国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
結局、あれからもダラダラして、昨日やっと10日以上ぶりにヨガに行き、今日も行って来た。

やっぱり行くと体がすっきりしてよろしいね~。


なんだけれど、


今日は・・・・すごい景色を見てしまった。


ヨガやりながら周りを見渡して、「さすがガイジンだよね」っていつも思う点が、みんなの出で立ちなんだけれど。

極小ミニパンツの人がすごく多い。ホットパンツとか言うんだっけ??ほとんど下着のパンツとカバー範囲が違わないくらいの、小さいパンツ。

h1.jpg 
↑ こういう、ちっさいパンツでヨガ。


ヨガってけっこう足開いたり足あげたりするのに、よく履くよねーって思う。それに、モモの付け根から思いきり足丸出しでしょ?素肌部分が多いと汗で滑って、いろいろやりにくいポーズあると思うんだけどさぁ。

でも依然として、彼女たちはホットパンツなわけ。スタイルに自信がある人だけじゃないよ。普通のブヨブヨの人とか、おばさん化が進んでる人とかも、何食わぬ顔してさらけ出してらっしゃる。

aiu.jpg 
↑ 半分以上の人は、こんな感じの出で立ち


でもね、ホットパンツと言っても、パッチパチの肌に密着する感じのものならまだいいんだけど、困るのはブカブカしたようなやつ履いてる人。

h2.jpg
↑ 
こんな感じの、ブカブカしてるのにやたら短いパンツ。こういうのは、ホットパンツと言わずにショートパンツというのか・・?


で、今日、私の斜め前方1メートルくらいのところに、ブカブカしてるくせしてやたら短いタイプのパンツはいている、ブヨブヨした人がいたの。おん歳35歳くらいでしょうかね、毛は栗色。

そしてその人が、このポーズ(下図)をやった時にですね・・・

Na.jpg 

ちょっともうやだ、見えすぎ! (私はナナメ後方にいる)。


だって、この人下着はいてないの!!
ナゼ?ナゼですか?

足にもカールしてフワフワしてるような風合いの毛がたくさん生えてる人なんだけど、その毛がそのままショートパンツの奥へ続いてて、それで足あげてる間の1分間、ガバっとしたそのショートパンツの片側から、その奥地の領土までさらっと公開。


普通はね、ブカブカしたようなやつ履いてる人だって、その下に下着のパンツ履いてるから、最後のところで、やっぱりなんとかなるの。

見えそうで見えないものなの。最後の砦んところに、下着のパンツが登場して、大奥は隠れてらっしゃるの(下着のパンツなら見せていいってわけでもないと思うとはいえ)。

私もすっかりそのつもりでいたから、油断してた。最後んところまでは見えないだろうと。

だけど・・・・テーブルの上にリンゴがありますくらいの普通さ加減で、足の毛が続く向こう側には森があります的に、そんなものが見えていて・・。

「髪の毛が栗色の人は、足の毛も栗色で、そして、かのエリアの毛もやっぱり栗色なんだね」とか、くだらんことまで思いながら、ドギマギ。

だけど当の本人、気づいていないし、それどころか超真剣なまなざしで、さらに足を上げようとがんばってる(教室の前面は壁一面鏡なので、誰かの後ろにいる場合、その人の後ろも見えるし、鏡に映った正面も見える)。


だけど、それでもまだよかった。


正真正銘の最後の砦がまだ奥に隠れているなんて、考えていなかったんだけど、この後に、ホンモノの最後の砦を大公開されて、キョーレツ。

それは、レッスンも終わりに近づいた頃にやったこのポーズ(下図)の時。

da.jpg 

その人、ブカブカ系ショートパンツのサイズが合っていないとかではないんだろうけれど、本人がブヨブヨしてるからか、なんかこう、そのショートパンツの収まりが悪いようで、

いきなりこのポーズんときに、ショートパンツのセンターラインが思い切りズレていて・・・、そのうえ、間口がガバっとしてるでしょ?


だからか、栗色の毛に包まれた具が!

がそのままに、そのままの姿で・・!私のナナメ前方1メートル目の前にあられもなく大登場!


ああ、なんという言葉を使えば、清く正しい当ブログの品が保たれるのかしら?

