国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


インドではたまに、「あらー!んまー、オサレね」ってな雰囲気の雑貨屋がります。

そこでは、インドの伝統工芸(刺繍とか)とか、インド民族アートとか、そういったものをセンスがいい人がデザインしなおしたり、応用したりして、ステキなものを作って売っているわけです。

インド綿は有名だし、刺繍もいまだに村の女性達の中で息づいているもの。
しかし彼らにまかせておくだけでは、どうしても、洗練性に欠けるところ。

汚かったり、中途半端に民族っぽすぎたり、途中で糸変ってたり、金具など部分的にいきなり安っいもの使っちゃって全体を台無しにしてあったり。

外国に輸出したり、観光地で西洋人などを相手に売るには、村からそのまま何かを持ってきたり、インド人にお任せていては売れないのです。

ステキに仕立て直し、ステキな空間で、ステキな演出で売らなければならんのですね。


だから、「んまー、あらステキじゃなぁい?」っていう雑貨屋は、裏にたいてい西洋人あたりがいるんです。 プロデューサーだったり、デザイナー兼店のオーナーだったり。

だいたいインドの場合、フランス人あたりが多い。 もちろん、そういう店があるのは観光地限定。

シェムリアップ(カンボジア)などで、日本人がやってるカンボジア工芸を生かしたステキ雑貨屋が多いのと同じ感覚です。

そういう店は近年、ずいぶん増えており(観光地に)、去年1年ぶりにインドに行ったときにも、以前にはなかった場所にけっこう見かけました。


そんな中のひとつに・・・・
 
店自体も売ってるものもすごいかわいくてステキなんだけれど壁にかかってる品がちょっと微妙で、つい写真に撮ってしまったっていうものがありました。

mise02.jpg 
↑ とってもかわいいお店。手前の布たちはショール。

mise03.jpg 
↑ かわいいステーショナリー


さて、そのインド的なおもしろーい「微妙さ加減」を見てくだすって。

ar02.jpg 

神話の中の絵の中を、部分的に立体的なビーズなどで飾ってあるっていうもの。
ほら、パール風のビーズがプチプチくっついているのです。

だけど・・・・この絵・・・・。
神話とはいえ・・・・・、左側の磔十字架から降りてきたキリストみたいな男とか、木の陰からのぞく人とか・・・。

どうよ。

女の子も、なんか、目の前のオッサンを見ているようで見たくない、みたいな(笑)。

踊りもヘン・・。ヘベレケ踊り?

あんまり飾りたくないねぇ、これ・・。

-----------------------------------------------------

ar05.jpg 

これも、神話の何かの場面なんだろうけれど・・。

もしかしたら、つらい別れの場面なのかもしれないけれど、。

どうしても女のほうが「あ、来ないで。」って言ってるように思えます(笑)。

男「オー、マイ ディア。プリーズ ボクも連れてっておくれ」(サリーの裾をつかんで)

女「え?ていうか、アナタ来なくていいから。」(超センチメンタルな男を尻目に、すごく冷静)。
 
男「僕のハートを砕かないでおくれ、オーマイラブ!」

女「だめよ。お達者でね・・・・」

そして飛び去る女。

-----------------------------------------------------

ar04.jpg 

これは、まぁ、比較的かわいい・・・・・かな。
 
イマイチもたっとした顔してるけど、女神ラクシュミーよ。

色と、それから象がかわいい。

おじさんが登場してなくて、よろしいですね。

施されている刺繍とかも、なかなか凝っています。

蓮の花は、シルクのピンクの布が金の刺繍でフチどってあって。

サリーのキラキラも、実際のラメラメビーズがついています。

あと、ラクシュミーの上の方にある花々なども、なにか手芸が施してあります。


おじさんがいないと、ほんと、清浄感あるものね~。

-----------------------------------------------------

ar03.jpg 

これはおなじみ、ガネーシャ。

インドにさして縁がなくとも、ガネーシャ様はけっこう知ってる人多いのでは?

