国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

実を言うと、1月下旬に行ったタスマニアでカメラが壊れた。

それは本当に突然、ポックリ死みたいにして逝ってしまった。 なので、タスマニアの写真は途中までしか撮っていない。


メルボルンに戻り、いろいろ調べたところ案の定、修理するより買うほうがマシという予想が出た(修理というのは本当に高い。しかも今回壊れたのはレンズ系統のなんらかのメイン機能らしく、重症の様子だった)。

壊れたのはCanon Powershot G11。寿命は3年半だったけれど、かなり酷使したのでよく働いたと言えよう。

暑くて埃っぽいインドに3回(うち一回は洪水にも遭遇)、暑くて埃っぽいカンボジアに2回、フグ日本来日2回のほか、ブリスベンだのシドニーだのや、メルボルン周辺のいろいろな場所で実にヘビーユーズした。

カメラを買ったけどあまり使わない、とかいう人の10倍は使ったと思う。


しかし実は・・・・


途中から私はこのカメラを大事にしていなかった。

というのも・・・・おととしくらいにフグの実家に行くために行ったインドで、とあるきかっけから、レンズに小さなクラックが入ってしまい、それ以来、写真の真ん中あたりに必ず白いボヤけた点が出るようになってしまったから。

しかも、「インドみたいな国では、気をつけなければそういうことが起こりがちだ(そういうこと、の詳細は省く)」と知っていたから私はちゃーんと気をつけていたにもかかわらず、そのへんの危機感がイマイチな誰かさんのせいで、うっかりクラックが入ってしまった。


これを機に急に私のカメラへの愛は冷めたのであった。

しかし実際にはこのきっかけにプラスして、オーストラリアでは撮りたいと思うような場所やシーンが本当にないということが、カメラ愛が冷めた本当の原因だと思う。



インド時代、あまりにも日常がカラフルで、面白い被写体だらけで、旅行すれば驚きに満ちていたので、カメラは手放せなかった。それをブログに載っけるのも楽しかったし、仕事では雑誌の表紙にも何度か使われ、写真中心の記事の特集も何度か受け持った。

貧乏だったので、まさか一眼レフとか持っていたわけではなく、普通の小さなデジカメだったけれど、写真を撮ったり、写真をもとにして記事を書くのが楽しかった。

しかし、

そんな写真愛が過去のものとなり、カメラライフ的にも伸びたパンツのゴムのような眠いオーストラリアで、

「ま、日常のシーン撮るなら、質なんか気にしなくていいや」とカメラを適当に扱っていたのであった。

詳しく言うと、カメラをわざわざケースに入れて持ち歩いたりとかしていなかった。そのままズボっとカバンに押し込んだり、普段もそこらへんに放っぽって置いていた。


そしたらあら不思議、そういうことがカメラに伝わるのだろうか?みるみるレンズ内の、「こんな密封された場所にどこから埃が入るんだろう?」という場所に埃がたまるようになってしまい・・・

最近は、何を撮ってもイマイチ白っぽく埃っぽい写真しか撮れなくなっていた。

そしてこのたび、ついに愛が欠乏したのか、とうとうカメラは壊れてしまったのである。愛は大切じゃ。



ま、そんなこんなで、ついにカメラを買うことになった。



最近、フラットの契約更新をしたのだけど、そこに「大家は家賃を上げる権利がある」等いろいろ書かれていたので、家賃が上がる覚悟をしていたら、結局今回もあがらなかった。

(これまで一度も家賃が上がっていない。どうやら大家は私たちをそうとう気に入っていると嗅いでいる)。

それもあって、フグはちょうどオサイフのヒモ緩めたモードだったので、助かったわ。




昨今、カメラは種類がありすぎて私にはさっぱり何を買ったらいいのかわからない。

そこで、私にはプロのカメラマンの友達が日本に2人いるので、彼らに私の要望をかいつまんで説明し、何を買ったらいいか聞いた。

(それなりにいいヤツがほしい。しかし高価すぎたり、デカすぎると困る。オートフォカスが遅いのはイヤかも。液晶タッチ画面がなんたらみたいな最新機能には興味なし。あくまでも基本のカメラ性能重視、レンズがいいやつがいい、などなど)。