秘密の花園の真中に座ってるツボミ? こう言えばいいの? あ、女版の秘宝


銭湯とか行ったって、そりゃみんなすっ裸だし、あのへんの毛だって丸見えだけれど、あのエリアというのは服を全部脱いだとしても実にうまい具合に、最後の砦もしくは花園のクライマックスは見えないようになっているじゃないですか。普通。

銭湯でいきなり、アクロバット的なことしない限りは。

だから私たぶん、人様(女性)の具をこんなにまる見たの、初めてなんだと思うわけ・・・。


人体のいっちばん見えにくい部分に姿を隠してて、さらに、周囲に毛を生やすまでして身を潜めている恥ずかしがりやさんのアレを、いきなり朝から、ご開帳すんなよ!!


しかも時間にして30秒(このポーズは30秒耐える)ご開帳しっぱなし!


私、この景色がまさか、そこらへんの男に見えてやしないかと、お堅い女校長的にハラハラして、見えてそうな範囲を見渡しちゃったよ(幸いなことに、いや、男にとっては残念なことである可能性も高いのだが、とにかく男は周囲にいなかった)。

でも、その時に、私のすぐ隣にいたベトナム系の女の子にはやはり同じように見えていたらしく、思わず2人で「うわっ・・・キョーレツダヨネ・・」と顔を見合わせちゃった。

彼女と私は、「禁じられたファラオの墓を一緒に空けちゃっって、一緒に秘密知っちゃった仲間」くらいの親近感を覚え合ったわ。 なんだか例えがよく分からないけど(笑)。


実話ですから!

もうさー、もうちょっとちゃんと閉まっておいてくんないかなー、具は。

普段からして、下着のパンツが見えるのも(←これは日常)、いかがかと思うのにさー(だって、やっぱり境界線付近の毛が見えたりはするから)。

というか、ナゼ下着はかない?
普通、スースーしたりして、公開状態に気づかない??




にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



スポンサーサイト
2012.07.05 / Top↑
今年の1月から、ヨガに通い始めた。

とにかく体を動かす何かに通おうと決心。近くにはジムもあったけれど、結局ヨガにした。

通い始めた動機は、まず・・


----------------------------------------------------------

①体があまりにもつらかった・・。

わざわざ体を動かすようなことを何もせずにいると、どんどん腰が痛くなり、背骨もきしみ、便秘はひどくなり、顔はむくみ、アゴが垂れ、体全体にしまりがなくなり、足はパンパンだし、疲れやすいし、精神状態もふさぐ。

昔は、しばらく体を動かさずに暮らし、PCに貼りつきっぱなしでも、ここまでにはならなかった。やっぱりこれは年齢のせいだと思う。


②子宮のバイオロジカル・クロックがチクタクいっている。

そう、私は、生みたいのなら一刻も早く妊娠したほうがいい、といわれるお年頃。
ビザが下りたら、この大仕事について考えねばならない。

子供好きでは全然ないのだが、やはり生んでおきたい。すると、チクタクチクタク・・・最近は時計の針が聞こえるかのようだ。

まだそんな能力があるのかどうか分からないけれど、できるだけのこと(体力をつけて、体を整える)はやっておこう。それに、いざそんな能力があった場合には、出産というものをせねばならない。私の妹は去年、この「出産」で「股を破いた」(←妹本人のセリフ)。直腸付近まで裂けたそうで・・。その恐ろしい出産とやらに耐えられる用意もしておきたい。


③「何かひとつくらい、ずっと続けるものを持とう」と思ったから。


私がヨガを始めたのは2002年、12年前。

2年間くらいは適当に通っていたが、その後、もっと本格的にやりたくなり、探しに探して(その頃は今のようなヨガブームではなかった@日本)、ようやくいいスパルタなヨガ教室をみつけた。

それから2年は、1回2時間のクラスに週5日とか6日とか通うほどのヨガ三昧の日々を送った。フィットネスジムのヨガクラスでちょっと教えたりもしていた。

一番強い薬を飲まないとやってられないほどひどかった花粉症もすっかり治り、いつもお肌はピチピチで、お尻も垂れ知らず。あの頃は本当に健康丸出しの元気印な娘っ子という感じだったなぁ・・。


しかしながら、その後4間のインド時代には、ほとんどヨガをやらなかった(そもそもからして、私のインド時代とヨガななんら関係がないのであるし)。せっかく整えた体、インドでも何かしらヨガ的なものを続けたかったが、諸事情あって無理だった。ヨガのイベントのようなものなどに行ったりしていたくらいで、普段はまったくヨガと疎遠な日々を送っていた。

