国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

この間、「らくだの涙(The story of the Weeping camel)」があまりに魂にドキュンと来たので、同じ監督の映画をまた見た。


そして、また魂にドキュンときてしまったネ。

ハートを射抜かれてしまったネ。

ワタクシ、これらモンゴル映画にやられたネ。降参だネ。


「天空の草原のナンサ(The cave of the Yellow Dog)」


なぜ邦題がこんなんなのか、さっぱり分かりません。天空の草原の、ってなんじゃ?意味わかんないよ。


caveof.jpg


ナンサってのは、主人公の女の子の名前。

らくだの涙同様、この映画も、基本的に俳優などは使わず、本当の遊牧民の家族がそのまま出演している。

らくだの涙もそうだったけど、遊牧民の日常生活がたんたんとそのまま撮影されていて、それだけで興味深い。


一家の3人の子供のうち、一番年長の女の子が主人公。

子供好きではない私でさえ、この子供たちの様子にはやられた。ほっぺた真っ赤でかわいい・・・・・。

子供にへんに演技させるとさぁ、コノヤロー!ってくらいに憎たらしい場合あるじゃないですか?でも、こういう風に自然に子供の姿を撮影されちゃうと、やっぱりわかいい生き物なわけ、子供。


Cave of 1


今回は、

一家は、ひつじやヤギをたくさん飼って、ミルクからチーズなど作っては売って生計をたてている。

長女のナンサは普段は学校に通うために一家と離れて暮らしているが、学校が休みになると戻ってくるという暮らし。

ある日、ナンサが近くの洞窟で犬を見つける。ナンサは犬が飼いたいけど、父親にダメだといわれてしまう。

オオカミが家畜を殺す被害が相次いでいるので、オオカミと一緒に暮らしてた可能性があるノラ犬なんてダメだ、というのが父親の理由。

ナンサは犬に「ゾチョル(ブチ)」と名付けてかわいがるものの、父親はNOの一点張り。

しかし、一家の移動の日(遊牧民だから季節ごとに場所を変える)に起きたあることがきっかけで・・・



という感じの話。


いやーーーーもう、アナタ、魂のお洗濯にどうぞ。


ところで、この一家のおかぁさんがさ、私の友達に似ていてねぇ。
そういう意味でも、面白かった(笑)。

モンゴル人、日本人にほんとに似てるよね。

中井美穂(中山じゃないよ、アナウンサーで古田の妻のほうよ)に大地の香りをプラスしたみたいな感じの若いおかぁさんが多いよね。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


スポンサーサイト
2013.02.12 / Top↑
夕食が終わってから寝るまでの2時間くらい、やることがイマイチない私たちは(私だけだったら、ゆっくり風呂に入るとか、顔のメンテするとか、いろいろあるんですけれどねー)、

