国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


えーと、途中でパソコンが壊れたりとか、日本に帰っていたりとかしているうちに、ずいぶん長いこと、インド時代記事書いてなかったことに気づいた。

なのでかなり突然ですが、あの時「そのうちラチュン村紹介」なんて書いたので(つづく、とか書いて続いてない記事だらけでスンマセン)、じゃぁ、今日はラチュン村の紹介。つまり、記事「ユムタン渓谷」(クリック)のつづきです。


hi57.jpg 

シッキム州というのは一応インド領ですが、文化も住む人々も、「いわゆるインド」味はほとんどないエリア。

シッキムの人々は日本人にかなりそっくりです。

文化はほとんどチベット文化。インド、ネパール、中国と州境というか国境を接していて、話されている言葉はネパール語。

ヒマラヤの奥深い場所です。

ヒマラヤって広いのでいろいろで、たとえばラダックのほうへ行くとひたすら乾燥してるんですが、シッキムのあたりは湿度たっぷりで深い緑です。比較的お肌と喉にやさしいヒマラヤエリア。

中国と国境を接しているので政治的に何かと微妙な地帯(中国が絡むと必ずコトは面倒になる)でもあり、インド本土からシッキム州に入るにはパスポートにスタンプが必要。

さすが、日本人と同じ顔の人々が住むエリア、さすがチベット仏教エリアだけあって、いちいちが濃くしつこく暑苦しいインド本土から来ると、そののどかさにホッと一安心。

宿で深~い眠りに陥っちゃうっていうか。

人種による違いってあると思うんですよね、私。つまり、気質を決める要素って後天的なものだけじゃない気がする。DNAとか血が決めるものって、あると思う。

シッキムの人々のしつこくなさ、リラックス、気ままさ、そういうのは「いわゆるインド人」にはない。インドではのどかな田舎に行ってもない。

インドの濃さはそれはそれで面白いんですが、シッキム州みたいな場所に来ると、「あー、私、インドにかなり疲れてたんだなぁ・・・」なんてしみじみ。

夜露に癒され、そこかしこから聞こえる不思議なカエルの声に癒される場所です。


さて、ラチュン村(Lachung)は北シッキム地方の深い谷間にある、のどかな村。先日の記事に書いたユムタン渓谷に行く途中に寄る村です。


hi43.jpg 

ラチュン村自体の標高は2800メートルほどですが、シッキム州には、世界で3番目に高い山であるカンチェンジュンガもあるので、周囲の山は高いです。

hi58.jpg 

このとき、私はあるインド人(彼氏ではない・出家者)と旅行してたんですが、彼が「雲を動かすマントラを唱える」とか言い出して、唱えたんです。

その後、「フーってやって雲飛ばしてみな」とか言われたので、フーっとやったら本当に雲がみるみる動いて、山が見えちゃったりとかしまして。

ああいうのは、インドみたいなワケのわからない国にいると、たまにありましたねぇ、ああいうへんな体験。


hi49.jpg 

これは、ラチュン村から少し離れた場所でおばちゃんたちと撮影。みんな、チベットの衣装を普通に着てます。

私もこの衣装、記念に1セット買ったんですが、一度も着ることなく、そのまま宿の棚に置き忘れたという苦い思い出が・・・。

くぅ・・・口惜しい。なんか、いかにも日本人の私に似合いそうじゃないですか、この衣装。

hi50.jpg 

hi60.jpg 

シッキム州周っていると、いろいろな場所で、白い旗を見かけます。

白い旗は「喪」の意味があるんだそうです。つまり白い旗が立っているということは、その村で最近誰かが死んだとか、そういうこと。詳しくは知らないんだけれど、しばらく立てるみたいです。

時にはこうやって、ずらーっと列になって立っている。

たぶんこれは、結界の意味があるんじゃないでしょうかね。白って夜でも見えるでしょ。でね、死んだ人に、「ここからこっちにはもう戻ってくるな」と。「成仏しろ」と。そういう意味があるんじゃないでしょうかね・・・。勝手な憶測だけど。


hi53.jpg 


次は、ラチュン村のおばちゃんや子供たちの写真でーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。


スポンサーサイト
2012.09.26 / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


hi01.jpg 
<シッキム州 ユムタン渓谷(Yumthang)、2007>


これは当時のブログでも確か、紹介しました。

偶然撮れた、私のお気に入り写真のひとつ。


シッキム州は、ネパールと隣接した州。
言葉も、シッキム州では主にネパール語が話されています。

シッキムの人々は日本人そっくり。
なぜか中国人などよりも、飛び越えて、シッキムのチベタン系の人は日本人に似てるなー、と思います。


これはシッキム州北部の、けっこう奥へ行った場所、ユムタン渓谷で撮りました。

撮影地点が標高3575メートル。

かなり奥地ですが、それでも渓谷入り口付近は車で行けるため、意外に家族連れ観光客も。しかし、これより奥は、トレッキング。また、冬は道が雪で閉ざされるため、車でもここまでは行けません。


晴れていれば、ヒマラヤがズバズバ~っと見えるはずなんですが、この日は天気グズグズでした。

でも、そんな中、奇跡的に撮れた写真がこれ。


向こうにチラっと覗く神々しい山と青い空!

この瞬間のワクワクって、ちょっと他にない。

山好きなら、あの神々しさってちょっと中毒性があるの、分かると思います。


以前のブログではこの写真に「神様の覗き窓」とか名づけました。

また名づけるのもなんですが、なかなか我ながら、ピッタリの名づけだったと、今でも思うな(笑)。



hi02.jpg 
↑ もうちょっと雲がどいた時。このあと、また曇って、そして雨になりました。


hi03.jpg 
↑ これはピントぼけ・・・。チベットの旗がせっかく味を出していたのですがっ。



ユムタン渓谷には、シッキム州の州都ガントク ⇒峠を越えて北シッキムに入る⇒ ラチュン(Lachung)という村を基点に行く感じです。

ラチュン村は、日本の山里のような、なんとものどかな村。

さすが同じ顔の人々のいる村なだけあって、ほんと日本の田舎のような錯覚が何度か襲いました。

向こうに見える山は、日本では見られない迫力だったけれど。



そのうち、ラチュン村の写真も紹介しまーす。

 
--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。

2012.06.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。