そしたら2人ともから、Olympusのシリーズを勧められた。彼らはそりゃプロフェッショナルなんで、仕事ではウン十万するカメラを使っているけれど、気軽に持ち歩く普段使いは今ならOlympusのPENシリーズがいいんじゃないかと。(あとは、Pentaxのなんとかというやつもいいと言っていた)。

そこで、私たちはここ1ヶ月ほど、周囲にある家電屋やTed's(豪のカメラシップ)をいろいろ見てまわり、だいたい目星をつけた。



さて、決定する段になって、「日本での値段とレビューを価格ドットコムで見よう」ということになった。

小売業&ミドルマンのぼったくり幅が常軌を逸しているオーストラリア、そして通信販売に関して超後進国なオーストラリアであるからして、日本メーカーがほぼ独断場であるカメラを買うにあたっての、この行動は当たり前だと言えよう。

そして、

私たちは、高い国際郵送料(EMS)を払ってでも、日本で買ったほうがダンゼン安いということがわかってしまい、日本で買って送ってもらうことにしたのである・・・。

それは当然予想していたけど、値段の差は予想以上だった。


これまた、さすが日本。

注文して、オーストラリアの手元に届くまで、なんと1週間ちょっと。

しかも、日本のショップが直接オーストラリアに送ってくれるわけではないから、途中で荷物の海外転送サービスの利用を挟んでいる(私がたまに使うのはバゲッジフォワードコム http://frontier-e.com/)。

この転送サービスセンターに荷物が届いたのは注文した次の日だったし、転送サービスセンターの手際のよさも日本では普通だけれど、オーストラリア感覚では「神業」と形容されるに違いないものであった。

※普段はSAL便か船便利用だけれど、今回はもうすぐ旅行を控えているので、EMSを使った。


ということで、

私たちは、日本で買ったにもかかわらず驚くべき速さで「オリンパスE-PL3( レンズ2本つき) 33100円」を手にしていた。

ちなみにこれ、一ヶ月ほど前にメルボルンの各店で見たときにはだいたい、800ドルとか900ドル超していた。レンズが1本しかついていなくても、日本のレンズ2本つきより断然高かった(一ヶ月経った今現在は、もうちょっとだけ安いかも)。



ちなみに、フグは理系のくせして、スマフォとかデジカメの機能・操作となると、第三者から「おじぃちゃん」と呼ばれるほどに弱い。

カメラが届いてちょっといじっている間にも、驚くほどデジカメについて何もわかっていないことが判明した。これまでも知ってはいたけれど、予想以上に分かっていない。うちの父親くらいわかっていない。

そのくせ、教えてあげようとすると、まったく聞かない(フグの金で買ったんだから、ちゃんと使えないとかわいそうだろう・・・という妻の思いやりもそっちのけ)。

ダウンロードしてプリントした英語の取り扱い説明書も見るけど読まない

しかし、カメラに興味がないわけではなく、むしろちゃんと使いたいらしい。

なので、今週末はどこかにピクニックにでかけ、机上ではなく、「実践を交えてデジカメについて教えこむ」予定であーる。

動物園あたりがいいかしら?ゴリラの尻の穴にフォーカスさせたりとか?


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



スポンサーサイト
2013.03.18 / Top↑
おぱようござりますです。

先日、メルボルンの気候や暖房事情に関し、怒りをブチまけまくったところ、一ヶ月前に日本から帰って以来初めて!今週末、つまり昨日&今日、素晴らしい天気れす。

メルボルン君、君は言えばわかる子なんじゃないか。先生、今日はちょっとだけ、嬉しいぞ。しかし、油断は禁物だ。引き続き、気をゆるめることがないよう。
それに君の暖房事情は最悪だ。そこは先生、妥協できない。

つーか、今、スマフォで打ってんです。スマフォで文字打つの、世界一嫌いなんです。


先々記事に書いたとおり、昨日、パソコンを修理センターに持って行ったところ、そのままお預けとなってしまいました。入院、手術ってことじゃ。

だから、パソコンが退院するまで、コメント返信など、すんませんがお待ちくださいまし。

では。
2012.09.02 / Top↑
しばらく、ブログの更新がちょっと滞り気味になる予感です。。。


というのも!!