引き続き、週2本以上のペースでDVDを見ているわけですが。


おとといは「らくだの涙」(The story of the Weeping Camel)を見ました。

感動。言うことなし。
 
weeping_came.jpg

何十億円かけて、あらゆるテクノロジー使って、髪振り乱して、大騒ぎして、ムダに全力投球とかして、こねくり回した映画をいくら作ってもですね、

そういうオオゲサな映画たちが、小さくてささやかでステキな映画に軽く小手先で完全ノックアウトされるのはよくあること。
 
「らくだの涙(The story of the Weeping Camel)」はまさにその典型。


この映画については、もうウダウダといろいろ言うことは、ございません。

ドキュメンタリーベースのたんたんとした映画です。

だから、「ドキュメンタリーベースのたんたんとした映画」が苦手な人は別として、みなさん是非、しみじみオススメです。


俳優を使っているのではなく、実際の遊牧民のファミリーをそのまま撮影したそうです。

らくだも、わざわざいろいろ演技させたのではなく、しぶとく、いい場面が撮れるようにひたすら辛抱してらくだを撮影し続けたらしいです。

たんたんとしているのは、「観客は最初はちょっとこのペースに戸惑うかもしれないけれど、ゴビ砂漠の遊牧民の生活のペースをまず出すためでもある」そうです。

(でも、ぜんぜん退屈じゃないですよ。最初っから画面に釘付けでした)。



難産の末に生んだアルビノ(白子)のらくだの子を無視するおかぁさんラクダ。

どうしていいかわからなくて、ミルクが欲しいし、ママにかまってもらいたくて、困って泣いている白い子ラクダ。

でも、おかぁさんラクダは子ラクダを拒絶したまま。


そこで、「こういう場合には、あれをやらなきゃ」と、ラクダ飼いのファミリーは、音楽家に頼むんです。

やがて音楽家がやってくて、おかぁさんラクダに音楽を聞かせながら、遊牧民ファミリーの女性がラクダを撫でながら歌って聞かせる。



そういう話。

話と言うか、作り話じゃなくて、ドキュメンタリー。


まったくもって、お涙頂戴的な策略はなし。

そんな策略ないのに、なんでしょう、この魂の感動


音楽家が奏でる音色に、不思議そうに耳を傾けるラクダたちの姿も、ホンモノ。


こういう映画見るとね、あーでもないこーでもないとブツブツ言いながら、茶濁して暮らしてる自分がイヤになりますですよ。。。


これは見なきゃわからないと思うけど、「ああ、わたし、アジア人でよかったなぁ」的なことも感じました。

最後にラクダ囲んで「イェーイ!ヒューヒュー!」とかって拍手しちゃったりとか、みんなと抱き合ったりして歓喜とかしちゃわないところね。

果てしなく、どこまでも、普通で自然。ヘタしちゃうとガイジンの方々から「素っ気無い」と誤解されそうなくらい自然な遊牧民の姿。。

アジア人なら、見れば「アジア人でよかった」って思うから。



これ以上は言ってもしょうがないので、是非とも見ると癒されます。

こじらせた魂のひねくれが、見ただけで簡単に治っちゃう映画でした。

つるっと素直になれちゃうよ。

すっごいうまい整体師に、パキっと一瞬で歪み治してもらっちゃう感じ。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


2013.02.01 / Top↑
そういえば、私たちも年始に話題な「レ・ミゼラブル」を見てきました。

「これはきっと、映画館でちゃんと見たほうがいい系(DVDではなく)の映画だろう」ということで、せっかくわざわざHoytsに見に行ったのに、すごい画面の小さい小さめの部屋だったので、けっこう意気消沈。

話題なんじゃないの?なぜこの部屋?って思ったんですが、なんでしょうね。しかも、観客もまばらだった・・・。


さて、で「レ・ミゼラブル」はどうだったかというと。

まず、ヒュー・ジャックマンの「人生、虐げられたことしかなく、世界の底辺で3K(←汚い、危険、きつい)な重労働しかしたことがなく、尊厳なんか踏みにじられまくって生きてきた人」役すばらしくうまかったので、感心した。

私、インドで「人生、虐げられたことしかなく、世界の底辺で3K(←汚い、危険、きつい)な重労働しかしたことがなく、尊厳なんか踏みにじられまくって生きてきた人」をイヤというほど見たのです。 だから言える。

というのも、こういうのってヘタするとすごい陳腐になっちゃうじゃないですか。

極端な例でいうと、映画の中の「日本人」が、日本人からするとまったくもっておかしい。一般西洋人の頭の中の日本人と実際の日本人のいろいろなギャップによる違和感が気になって、映画に集中できない、っていうようなやつです。現実と所詮ヨソ者による作り物であることのギャップが限界としてどうしても出っちゃうっていう。

だけど、

あの最初の30分くらい?のヒュー・ジャックマンの「人生、虐げられたことしかなく、世界の底辺で3K(←汚い、危険、きつい)な重労働しかしたことがなく、尊厳なんか踏みにじられまくって生きてきた人」な感じは、目つきや目の血走り方、眉間のシワ、肌感、筋肉や筋の感じまで、本当にそのものな感じでした。

