようです。

なので、

うちの旦那、メガーラヤ州出身です!とか、シロン出身です!っていう方がもしもいたら、ぜひお近づきになりたいです!その場合、カシ族でもでもベンガル人でも、その他の系統のインド人でも、誰でもかまいませーんっ。



スポンサーサイト
2012.11.15 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。