パソコンがおかしい。
ものすごく、パソコンがおかしくなってしまった・・・。

買ったばっかりなのに!!

パソコンを買ったばかりなのは、の記事にも書いたとおり。

英語OSのウィンドウズ7です。

今回は、突然おかしくなりました。本当に突然で、その前になにかをインストールしたとか、 ウィルスがありそうなサイトを開いたとか、そういうこともないのに、ある日を境に、おかしくなったんです。

どうやら、いろいろ調べたりしたところ、ウィルスのせいではないらしい。

一応、一応、おなじ症状を経験した人がいるかも?と思い、症状を書かせてもらうと・・・。


●突然、日本語入力/変換 機能がおかしくなった。

英語入力では問題はないんだけれど、日本語入力をしようとすると、日本語を打ってからそれが表示されるまでに5秒とか10秒もかかってしまう。または、打っても待った挙句表示されなかったり。

漢字変換もしかり。異常な時間がかかるうえに、キーボード入力にまったく追いついていないし、ものすごく待ってやっと変換されるか、結局変換もされなかったり表示もされない。

その遅さは、単に遅いんじゃなくて、明らかに「異常な感じ」で遅い。

メール一通うつのに、30分とかかかってしまう。


●いろいろ調べたところ、ほぼ同じ症状の人が見つかった。

どうやら、Microsoft OfficeとIMEの不具合らしい。

英語版OSなので、IMEを使って日本語入力をしているわけだけれど、このIMEとMicrosoft Officeの何らかの不具合らしい。
他の人も、ある日突然、この問題に見舞われている。

おなじ症状のひとのサイト

http://blog.goo.ne.jp/shiisan_2007/e/055c0f59138a85dfe2225773fd54d144

http://blogs.yahoo.co.jp/kato_in_the_sky/48244511.html

なので、彼らが言うようにして、改善策を試みた。

しかし!!!

結局、治らない。


●治らない

http://blog.goo.ne.jp/shiisan_2007/e/055c0f59138a85dfe2225773fd54d144

この方とおなじ症状なので、同じようにしてやってみたが、結局治らなかった。


それで、とうとう私はmicrosoft officeを全部アンインストールまでしたみた。
でも、結局治っていない。

アンインストールされていない、隠れたMicrosoft Officeの何かがどこかに残っている?それとも、別の問題?


●そこで、とうとう困っている。じゃぁ いったい何が問題なんだろう・・・・?


●さらに困るのは、この症状に突然見舞われて以来、なぜかネットもすごく遅くなってしまったこと。

ウィルスのせいでも、スパイウェアのせいでもないとすれば(←全部チェックしてみたが、異常なしだったので、これらのせいではないと思う)、あと何が問題なの???

まだ新しいので、メモリーもたくさん残っているはずだし、いろいろなソフトをいれたりしているわけではない。3週間くらい前まではごく正常だったので、基本スペックのせいでもないと思う。

隠れた何かがCPUを大幅に使ってるとか???(よくわからん)。



・・・・・・とまぁ、こんな感じなんですが、いないよねぇ・・・・。この解決方法がわかるひと・・・。

まだたいしたデータも保存していないので、かなり治る見込みがあるなら、一度初期化してOS入れなおすのもアリかと思うけど、 それで治るかどうかわからないし、原因がわからないなら、またおなじ事が起こるかも知れないし。。。、