ま、メイクさんの技量もけっこうあるよね(笑)。


あと、

映画ではその後、数年話が飛んで、ヒュー・ジャックマンはいきなり普通の紳士風になるんですが、そうなった途端、面長だったはずのヒューの顔が、むしろ短い顔(贅肉がついているわけではないので、丸顔とはいえない・・)になっていたので、一瞬戸惑いました。

労働者時代の長いあごひげがなくなったからだとは思うんですが。そういえば改めて考えると、長いあごひげがある人って、みんな「面長」に見える。

でも、もしかしたら彼らもあごひげをなくしちゃうと、けっこう短い顔の人だったりするのか?などと、くだらんことを考えてしまいました(「つい気が散ってしまった」というやつです)。


しかもそこで、私の頭の中に現れたのが、なぜかドラゴンボールの「亀仙人」。なぜ、そんなものが頭に浮かぶのか、我ながらいかがなものかと思いつつ、亀仙人もあごひげなくすと、意外に顔が短かったりして?なんて一瞬思ったり。


ま、そんな風にへんな気の散り方をしてしまったんですが、とにかくヒュー・ジャックマンはたしかにすばらしかったです。
 
今まではヒューと言えばどちらかというと、ヒュー・グラントだったんですが、ヒュー・グラントもさすがにオッサンになってきたことだし、今後は「ヒューと言えばジャックマン」という風に、ヒュー転換の予感です。


しかし・・・・。

実は私、アン・ハザウェイが以前からどうしても好きじゃない。

ということで、それが災いしてしまい、感情移入をすべきところ(「ここで是非、感情移入してくれ」と製作者が仕掛けてあるポイント)で、どうにもこうにもなんとなく居心地が悪くなってしまい・・・・。

少しは感情移入するんだけど、一抹の「なんか私、やっぱりダメだなぁ・・・アンハザウェイ・・」という思いにジャマされてしまい、イカンでした。特に、髪の毛切っちゃったあと。


フェイスブックなどで、友人知人がこの作品について「涙がとまらなかった」とか「今年一番の感動」とか「震えた」とか口々に言っている手前だから、「ここで感動して涙が出なければ私は冷血人間なのでは?だめだぞ、私!」とか、そういうへんな心理までがチラチラ顔を出したりまでして、私ってばどこまで素直な心をなくしてしまったことでしょうか。みたいな。


と、同時にこんなことについてまで、思いを馳せた。


それは、「今まで嫌いだった俳優が、ある作品を見て一転、好きになることってけっこうよくあるのになぁ」というやつ。

というか、「すごく感動する映画」と聞いていたので、つい必要以上に構えてしまっていたのか、見る前から「アン・ハザウェイで大丈夫だろうか、私」という懸念を抱いていたので、実はこの効果をひそかに期待していたのである)。

でも、この効果は残念ながら起きなかった。そこで、なぜだろうと思ったんですがね・・・・・、


なんと!この効果って、「男優に対してだけ起きる気がする」って気づいてしまったんであります。

もしかしてこれって、レンアイ系話でよく言われる「嫌い嫌いも好きのうち」っていうやつと同じたぐいの何か?

とにかく、この発見はかなりの大発見でした。ああ、男女関係ってなんだかオソロシイ。
 
ほら、実際ヒューだって、いままではどちらかというとあのクセのある顔とか、Xマンのイメージのせいであまり好きではなかったんだけど、この度、普通に好きになれたし。



と、話が脱線しがちでスンマセンが、そんな感じでした。


それから、フグと私で意見が合った感想があります。

それは、歌いすぎ という感想。


この映画、いくらなんでも歌いすぎなんです。と、私が決めるあれはないですけど、私たちはそう思った。


というのも、そこは普通の会話でよくないか?ってところまで、しつこくすべて歌にする

ミュージカルっていうのは、「ポイントポイントだけ歌にして、あとは会話ってのがちょうどいいな」ってつくづく分かりました。

魅力的じゃな俳優とかどうも存在感が希薄な役までがいちいち歌うし、シーンとシーンのつなぎでしかないような部分まで歌にして、いちいち映画の進行を遅めるので、おまえまで歌わんでいい!とか、そんなことまで歌ってたら日が暮れらぁ!と叫びそうになるというか、

