国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


オールドデリーは、大問屋街。
そして、おびただしい庶民がひしめき合って暮らすスーパー下町。
そしてそして、肉体労働をするおっちゃんたちの汗でむせ返る街。
ムガール帝国時代からずっと続く古い街。

明らかに人口密度をはじめとしたいろいろな密度が飽和量を超えている。

ごった返しの様子は、すごいです。

何度行っても、おもしろくておもしろくて。飽きない。
どれだけ写真を撮っても、撮り足りない気分が残る。

旅行するなら、本当に楽しい場所。

「息せき切って汗を吹き出しながら、思いっきり生きている街」という感じ。


ko50.jpg 

荷物も人も、何がなんだか。
気温が40度超してくると、もうほんとうに、なにがなんだか。

ko51.jpg 

ko44.jpg 

なにもかもが、いろいろ飽和(笑)。

ko45.jpg 

ほら、こういう昔ながらの荷台(まんなかに並んでるやつ)も、年期入ってて、なんともいえない。

ko46.jpg 

あまりに入り組んでいるので、移動手段はもっぱら、サイクルリキシャ。
(自転車タクシーのようなものです)

ko47.jpg 

大荷物運ぶ人、睨む女、携帯で話すおとこ、バイク、自転車、おっさん、にぃさんなどなど、全員集合。

ko48.jpg 

この手前にある機械みたいなやつ、停電したときに使うジェネレーター。

しょっちゅう停電するんですが、停電すると、ブルンブルンブルルン・・・・・っと、そこかしこでこれを始動させる。

ブルルルルルルルルルルルr・・・・・・と、停電中、この音がうるさい。

そして、ガソリンのにおい。

この同じにおい、今でもたまにふっとどこかで嗅ぐことがあります。

すると、私は懐かしさに襲われたりするんです。

あまりに身近だったの(笑)。あの頃がよみがえる。

ガソリンと機械油が焼けたような、あのにおいは、インドのにおいです。



※たくさんあるオールドデリーの写真、今後も随時紹介しまーすっ。

--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。
スポンサーサイト
2012.06.17 / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------


ko31.jpg 

どこもかしこもゴタゴタなのがインドですが、コルカタ(Kolkata、カルカッタ)って町のめちゃくちゃさ加減はちょっと度を超してまして・・。

人、車、動物などなどなどなどの過密度がすでに「容量オーバー1000%超」くらいの状況なのに、それに加えて、秩序のなさ(ないように見えるが実はインド文化なりの秩序があるのであるが・・)が、これまた常軌を逸している。

そのため・・・、駅からタクシーに乗り大通りに出るだけでも、一苦労しちゃう。その間にストーリーひとつ出来あがります。といっても、私はタクシーに乗っているだけなんですが。

ko32.jpg 
乗り物の向きがまちまちなうえ、人までが縫って割り込んでくる。自由すぎ。
 

ko34.jpg 
窓の外にいる人物もやたら近い。触れる近さ。触らないけど。


ko33.jpg 
秩序を乱す人がいちいち多発


ko29.jpg 
スキマを縫って、あまりにも普通に人々が通過。


ko30.jpg 
となりの車も近すぎるので、こんなものを間近で見るハメに。
飛ばすなよ、それ。近すぎて、まじここまで飛んでこれるから。


インドに住む前の旅行時代は、こんなカオスが楽しくってたまんなかったですねー。
鼻ほじられても、楽しかった。

いまとなっては、「これだから、もう!」と頭抱えたくなるだけになりましたが。
もちろん、鼻もほじられたくない。

--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。

2012.05.31 / Top↑
■■ PHOTO で India ■■-------------------------------------------------------------------

ma01.jpg 
<ラジャスターン州、2009>


インドの家々の屋上には必ず、水のタンクがあります。

一般の住居建物用は小さくて1000L、一般的なのが2000-3000Lのもの。


地域によっていろいろですが、例えばデリーの場合、私が住んでた頃は1日に1回か2回、市から水が供給されてました(1回につき20分とか30分ほどの間、水が来る)。

するとすかざずモーターのスイッチを入れて、ポンプで屋上のこのタンクに水をくみ上げる仕組み。


だから、モーターのスイッチを押す誰かが必ず家にいないといけないという状況。

水不足になると水が来なかったり、水が来ても停電でポンプが動かなかったりで、断水なんてフツーでしたねぇ、あの頃。

同じ建物の誰かの家に客が来てたりすると、水なくなっちゃったりとかも普通でした(トイレを流す人数が増えるから)。
ポンプのスイッチを押すはずの大家のサーバントが、大家が出かけたのをいいことに、スイッチ押しを早速さぼったため、水がなくなり、5日間友達の家に避難したりとかもあったな。

暑い間中(デリーだと10ヶ月間くらい)、このタンクが屋上で熱されるせいで、お湯しか出なくなるんです。なぜ、太陽の熱をもっとも吸収する黒なのか?というのが、ずっとナゾでした。今もナゾ。


この男が運んでいるのは、その水タンク。


ma02.jpg 

横を通り過ぎながら激写。

ma03.jpg 

リヤカーが傾いているのなんかも、フツー。

--------------------------------------------------------------------------------------------

※このコーナーは、当ブログの番外コーナーです。
インド時代の写真を地味に紹介していています。
当時のブログや仕事で紹介した写真もたまに出てきますが、あしからず。

2012.05.28 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。