国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


saka31.jpg 

この記事(クリック)で書いたように、インドの中でも、ベンガル地方では毎日のように魚を食べます。

フグのお魚食への熱い思い(笑)を見ても、ベンガル人にとって、魚は本当に重要な食材。

今日の写真は、ベンガル地方(インド、西ベンガル州)のとある田舎町のマーケットの中の、魚売りエリアの様子。

saka03.jpg 

↑ 上の写真も下の写真も、Chitol(チトール)という魚 ↓

saka24.jpg

ベンガル人、魚をよく食べるといっても、すべて淡水魚です。

海の魚は基本的に、縁遠い。
日本人の私たちが、淡水魚にかなり縁遠いのとおなじ。

日本では淡水魚というと、「マスや岩魚」などなら食べますね。

でも、それらはせせらぎというか、清く流れる水にすむ魚たち。

でも、ベンガルで食べられている魚たちは、沼というか、もっと濁ったような場所に住む魚たちです。

きよらかな清水の魚たちではない。

saka06.jpg 

↑ これは「ローフー(Rohu)」という魚。これでも小さいほう。

ローフーは鯉の仲間。一番ポピュラーな魚のひとつだそう。

私は苦手です。以前、どこか中華料理屋で食べたことがある鯉と似たような味がしましたわ。

saka16.jpg 
↑ これもローフー。

日本人のように魚をきれいにさばくということは、まずありません。三枚おろしなんて、まさか。

胴体、ぶった切です。

saka11.jpg

ベンガル人は、「海の魚は臭い。生臭くて食べられない。オゥ、Fishy ! 」と言います。

いやいや、私たち日本人にとっては、淡水魚こそが「生臭くて、泥っぽい味でやだ」です。

お互い、生臭いと思いあっているというわけ。

慣れない臭いを「くさい」と思うんでしょうねぇ。

saka05.jpg 

ローフーみたいな大きい魚だけではなく、こういった小さな魚もたくさん。

ベンガルでは、貝類やイカ、タコは食べません。 淡水にいないし。

あんなに、あんなに、あんなにおいしいブイヤベースだって「くさい。ムリ」と言われました(泣)。

ムール貝だって、激ウマなホタテだって、あんなにおいしい牡蠣だって、あーーーんなにおいしいシジミ汁だって、フグに「やだ」と言われてしまいます(大泣)。

でも、淡水にもエビはいるようで(川エビ)、エビなら食べます(上の写真の左上あたりにちょっと映ってる)。

とにもかくにも、食に関して保守的で、排他的なインド人。

食べ慣れたもの=正しい  食べ慣れないもの=野蛮
  という図式は更新不可能。


でも、フグは海の魚でも、好きなものはありますよ(貝やイカは許してもらえないけれど・・)。

フグの好きな海魚は、「サンマ、サバ、イワシ、アジ、ほっけ、鮭」です。

素人にはなかなかマネの出来ない、大人な好みでしょ?

そこはやはり、お魚食文化の素養があるからでしょうかね?(笑)。

saka10.jpg 
 ↑ この魚は、フグが「名前が思い出せない」と・・。
  

saka20.jpg 

↑ これは、「マグル(Magur)」という、ナマズっぽい魚。

日本でも「マグロ」って魚があるよ。という話をしたのは、言うまでもありません。


saka25.jpg

↑ なぜこんなビシャビチャな地面で・・・・こんな風に・・・・売るの・・・?汚そう・・・と思わずにはいられませんが、そこはガマン。

魚市場は、やっぱり、かなりくさいです:(

暑いので、魚屋の人はひたすら魚に水をかけたりしながら売ります。


ベンガルお魚マーケット、まだまだたくさん写真がありますが、ひとまずはこれにて~。

--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。
スポンサーサイト
2012.06.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。