ものすごく遅いエスカレーター(たまにありますよね、普通よりなぜか遅いエスカレーター)に乗ってる時に似たもどかしさを覚えました。

やっぱり、「歌詞もメロディーもすばらしい看板歌を要所要所に散りばめるかわりに、そのシーンのためのつなぎの部分は普通の会話にする」のほうが、歌も引き立つもんだと思うんです。例えば、この映画の場合、娼婦の仕事のあとにコインを投げられたアン・ハザウェイが歌出だすあの定番の歌とかが看板歌。
 
歌われすぎて疲れたし、アンハザウェイのシーンの定番歌と最後のシーンの歌以外は、印象に残ったメロディーなどが何も残らなかった。これはなかなか残念なことではなかろーか。


あと、

もうひとつ全体的な感想としては、主役的な2人(ヒューと、アンハザウェイ)以外の俳優陣の存在感のバランスが悪い。


ヒューに存在感マックス、アンハザウェイにも存在感重量級を与えて、それからラッセルクロウ役にも存在感ミドルクラスくらいを与えてあるまではいい。

しかしだ、その他がいきなり存在感計算を怠りすぎではないか?と。

だいたいからして後半は、コゼットのボーイフレンドに存在感ミドルクラスくらいを与えないと、バランスが悪くてしょうがないんだけど、この俳優ときたら、なに?エキストラの一人ですか?ってくらいに薄い。なんであんなに魅力がない人がいきなりこの役をやったんだろうね。といっても、役柄はたしかに「いまいち深みがない人」役なので、そういう意味で深みがなさそうな人にしたのかもしれないけれど、きっとそれが安易すぎたのでは。

コゼットも、小さい頃のコゼット役はとってもよかったと思ったのに、大きくなったコゼットがやはりなんとも、よくない意味で軽い。あのバセドー病っぽい感じの女優は有名なんだっけ?

エポニーヌも「コゼットと対照的」という考えでああいう見た目の人が選ばれたのかもしれないけど、やはり安易すぎたんじゃないでしょうか。ぜんぜん引き込まれなかった。死んじゃう時は、けっこう女の観客としてはジンときていいはずの死に方したのにさ、画面で死に損してたよ、エポニーヌが。


と・・・・なんかあまりいい感想が書けなかったんだけど、

・ヒューはよろしい、ヒューをとても見直した
・これは私の個人的なものだが、アンハザウェイのせいでちょっとムリだった
・絶対、歌いすぎ。欲張りすぎたね。
・主役的俳優陣以外のキャスティングもしくは演出がイマイチだったのでバランスがよくない

みたいな感じでした。

でも、最後のシーンは大変感動しました!

ヒューが死んじゃうところと、その後、ヒューが外に出たところ。

死ということの神聖さがすごいよく出てたし、人間の持つ良心の気高さがひしひしと伝わってきて・・・・そして、それに続くあの最後のみんなのお迎え。あれはよかったですーーー。

ということで、やっぱり総合的には「感動しました」と言える映画だな、うん。

他の人も、「途中ちょっと、たるんだけど、なんか最後はすっごい感動した」って感じの感想が多いんじゃないだろうかね。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



2013.01.11 / Top↑
この間DVDで見た映画。

「This must be the place」

(邦題は「きっとここが帰る場所」らしいです)。
 
2011年、
アイルランド・イタリア・フランス合作、
監督はパオロ・ソレンティーノ(Paolo Sorentino)


またもや独り孤独にひっそりこっそりハマりました。

なぜ孤独にかっていうと、私のツボにひそっとハマる映画ってのは、フグ的にだいたい「なんじゃ、このクソ映画は!」っていうやつだからでっす(笑)。

でもまぁ、この映画も以前に記事で書いた「Adam's Apples」同様、ヘンにハマるという感じの映画で、

なにがそんなによかったんですか。詳しく説明してください!

