国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


bo01.jpg


インドの庶民系の男は、なぜか友達と手をつなぎます。

庶民系の男に限ります。

それなりの経済レベルで、それなりの教育もある、いわゆる「お金持ち」な感じの階層になると、ほとんど見かけませんが、庶民系ではやたら見かける。


ホモではないんですよ。

でも、友達と手をつないで歩いてるし、しかも、ちょっと手をつなぐ程度ではなく、やたらベッタリした雰囲気で手をつないで歩いてます・・・。

暑いのに。クソ暑いのに(気温45度とか)。


それに、こういう庶民系の男の子たち、寝るときもやたらめったらくっつき合って、寝ています。

いたるところで誰かが寝ているインド、人が寝ているところも、あちらこちらで見れるんです。

特にこういう庶民系の男の子。

まず一人暮らしなんてしていないし、ものすごい人数で一部屋に住んでいたりする。
彼らは街中でもいろんなところで昼寝している。

折り重なって・・・。

ほんと、くっつき合って寝てるんですよ。一人がもう一人の背中に覆いかぶさるように、とか。

冬なんて、ひとつの毛布にくるまって、すごい親密さ(笑)。


それとか、じゃれあっているのもよく見かける。

寝そべりながら、手つないだまま、子猫みたいに(?)じゃれ合っている。
なぜ、手つないだまま・・・?


こればっかしは、「男同士で手をつないだり、じゃれあったり、添い寝することについて、どう思っているのか説明してください」とかインタビューしたことないんで(笑)、なぞなまま。

インドくされ縁が始まって10年経っても不思議な領域。

でほら、こうやってカメラ向けても、なんら臆することなく手つないだまま・・・・・。


言っておくけど、ホモじゃないんですよ?

なんというのか、未知の関係(笑)。

私は男の兄弟もいないし分からないんですが、男のみなさん、この感覚、実は少し分かったりとかします??



※右側に積んであるのは、象のフン。


--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。

スポンサーサイト
2012.06.11 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。