とにかく、このせいでブログ更新もままなりません。

いま、これらの文章打つのにも一時間以上かかってるって始末・・・。


2012.08.13 / Top↑
去年の10月に引っ越してきた今の家(2ベッドルーム)は、全面フローリング。

しかも、けっこうツヤツヤした濃い茶色のフローリング(私は薄い色のマットなフローリングが好みだけど・・・)。


だから、埃がとても目立つ。

掃除機かけてもすぐに白っぽい埃がフワフワフワフワし、光のあたり具合によっては、埃だらけ!くらいに見える。

それに比べて、以前の家は、寒いメルボルンにけっこう多いタイプの「全面カーペット敷きつめ」だったので、掃除的にはとても楽だった(狭かったし)。

だってカーペットって、毛並み?目地?に埃が紛れて同化しちゃわないですか?(笑)。「埃が同化して、だんだん厚くなってくなぁ、カーペット」みたいなことよ、実際にそんなことはないけれどっ。

特に以前の家のカーペットは、もともとけっこう汚れていたうえに、埃っぽい色(雨に汚れたラブラドール犬のような・・)だったので、余計にチリや埃が気にならなかった。埃がカーペットに埋まってくれるので、フワフワ動かないし

それに、地べたに座ることが多い日本の家の生活よりも、カーペットの清潔具合が気にならないってこともあったかもね。

だから、掃除機かなりサボってた私(オホホ~)。
ヘタすると週に一回とか・・・・(あ、言っちゃった・・)。

(だからといって、オージーみたいに土足でカーペットにあがるなんて汚いことはしてませんよっ。フグに「カーペット内では土足厳禁」を仕込むのに、けっこう苦労したなー・・・・)



でも、今度の家では、そうはいかない。

引っ越したおかげで、よいお湯事情も、よい眺めも、オープンキッチンも、広いスペースも、マイ洗濯機も手に入れたので、ぜんっぜん文句はないどころか、「あー、引っ越してよかった」って7ヶ月経った今でも毎日思う位だからいいのだけれど、