4年間でブクブク太り、一気にフケ込み(ストレスがすごかったし)、筋肉は全部なくなって、4年後に日本に戻ったときにはひどく緩んだ体型となり、性格までくらーくなっていた・・・(笑)。体に関して言えば、一番最初は90度しか開かなかった開脚だって、160度くらいまで開くようになっていたのに、またもや90度しか開かなくなっていた。ホウレイ線もくっきり。猫背もカムバック。

精神的なことを言えば、インドに行く前は整っていく体や体調に後押しされて、ほんとうに明るく前向きな「若者」だったのに、インドから戻った頃には、グチが多くて不感症無感動なプチウツのオバハンとなっていた。体が重くて心も重い、みたいな。体と心が一心同体であることは、私、本当に実感している。この一連の浮き沈みのおかげで。

あのままずっと続けていたらなぁ・・・としみじみ思うね~。ぷはー(ため息)。


東京に戻ってからはまた、以前のスパルタなヨガ教室に通ったが、けっこう毎日が忙しかったので週3日で通う程度だった。でも、とにかく通い、また少しづつ身も心も整いつつあった。

しかーし!2年程した頃、またもや、私の人生にヘンな風が吹きはじめ、なぜか(というか結婚したからですけれど・・。笑)メルボルンにお引越し。

それでまたもや、私のヨガ人生は中断したのである。


中断して約1年半経った頃が、ちょうど今年(2012年)の始まり頃だった。

最初に書いたとおり、腰は痛いし、背骨もきしみ、便秘はひどくなり、花粉症も再発し始め、顔はむくみ、アゴが垂れ、体全体にしまりがなくなり、足はパンパンだし、疲れやすいし、精神状態もふさいでいた。プチウツ again。現在、専業主婦でいつも家にひとり、というのもあるが、それにしても、何のやる気もおきず、何を見ても何も感じず・・。脳軟化症になってしまったのか?と思い始めたくらいだった。


そこで、体を動かす何かに通おうと決心したわけである。

何かとお手軽そうなジム(以前少しだけ通ってみた)も迷ったけれど、結局ヨガにしたのは「何かひとつくらい、ずっと続けるものを持とう」と思ったからである。これが、3つ目の動機。

極めようとか、絶対に続けるぞとか、これまではそんなこと何も考えずになんとなくやってきたヨガだった。けれど振り返ってみると、私の人生で「続けてきた」ものって、これが唯一!(なんと「継続は力なり」を無視した人生なんだろう・・・笑)。

途中、ブランクはあったものの、なんとか続けてきたヨガ。

これさえやめてしまったら、もう私の人生、ブツ切れすぎ!

そう思ったら、ようやく「ヨガくらいは、絶対やめないで続けるぞ」という気が涌いてきたのだ。

----------------------------------------------------------

1年半も中断してしまったのは、働いてもいないし、現在、フグの収入に完全に寄りかかる専業主婦なのに「ヨガ代金出して(ジムよりかなり高い)」というのが、どうしてもしにくかったというのもある。

「結婚するにあたって、私が仕事やめたのも、こっちで仕事がないのも私のせいじゃないし、私だってこのままじゃどうにかなりそう!ヨガ行かせて」と言ってみるまで1年半もかかってしまった。笑


フグはものすごく財布のヒモが硬い男だけれど、こういうことに関してはけっこうちゃんと出してくれると分かってはいた。しかし「自立せよ」と教えられ、30代半ばになるまでずっと、なんとかして自分で稼いで生きてきた日本人女にとっては、「完全専業主婦なのに習い事の金まで出させる」て、けっこうひとつのハードルみたいなもんがあったんですよねー(?)。




で、ヨガにしようと決めて、ヨガ教室探したんだけど、私が住んでいるエリアってあんまりないのね・・(汗)。
半年前まで住んでいたエリアにはけっこうありそうだったけれど~。

でも、なんとか車で15分くらいの場所に、「とりあえず行ってみるかね」と思える教室を見つけた。とりあえず、ここにしばらく通ってみようと思って、最近、せっせと通っています。

一番最初のクラスで、パツパツ短パン以外何も身に着けていない、ほぼ全裸の金髪の男の先生が登場して、ちょっとド肝を抜かれた!けれど、そんな全裸先生もなかなか気さくだし、やっぱりヨガはいいねー。



2012.05.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。