インド料理レストランとかに、かならずいるもんね。

おなじみすぎて、「あ、ガネーシャ」としか思わないんですが、ガネーシャ、今回はちょっとエビスっ腹に巻いてる布がかわいすぎないか?

この腰巻部分も、シルクのピンクの布が金の刺繍でフチどってありますね。

------------------------------------------------------------

ar06.jpg

これもやっぱり、いいおっさんが村の少女に、おイタしようとしてるように見える。。。。

いや、神話のお話なのだろけれど。

おっさん「ちょっとくらいだから。こわがったりしなくていいんだよ」

村のガール「いやです・・・やめてください・・・」

おっさん「きみがいやがることは、何もしないよ。欲しいものを言ってごらん。おじさんがあとで買ってあげよう」

村のガール「やめてください。かぁさんに、叱られちゃうわ。帰らなきゃいけません」


・・・・。

これらの微妙な、「手工芸施し神話画」は誰が買うんだろう?笑

インドレストランとかに飾るとかわいいのかな。

-------------------------------------------------------------

 mise01.jpg
オマケ写真 服コーナー

一枚くらい買いたくなっちゃう。
こういう店では、アンティークのサリー使って作った服とかも、よく売ってます。


--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。


スポンサーサイト
2012.07.02 / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


sho06.jpg 
<西ベンガル州、2011>


これはパーン屋。

「おっちゃん」カテゴリーにも当てはまりますが、「店・商売」カテゴリーにしました。


パーンというのは、インドの噛みタバコのようなもの。

この葉っぱに、向こうのボールの中に見える「スヴァーリー」という木の実とスパイスを包んで、噛み噛みします。 
 

この葉っぱ、日本では「キンマの葉」とかいうらしい。
実は「ビンロウジ」とかいうらしい。



噛み噛みを楽しんだら、カッーー、ペッ!と吐くんですが、それがドロっとしてて真っ赤。

初めて見たときにゃぁ、結核の人が血交じりのタン吐き出してんのかと思って、のけぞりました。

「危険!うつっちゃう?」と思って。

だいたい、初めて見た人はそう思うもんです。

オートリキシャ(インドの三輪タクシー)に乗ってて、ドライバーのおっさんがパーン噛みながらペーッ!とやり、うしろに座っていた私にシブキが飛んできた時には、わたし、激怒しました(笑)。

今となっては、それもなつかしー。時が癒してくれたのね・・・・・。



インドでは「タンのペーッ!」は、「鼻水のズビーッ飛ばし」と同じように普通ですから、街角いたるところの壁やコーナーが真っ赤に汚れてます。

ちょっと田舎行くと、屋内でも真っ赤に汚れまくった壁がいっぱい。
銀行の建物の隅っことか、空港の建物の端っことか。
 
インドに行くと、そこかしこに「汚らしく赤黒い汚れのある壁」を見かけると思いますが、全部吐き出されたパーンです。


ところで、「鼻水のズビーッ飛ばし」は、片手で片方の鼻の穴をふさぎ、もう片方の鼻からいきなり、ズビーっ!と鼻水と飛ばすやつです。

特にじぃさんとか、歩きながら平気でやる。
それで、うっかり手についちゃった鼻水なんかは、そこらへんの壁になする:笑。

やめてくれよ、じぃさん・・・。

こういうのは全部、庶民系インド人の話です。


パーンも庶民の格好品。

フグなんかも、田舎のめさくさ庶民な家出身なので、フグのおかぁさんあたりは、いつでも息抜きにパーンもぐもぐやってます。近寄るとパーン臭い。


sho07.jpg 
朝の市場、とれたてのパーンの葉

sho08.jpg 
みんな、息抜きのパーンを買いに。

西ベンガル州のド田舎(フグ実家)の市場にて。


--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。
2012.05.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。