掃除機は以前より、ずいぶんかけなくてはならなくなったね(笑)。

最近は毎日とはいかないけれど、2-3日に1回はかけている。
けっこう汗をかく。



だけど今度の家はけっこう広いうえに、フローリングは埃が「目地に埋ま」らずフワフワ動くからか、汚れ具合が場所によってかなりムラがあるのだ。

ほとんど行かない場所(やや物置状態の2ndベッドルームなど)に比べて、人通りの激しい場所(といっても2人暮らしだけど)は、チリ&埃地帯となるのが圧倒的に早い。


キッチン、バスルームソファの足元、ダイニングテーブルの下がレッドゾーンだ。


バスルームにはドライヤー後の私の髪の毛がすごい。あと、スネ毛や胸毛などのフグの各種体毛。

キッチンには、たまねぎの皮とか、パンくずや小麦粉とか、豆一粒とか・・・いろいろ。

ソファの足元には、フグがクラッカーなどを食べながらこぼす食べカスがけっこう・・・・。



つまり私としては、

・レッドゾーンは毎日、もしくは汚した途端に掃除機をかけたい。
・そうすれば他のゾーンは逆に5日に一度でいいくらいのに
(え?いくらなんでもかけなすぎ?)。

と思いながら、今日まで半年、掃除機かけていたのである。

(毎日+5日に一度)÷ 2=2~3日に1回

みたいな考えで、2~3日に1回かけていたわけ:笑。


しかし、このたび 

とうとう!充電式ミニ掃除機買いました。
 
new.jpg 
20%OFFで約68ドル。

数ヶ月間ずっと頭にあったところに先日、セールの広告を発見。
さっそく、すぐそこのショッピングモールで買ってきた。

充電式というのがポイント。


というのも、なぜ「レッドゾーンは毎日、もしくは汚した途端に掃除機をかけたい」のに、そうしていなかったかというと、


フグがもともと持っていた掃除機が、

「ホース取り付けて、バラバラの2本の筒を組み立ててそれをホースにつなげて、そして本体からコンセントを伸ばしてプラグ口に差し・・・」

という手はずを踏まなければならないあの旧式のどうでもいい掃除機だったから。

 
old.jpg 
↑ 旧式のこれ。なぜか筒部分だけ、裸のアルミ製・・。もう7年使ってるらしい。


大々的に掃除する時には、まぁいいんんだけれど、こまめ使いするにはあまりに面倒。

いちいち組み立てるのがまず面倒だし、
コンセントのコードがものすごいイラつくし、
家が広いので何度もプラグの場所を変えて差しなおすのも面倒だし、
そのためにいちいちかがみ込んで、棚のウラなどにある他の電化製品のコンセントを抜くのも本当に面倒
そして、コードが何かに引っかかって・・・っていうアレもまた面倒!
コードが床の観葉植物にひっかかり、ひっくり返った観葉植物から土がこぼれていた時には・・・・(ヌガーッ!)



だから、「組み立てがいらない構造(柄がシュポっと伸縮するやつ)をしていて、コードがない充電式」という現代にふさわしい掃除機が欲しいなぁ、と思っていた。


でも、現代にふさわしい掃除機の種類で本格的なちゃんとした掃除機はさすがに気軽に買える値段はしていないので、今回は携帯サイズのささやかなミニを買ったのである。


でも、これで当面はじゅうぶんだ。
私が欲していた「充電式」の部分が叶ったもんね~。


これで、「あ、小麦粉、パフっと落としちゃった」とか、「ドライヤーの後って髪ちらばり放題!」をはじめとするレッドゾーンのこまめな掃除機がけがついに可能になる。

特に、日本からホームベーカリーを買ってきて以来、どうしてもパフっと飛ぶ小麦粉と、パンを切る時にでる思わぬ量のパンくずに、効果を発揮してくれるであろう。


レッドゾーン以外の場所は毎日のことではないので、当分は今までどおりフグの旧式掃除機でいいや、ということにした(センギョーシュフなんだし、それくらいはしなくちゃね)。


これで少しは「こまめな妻」になれるかしら~、わたし。


2012.05.24 / Top↑

先日、やっと新しいパソコンを買った。というか、買ってもらった。


ノート型PCって、酷使度にもよると思うけれど、3年目ともなるとかなりゼェゼェ言いはじめるよね。


それから1年くらいは、ゼェゼェ言わせながらも、ダマシダマシなんとか使うんだけれど、ついに耐えられなくなる。


それで、4年目に新しいのを買う。


前回も今回も、このパターンだった。私はかなりヘビーユザーだけれど、そうするとだいたいノート型PCというのは、心地よく使えるのは2年半~3年らしい。


人生これで、5台目のパソコン。


初めてパソコンを買ったのは、15年前。最初の2台はマックで、デスクトップ型だった。あの頃は、モニターも液晶で後頭部が巨大だったりして、パソコンってやたら場所とるものだったな。


次の2台はウィンドウズでノート型だった。今となってはマック時代がとても遠い。




今回はもちろんウィンドウズで、そしてTOSHIBAを買った。


こんなに安いパソコンを買ったのは、人生で初めてだ。


世の中全体、パソコンが安くなってるというのがあるね。
あとは、私はもともとグラフィックソフトを使うので、そのためにいつもPCもハイスペックなものを買っていた。


だけど、これまで使っていたグラフィックソフトをこれ以上、新しいパソコンにインストールすることもできないし、それらソフトを新たに買う金もない(ひとつ6-8万円する)。


ということで、思い切ってグラフィックソフトのことは考えないことにした。
それらソフトに用事があるときには、そのご老体に鞭打ちながら、今までの古いパソコンを使おう。ということにした。




しかし、今まででダントツ安いとはいえ、680ドル(5万7千円くらい?)。
パソコンじゃなきゃ、すごい高い値段だ。冷蔵庫だってこの値段だった。


よくも買ってくれたな、フグよ。ありがとう!