とか言われると困るんですがね・・・。


まず、このショーン・ペンの異様な出で立ちを予告で見たときから、すっごい気になっていました。

this must be1


でも映画館で見るっていうオプションはフグに却下されましてね。オーストラリアって映画館で映画見るの、日本ばりに高いんですよ(一人20ドル前後)。

だから、フグには「絶対面白いに違いない映画」か「大画面で見るに限るスペクタクルな派手映画」しか映画館で見ないってポリシーがバッチシありましてね。

先日も私がぜひ見たいと思ってい新しいフランス映画「Intouchables」を映画館で見るのを却下されたばかりであります。

ま、たしかにチケットが20ドルもされるとそうそう映画館で見れないっすよね。しょうがないわ。



なのでようやくDVDで見たわけですが。

ショーン・ペンけっこう好きだし(なんかクセになりませんか?この人)、どうですか、この気になる出で立ち。見るしかないでしょ?

this must be2 

this must be3 


お話はね、昔は超有名なロックスターだった男(シャイアン、つまりショーン・ペンの役)が主人公。 舞台はアイルランド。

彼は今では音楽からも離れ、超引きこもりになって、ボソボソとしゃべりながらトボトボ歩いて邸宅に暮らしてるの。

もうほんっとに、ボソボソとしかしゃべんないんだから。で、たまに口の片側からプフーッって息吹いて、顔にかかった髪の毛をとばすの。
 
そんなシャイアン。

そこに、ずーーっと断絶していた父親が死ぬ。そのことをきっかけに、シャイアンはちょっとした旅に出ざるをえなくなるわけ。それで、まぁ、話が進んでいくんだけれども。


ネタバレになるから書かないっていうのもあるけれど、私としてはツボにハマるに際して、ストーリーはわりとどうでもよかったです。

それよりも、とにもかくにも、このシャイアンの姿がですね、妙にハマっちゃって。


繊細こじらせちゃって、すっかり引きこもっちゃってね。でも、ボソボソっとはたまに口を開くのよね。そんときは、ほんとに正直なことだけ、ボソボソって口にすんのよね。

繊細すぎてか、どこかで人生ヘンになっちゃってか、ちょっと壊れ気味なんだけど、なんというのか、自分の中にある最後の最後のところだけは、傷つけずに自分でなんとか守ってきたって感じ。なの。それで、最後の砦だけはキレイなの。

しかも昨今、人間が「壊れる」といえば、キレる方向ばっかりじゃないですか。だけどシャイアンはですね、吹けば飛びそうな綿毛みたいというか、触っただけで壊れそうなガラスみたいな感じで、攻撃性なんてゼロ。

たぶん。つまり壊れちゃったんじゃなくって、きっとパソコンのフリーズみたいなそんな状態なわけよ、シャイアン。
 
this must be4 

this must be5 

と、ブツブツ言ってても始まらないんですが、とにかくストーリーがどうのっていうよりはとにかく、


はっきりいって私なんだかすっごい癒されちゃったんです、ボソボソしゃべるシャイアンに。

私としては今年見た映画の中で3本の指に入れたい癒し映画でした。


●あと、奥さんがいいんだよねー、これまた。シャイアンの奥さん。あれはいいわ。すっごい男勝りなわけ。かっけーーー。(奥さん役はコーエン映画で定番のフランシス・マクドーマンド Frances McDormandです。適役!)。それでいて、シャイアンの唯一の理解者なの。

●それからこの映画にはトーキング・ヘッズのデイビッド・バーン(David Byrne)本人が登場してて、「This must be the place」(そもそも、この映画の題名はこの曲からとったそうです)を、おっされ~な60年代?70年代?チックな演出で歌っていて、それがまたよかったです。
 
●もちろん私は英語字幕たよって見るわけですが、この映画はシャイアン含め、だれもたくさんしゃべらないし、みんなゆっくりしゃべるので、聞き取りも字幕追うのも、かなり楽でした。字幕があってさえ英語追うのが難しい映画ってよくあるけど、この映画はそういう意味でもオススメ。



にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



2012.11.25 / Top↑
この間、鼻息荒く「フランシス・ヴェベールのコメディが好きなんす!」と勝手に記事でコーフンした私ですが・・・。

今日はこの間DVDで見たデンマーク映画について。

なんかこう書くとね、「パナッタレさんって、単館系映画だけ見るタイプ?」とか思われそうだけど、別にそういうわけじゃーございませんのよ。けっこうまんべんなく見る。

しかし私たちのような、いい歳したカップルってね、こういう事情があるわけです。
↓   ↓ 
   
だいたいのメジャーな映画や有名な映画は、お互い出会う前までに、それぞれ見ちゃってる

っていう事情。


うちはQuickflixっていうオンラインレンタルショップでDVDを定期的にレンタルしてるんだけど、次に見る映画選んでても、

「これは?」「あ、オレ見た」
「オレ、これ見たい」「あ、私それ見た」

ていうのばっか!!!!私たち2人とも、かなり映画見てるの。

それで2人ともまだ見てない映画から選ぶとなると、ずいぶん限られちゃうのね・・・・。しかもお互い趣味違うから、さらに選択肢は限られちゃう。

私はアクション、スリラー、ホラー、戦争物、だいたい嫌いなわけです。だいたい、ピストルがやたら出てくる映画は全部イヤ。だけどフグは戦争物大好きだし、女が主人公のものとか、人間ドラマとか嫌いなわけで。

それで今日は、この間見たDVDがデンマークの「Adam's Apples」っていう映画の話なんだけど。

AdamsA.jpg


これが、実はかなりへんな風に私のツボにはまりまして。

一応コメディカテゴリーなんだけど、そうとうブラック。アハハハハッなんてそんなおめでたい笑いは一切ない。口の端っこで、かなりニヒルにフっと笑っちゃうようなセンスでね。

見ている間からドカンとくるタイプじゃないんですけれど、後からジワジワ効いてくるというか。

イヴァンという神父が出てくるんですが、その彼が思う存分にブラックジョークなキャラでね。最初はやたら前向きな神父さんなんだけど、その前向き過ぎな加減が、映画が進むに従ってブラック味を帯び始める。
 
あと、キリスト教のちょっとした前知識とか、特にヨブ(JOB)記についてちょっとでも知っていると、より楽しめます。一応ヨブ記がテーマらしい。

映画の話はここにいろいろ書くと、ネタバレってやつになっちゃうので書けないけれど、地味かつ後からジワジワ効くようなツネリが欲しい方、かなりオススメです。

この映画、最後はとてもこれまたよかった。

ヘンな風に、妙にハマりました。



ところで、見ている間は気づかなかったんだけど、この神父役やってる俳優がデンマークではかなりの人気のイケメンだという。

マッツ・ミケルセンという俳優(Mads Mikkelsen)。

mads.jpg 

この映画では、そもそも「カッコイイ」って役柄ではないし、途中から鼻が曲がったままになっちゃって(なぜかは映画見てくらさい)、かっこいいことに気づかなかった。

んだけど、後から知って思いました。

あらやだ、ほんとに超イケメン!(しかもそういえば、他の映画でも見たことある顔だな・・)。

見れば見るほどイケメンでね(顔のつくりとかだけでなく、イケメン臭漂いまくり)、しかもアメリカとかオーストラリアなんかにはいない、なんともヨーロッパ的というか貴公子的な。

ウィキペディアによると1987年からずっと結婚したままだけど、こんなイケメンで結婚生活守れるなんてエラいな、とか余計なお世話なことまで思う始末。

それで思ったのであります。

あのブラックジョークキャラな神父も、こういうカッコイイ人がやったからいいんだろうな、と。まったく同じ役でも、そこらへんの庶民的なファーマー臭のする男がやったなら、見るに耐えられんなと。

ということで、映画の話なのか、マッツ・ミケルセンの話なのか分からなくなってきたので、ここらへんで、おいとま致します・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


2012.09.27 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。