無職の妻にパソコンまで買ってあげて、夫って大変だ。


しかもその妻は買ってもらったパソコンで何するかといえば、ブログなぞ初めて夫のヒミツのコレクションを大公開していたりしているという有様(笑)。


妻はお礼とヒミツ大公開のお詫びに、お弁当に毎日タマゴ(←フグの大好物)を入れて差し上げよう。




それにしても新しいパソコンって、まぁなんと、スイスイと動くことか!
ブログを再開する気になったのは、これが大きい。


立ち上がりとシャットダウンに異常な時間がかかっていた(15分とか)これまでを思うと飛んでいきそうな楽さ。
度重なるフリーズもないし(私は、再起動に疲れた)。
度重なるナゾの「アプリケーション強制終了」もない。
押しても反応しないキーもないし。


あと、当たり前だけれど、電源プラグがこちら仕様で楽。プラグアジャスターを抜いたり差したり探したり、いちいち国によってプラグの先っちょ(もちろん電圧も)が違うのって、本当にウザい!


軽いのもよろしいね。


今までのはノート型のくせして、電源コードも合わせると4.7キロもあった。肩ちぎれるっていうか、持ち歩く気にならなかった。今度のは2.5キロ。


ああ、これ持って、
WIFIフリーなカフェなどに行っちゃいたい。今度こそ。行くぞ!




ところで、今回は、先日の日本帰国時に日本でパソコンを買う、というアイデアもあった。
私は、当然そうしましょう、と思っていた。


例えばTOSHIBAなら、日本の会社なんだから、日本が一番安いに決まってるんじゃないの?と思い込んでいた。


でも、違うらしい。
知る範囲では、パソコンに関しては違うらしい。


いろいろ調べたけれど(フグが)、同じメーカーの同じ基本スペックなら、こちらで買ったほうが安い。
今回私が買ったのと同じ基本スペックのTOSHIBAのものは、日本だと8万円くらいしていた。


その代わり、見た目とか本体の質感だとかは「こういうの日本にはないねー」ってくらい質素だけれど。
でも、パソコンの見かけがおしゃれなのって、何の意味もない。
ぜんぜん、これでオッケーです。



ただし、ちょっと困ってんだよね・・。

こちらで買ったわけだから当然OSが英語版なんだけれど、それ関係で


いろいろな表示が英語なのは、まぁいいとしよう。 それは覚悟していた。


でも、インストールしたいソフトがあって、それが日本のソフトなのだ。

それが、表示が文字化けして使いものにならない。
メニューなどの表示です。例えば、「保存」もしくは「save」とか)

使い物にならないどころか、インストーラまでが文字化けしてしまい、インストール完了まで無事にたどり着かないものもある。


そのソフをト買うときに、OSも日本語版でなければいけないのかどうかなんて気にしなかったのであるが、 今、説明書を読んでも、「OSは日本版限定」などとは
どこにも書いていない。


PCセットアップ時の、LanguageとかLocationを日本に設定すると直ると書いてある人もいたので、やってみたけれど、直らない。


困ったです

誰か、知ってるでしょうか?
私のはWindows7。


ソフトが、英語対応まったくしてないのかなぁ・・?
そんなことってイマドキあるのだろうか。



あと、キーボードのセッティングもなぜか変わらない。


日本語キーボードの配列って、ちょっと英語キーボードと違うでしょ?(顕著な例が、「@」の位置とか、カギカッコの位置)。


これはけっこう使いにくいので帰国時に、外付けの日本配列キーボードを買ってきたんだよね、家で使うとき用に。


それでコントロールパネル内にある、キーボードモードの変更をやっているんだけど、反映されない。
なぜーーーーー。なじぇなのかしりゃ。



英語版OSで大丈夫だと思ったのに、結局は日本語OS買わなきゃならんの?

「英語版OSはダメ」な兆しが感じられて、ちょっとオレ、ヘコみモード。

なら、日本でパソコン買えばよかったじゃーん・・・。じゃーん
じゃーん・・・。


でも、日本人で英語版OS使ってる人けっこういると思うんだけどなー・・・。
それに、英語OS対応していないソフトなんて、イマドキあるのだろうか?


誰か、耳よりな情報お持ちでしたら、おせーてくらさい!

2012.05.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。